早寝早起きがダイエットに良い理由① 睡眠時間に脂肪が燃焼される

これだけを聞くと、早寝早起きをするというより、単純にいっぱい寝ればいいと思うかもしれませんが、実は睡眠の長さだけでなく、睡眠の時間帯にも脂肪燃焼の重要なカギがあります。

寝ている間は体や脳を休めているだけではなく、「成長ホルモン」が分泌されています。「寝る子は育つ」。皆さんどこかでこの文句を聞いたことがありますよね。

出典:www.huffingtonpost.com

この成長ホルモンは、子供の体の成長だけではなく、私たちの脳の疲労回復、病気への抵抗力アップ、肌や筋肉、体の組織の修復再生、そして、脂肪燃焼にも効果があるホルモンなんです!

これは、この成長ホルモンが体の組織を修復再生している時に、脂肪を燃料として分解して使用しているからです。成長期の子供には、ばくばくご飯を食べても太らない子たちがよくいますが、これは成長ホルモンの分泌が多いためなんです。

睡眠時間が短いと、しっかり睡眠を取る人に比べ、成長ホルモンによる脂肪燃焼カロリーが落ちてしまい、太りやすい体になってしまいます。平均的には7時間くらいの睡眠が良いとされています。

しっかり睡眠時間を確保することも重要ですが、寝る時間帯も大切なポイントで、22時から2時までの時間帯は「ゴールデンタイム」と呼ばれています。このゴールデンタイムに成長ホルモンがたくさん分泌されるのです。

早寝早起きをすることで、この時間にしっかり睡眠をとっていることが、睡眠時の脂肪燃焼効果を高めるのです。正しい睡眠をとると約300キロカロリーを消費できるそうで、体重50キロの人であれば、早足のウォーキング1時間以上分のカロリーになります。

早寝早起きがダイエットに良い理由② 幸せホルモンが分泌される

理由①で成長ホルモンの重要性についてお話しましたが、「幸せホルモン」と呼ばれる「セロトニン」というホルモンもダイエットに関係があります。

なぜこのホルモンが「幸せホルモン」と呼ばれているのでしょうか?それは、恋をしている時などにたくさん分泌されるからだそうです!(笑)確かに、恋をしている女性は綺麗になると言われますよね。

出典:hdwallpapersrocks.com

このセロトニンが減少すると、ストレスが増えたり、それによって食欲が増したり、どれだけ食べても満腹感が得られなかったりなど、太りやすい体質をつくってしまいます。

逆にセロトニンが増加すると、精神が安定してポジティブ感が増すことで、満足感が得られたり、必要以上に食べるたりすることを防いでくれます。さらに基礎代謝も上げてくれるんです♪

どうやってセロトニンを増やすか?モーレツな恋をしていなくたって増えます!それは、早寝早起きして朝日を浴びることです。

朝日を浴びることで、セロトニンがたくさん分泌されます。睡眠時間をしっかり確保しても、朝夜逆転の生活をしていたり、日の光を浴びる時間が少なくなったりすると、セロトニンの分泌量も減ってしまいます。

スポンサーリンク

朝起きて、まずは窓をあけて朝日を浴びましょう!気持ちもとってもさわやかになるはずです。また、朝日を浴びることは体内時計の調節にも繋がるので、夜正しい時間に眠くなって早寝早起きの助けにもなり、良いことづくしなんです♪

早寝早起きがダイエットに良い理由③ 朝習慣が痩せ体質をつくる

ダイエットのために運動を行っている方も多いと思います。実は、朝起きてすぐの運動は、他の時間帯での運動よりも代謝アップや脂肪燃焼の効果が高いことが研究によってわかっています。

朝ご飯を食べる前の体には糖質があまりないので、脂肪をエネルギーとして燃焼することで、効率的に脂肪燃焼できるのです!

出典:mamasup.me

普通は運動をすると、始めに糖質をエネルギーとして使い、次に脂肪を使うので、脂肪燃焼させるのに結構な時間をかける必要がありますが、それが朝なら他の時間帯よりも断然効率的にできるというわけです。

ウォーキングや筋トレもこの時間がかなり効果的です。運動でなくても、洗濯や掃除などの家事を早寝早起きしてやることで、カロリー燃焼の効果が期待できますね♪

また、朝の時間がない人は朝食を抜かして出かけることも多いと思いますが、朝食をしっかりとることもその日の新陳代謝アップには重要なポイントです。

朝食をとると、体温や血糖値が上がることで体が目覚め、エネルギーを消費しやすい体になります。早寝早起きを習慣にすることで、このように痩せやすい体質が作られていくのです。

早寝早起きがダイエットに良い理由④ 夜の間食防止になる

ダイエットをしている人なら、夜の間食がダイエットの大敵なのはご存知のはずです。でも遅くまでテレビを見たり、パソコンや携帯をしていたりすると、お腹が空いてきてしまうんですよね、、、。

出典:www.today.com

しかし!お腹が空く前に体が眠くなってしまえば、間食をしたり、または我慢をしてストレスを溜めたりすることもないのです。朝早く起きることで夜は自然と眠くなり、そういった魔の時間を減らすことができます。

社会人だと飲み会や付き合いもあり、なかなか難しいこともありますが、早寝早起きを「習慣」にすることで、夜の間食の機会を減らすことが大切です♪

早寝早起きのダイエット効果をおわかりいただけたでしょうか?早寝早起きを実践して、質の良い睡眠を意識することで1日の消費カロリーは変わってきます。それを1カ月、1年意識して続けるのと、今まで通りの不健康な睡眠を続けるのでは、、、おわかりですね?♪

是非、1週間からでも良いのではじめてみてくださいね。きっと体の調子も良くなる実感があるので、習慣になるはずですよ!

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!