体幹トレーニングのダイエット効果① 姿勢が良くなりスリムになる

体幹とは「カラダの軸・バランス力」のことです。体幹トレーニングは「インナーマッスル」を発達させることが特徴です。

いわゆる「筋トレ」が、見た目ですぐに分かる筋肉(アウターマッスル)を鍛えるのに対して、「体幹トレーニング」は、外見では分からない骨に近い奥側の筋肉(インナーマッスル)を鍛えます。

出典:chuplus.jp

背筋や骨盤回りを支える筋肉が中心のインナーマッスルは、スリムアップ効果がはっきりと目立って現れます。インナーマッスルが鍛えられると姿勢が良くなって、ポッコリお腹が引き上げられ、背筋が伸びて猫背が治り、ヒップアップされます。

その結果、体重が変わっていなくても、ボディラインが格段にスリムアップします♪

体幹トレーニングのダイエット効果② バランス力がアップする

体幹は「カラダの軸」ですから、運動能力すべての基礎力となります。つまり、「体幹力が上がる」ということは、「姿勢」、「カラダのバネ力・回転力」、「下半身と上半身の連動性」など、カラダの潜在的な運動能力が上がるということです。

出典:monclerindre.com

それによって、カラダのバランス力は飛躍的に上がります。例えば、片足バランスの持続時間が伸びたり、電車の中で吊革を持っていなくてもカラダが安定していたり、コケそうになった時に足がサッと前に出てくるようになったりなどといった形で、バランス力の違いが表れます。

そのような効果は比較的短期間(1ヶ月程度)の内に実感できます。さらに続けると、ランニングした時にカラダがポンポン弾むように走れるようになります♪

体幹トレーニングのダイエット効果③ 二重の効果で基礎代謝量が上がる

カラダの筋肉量が増えると基礎代謝量が上がります。したがって、体幹トレーニングでインナーマッスルが発達すると、さらに筋力が増して基礎代謝が上がります。

体幹トレーニングではその上、「凝り固まった筋肉がほぐされ、それによってカラダの血流が良くなる」効果があるため、基礎代謝がさらに良くなります。

スポンサーリンク

体幹トレーニングのダイエット効果④ ケガをしにくいカラダになる

体幹トレーニングでバランス力が良くなれば、ケガをしにくいカラダができあがります。ダイエットは継続して運動を続けることが大切ですから、ケガ予防につながる体幹のバランス力は重要なポイントです。

体幹トレーニングを経験すると、他の人の体幹レベルが分かるようになります。テレビを見ているだけで、「この選手は体幹力が弱いな」というようなことが分かるようになります。

出典:sportiva.shueisha.co.jp

それだけに、体幹力の強い選手がどれだけケガをしにくいバランス力や安定力を持っているかが良く分かります。体幹トレーニングで抜群のバランス力を発揮しているアスリートとして、サッカーの長友佑都選手、プロゴルファーの石川遼選手などが有名です。

今や「体幹トレーニング」はスポーツ科学の世界では常識分野です。体幹トレーニングにはダンベルのような運動器具は全く必要ありません。

まずは、「ドローイン」という呼吸法から始まり、ストレッチに進み、自重を使った筋力運動といった順序でトレーニングを進めます。

重要なポイントは「正しい姿勢を維持すること」と「使う筋肉を意識すること」ですから、関節などへの無理な負荷がかからず、安全に続けられる方法になっています。

体幹トレーニングのダイエット効果⑤ プラス思考になれる

体幹トレーニングで姿勢が良くなると、今まで下向きになりがちだった視線が上がり、より前向きになります。背筋が伸びることで、自然と大きな声が出やすくなります。視線が上がり、大きい声が出ると、自然とメンタル面にプラスに働きます。

中学生や高校生が部活動をしていて、きつい時こそ声を出し合ってがんばっている様子はよく見かけます。この働きを自己の中で高める効果が体幹トレーニングにはあります。

いかがでしょうか? 一見、良いこと尽くしで信じられないような話ですが、体幹トレーニングはその効果が積み上げられています。特に「KOBA式トレーニング」はその先進であり、実績があるトレーニング法として多くのアスリートが利用しています。

入門者向けのテキストだけで始められますから、まずは気軽にトライしてみませんか?

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!