Medium b778327730e0682a

今すぐ痩せたい方必見!おすすめの短期集中ダイエット法5選

ダイエットはコツコツ続けて効果がでるもの・・・しかし! 超短期間でも集中して行えば効果が期待できるダイエット法もあるんです♪ ここでは、数週間で効果を出したいという人向けの短期集中ダイエット法を5つ厳選して紹介します。

カテゴリー:短期集中ダイエット  作成者:Aliy  投稿日:2016/08/01

短期集中ダイエット法① おにぎりダイエット

00baf508777e0140

出典:matome.naver.jp

このおにぎりダイエットは、つんく♂が、2週間で−4kgに成功した短期集中ダイエット方法です。野菜のおかずと一緒に、1日・白米2合分のおにぎりを3〜4回に分けて食べるもの。

おにぎりの具は梅や昆布など低カロリーなものを使用すること、肉や魚、糖質が多い果物やアルコール、お菓子などは食べないことというルールに沿って1〜2週間続けます。

ポイントは冷えたご飯を食べるということ。冷えご飯は「レジスタントスターチ」と呼ばれる消化されにくいでんぷんに変化します。このでんぷんは食物繊維と同じ働きをして、便通を良くしたり、腸内細菌に良い影響を与えて腸を整えたりする効果が期待できます。

さらに食後の血糖値上昇の抑制、満腹感の向上などの効果があることが研究されており、食事改善+レジスタントスターチの効果で短期集中で効果が出せるという人が多いのだと考えられます。

短期集中ダイエット法② 体幹トレーニング

短期間、しかも毎日短時間のトレーニングで効果が期待できると話題の短期集中ダイエット方法です。“水着を着る予定が!でも時間がな〜い”なんて人におススメ。ウエストが引き締まるだけで見違えるようにカッコよく見えますよね♪

2ヶ月半続けてるプランクの効果はウエストがマイナス5cm、体重はマイナス2キロ。ジーパンは2号サイズダウン。トレッキングパンツはワンサイズダウン。買い替えないと。ダイエットはお金がかかるわ〜。

出典:twitter.com

体幹トレーニングでは「プランク」という腕立て伏せの状態から、肩の下に肘をつけて、頭・背中・おしりが一直線になるようにして空中で体のバランスをとった状態をキープさせるというメニューを行います。

激しいエクササイズというよりは不安定な姿勢でバランスを取ることで体の中心部の筋肉を鍛えます。特に、このプランクではウエストを引き締めるのに重要な、お腹を囲むようについている腹斜筋、腹横筋に効果が期待できるのです。

プランクをはじめとした体幹トレーニングは体の体幹部分を支える筋肉を鍛えるのに効果的。体重の減少というよりは、筋肉をつけて、姿勢を改善するという体の引き締めを実現してくれるトレーニングだと言えます。

短期集中ダイエット法③ 脂肪燃焼スープダイエット

18aa07683b751227

出典:mery.jp

7日間、スケジュールに従ってスープを食べ続ける短期集中ダイエット。ただし、お酒や炭酸飲料、揚げ物などはご法度です。

もともとこのスープダイエットは病院で取り入れられていた食事療法で、心臓外科手術の前に安全に、かつ急速に減量をするために用いられている方法です。

このスープがダイエットに効く理由はまず、お腹一杯食べても摂取カロリーが低いことが1つ。そのカロリーは80〜90kcalと言われています。お腹いっぱいになるために2〜3杯近く食べても160〜270kcal。確かに摂取カロリーを抑えることができますよね。

またスープに入っている野菜の豊富な食物繊維もダイエットに効果的。食物繊維によって腸内環境を改善できれば便秘の改善につながります。

しかしこのスープのみでダイエットをおこなうのは危険。手術前の患者さんが「確実に」体重を落とすように作られたメニューだけあって、確かにやせることはできるでしょう。しかし、やせた後に元の食生活に戻したらあっという間にリバウンドすることが予想できてしまいます。

また、このスープではタンパク質の量が圧倒的に不足しています。タンパク質が不足すると筋肉量が減る恐れがあり、体重が減ってもぶよぶよの体になってしまう可能性が。燃焼スープでダイエットしたい!という方は、極端な置き換えは控える・運動の併用などが必要です。

短期集中ダイエット法④ プチ断食ダイエット

断食と言えば一切物を口にしないということですが、この“プチ”断食は週に2日のみ、1日の摂取カロリーを4分の1に抑える短期集中ダイエット。女性なら500キロカロリー、男性なら600キロカロリーが目安です。

毎日の食事制限ではないので、ストレスや手間が他のダイエットに比べて少なくなりそうです。例えば休みの日2日間だけ半日何も食べずに過ごす方法や、2日間は朝昼晩ヨーグルトと豆乳だけにするといった方法があります。

このダイエットのポイントは胃や腸を休ませ、内臓の疲れを解消し、本来の消化吸収能力を取り戻すことにあります。良好な腸の状態で排泄力や代謝を高めることによって脂肪の燃焼効果を高める狙いがあり、ダイエットへの効果が期待できます。

これはあくまでも2日間、カロリーを抑えることで可能なダイエット法です。もし一切固形物を食べない完璧な断食を長期間続けると、ダイエットどころか健康に被害が出てしまうので絶対にやめましょう!「食べないダイエット」はNGです。

短期集中ダイエット法⑤ オーバーナイトダイエット

396131a1f1dfe78a

出典:jp.pinterest.com

こちらは眠っている間にスリムになれてしまうという短期集中ダイエット方法。アメリカのトップクラスの病院で栄養や体重管理のマネージャーを務める医師が考案した減量法です。

1週間の1日目の食事を高タンパクのスムージーにして、後の6日間は高タンパク食を心掛け、あとはたっぷり8時間寝ること。

普通の食事を減らすダイエットの場合、筋肉の力が減り、脂肪燃焼効果が落ちてしまいがちですが、高タンパクの食事によって筋肉量を落とすことなく、寝ている間にカロリーを消費する効果が期待できると言われています。

とは言え、一切運動をしないといくらタンパク質を摂っても筋肉が増えることはありません。もともと筋肉量が少ない人は運動も併用することをおススメします。

短期集中ダイエットの注意点とは?

今回ご紹介したダイエット法は短期集中向けと言われています。しかし、短期間で体重が急激に減ってしまうとリバウンドを起こす可能性があるので注意が必要。

特に、ファスティングや極度の食事制限はリバウンドの可能性が高いです。これまでいつも通りに食べていた食事がピタッと止んでしまったら、体がそれを危機と感じてしまうのは当然ですよね。結果、今まで以上にエネルギーを蓄えやすい体質になってしまうのです。

リバウンドを防ぐためには短期集中のダイエットで極端になりすぎないこと。そして運動をすることが大切です。ご紹介したダイエット法で、ついつい「1週間で結果を出したい!」などと無理しすぎないようにしましょう。

短期集中!と聞くと、とにかくハードに短期間がんばるというイメージがあるかもしれません。確かにダイエットは長期的におこなうほうが健康的。しっかりとその効果について検証した上でおこなってください。

人気記事