ダイエット中に甘いものを選ぶコツ

ダイエットに甘いものがよくないといわれているのは、糖分、そして脂質が多いからです。糖分が多いと血糖値が急激に上昇してしまい、太りやすくなります。

甘いものはほとんどが糖分を含んでいます。ですが、同じ甘いものでもGI値というものがあり、GI値が低いものは血糖値の上昇が緩やかです。ダイエット中に甘いものを選ぶときは、カロリーだけでなくGI値の低いものを選びましょう。

また、ダイエット中は栄養素も偏りがちなので、間食でも栄養素も摂れるものがおすすめです。とくに、食物繊維が含まれているものは血糖値が上がりにくいです。

ダイエット中におすすめの甘いもの① 果物

出典:www.hypehair.com

果物にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なのでダイエットにおすすめです。とくに、果物は朝食べるとよいと昔から言われています。

果物も種類によっては糖質が多いので、選び方には注意をしましょう。甘みのある果物は糖質が多いです。酸味のある柑橘系などは糖質が少なめです。柑橘系はGI値も低いです。

おすすめはグレープフルーツ、オレンジ、みかん、梨、りんご、ぶどうなどです。生の果物は意外とGI値が低いのでおすすめです。ドライフルーツやジュースなどの加工食品になると、GI値が上がってしまうこともあるので気を付けましょう。

ダイエット中におすすめの甘いもの② 焼き芋

出典:iemo.jp

ダイエットによくないというイメージもあるかもしれませんが、焼き芋もおすすめです。ただし、焼き芋のカロリーは決して低くはないので、食べすぎには注意しましょう。1本だいたい300gで500kcal近いので、食べるときは1/3か1/2ほどに抑えましょう。

焼き芋には食物繊維やカリウム、ビタミン群なども含まれているので、ダイエットにおすすめの食品です。また、満腹感が得られるので腹持ちもよいですよ。

現在は「安納芋」や「紅はるか」などねっとり系の焼き芋も多く、スイーツのような甘みがあるのできっと満足できると思います。スーパーなどで手軽に手に入るのもうれしいですね。

ダイエット中におすすめの甘いもの③ ヨーグルト

出典:www.eatbydate.com

ヨーグルトには腸内環境を整えてくれる働きがあるので、ダイエットの強い味方です。ダイエット中に不足しがちなたんぱく質も補給できます。脂肪分を控えたいときは、「無脂肪」もしくは「低脂肪」のものを選びましょう。

スポンサーリンク

はじめから甘みのついたものではなく、無糖タイプのものに少量のハチミツやジャムなどを加えましょう。きな粉を加えると甘味が少量で抑えられますよ。

ダイエット中におすすめの甘いもの④ ブラックチョコレート

出典:blogs.ocweekly.com

チョコレートはダイエットの大敵、と思われがちですが、甘みの少ないブラックチョコレートはカカオが多く、糖質が少ないのでおすすめです。

チョコレートを食べる時は、少量をゆっくり食べるのがよいでしょう。食欲を抑えて満腹感を得る効果もありますので、少量でも満足できますよ。

また、チョコレートには抗酸化物質が含まれています。これはエクササイズの効果を促進する働きがあります。エクササイズ中のエネルギー上昇を助けてくれたり、筋肉痛の緩和にも役立ちます。ダイエットで運動をしている人はとくにチョコレートがおすすめですね。

ダイエット中におすすめの甘いもの⑤ ダイエットクッキーやシリアルバー

出典:dd7.jp

クッキーやビスケット系のダイエット食品というのは、コンビニでも簡単に手に入りますよね。こちらは一般的なお菓子に比べてカロリーが極端に低いというわけではないですが、栄養価が高いのでおすすめです。

とくに、シリアルタイプやおから、こんにゃくなどが入っているものは、食物繊維が豊富なので腹持ちもよく、便秘解消にも役立ってくれます。「ダイエット用」として販売されているものでなくても、「ブラン」を使っているものなどは食物繊維が多いので、ダイエット中でもおすすめです。

また、シリアルバーは、シリアルと少量の小麦粉と砂糖で作ることもできますので、料理が好きな人は手作りしてみるのもいいかもしれませんね。

ダイエット中におすすめの甘いもの⑥ 合成甘味料を使ったお菓子

出典:www.tarami.co.jp

コンビニやスーパーに行くと、合成甘味料を使用した低カロリーのお菓子が手に入ります。たとえば、低カロリーのアイスやカロリーゼロのゼリーなどがあります。

こちらはほかの栄養素はあまり含まれていませんが、手っ取り早く甘いものを食べたいときにはおすすめです。とくに、ゼリーはボリュームもあるので満足できます。

いかがでしたか?ダイエット中に食べられる甘いものも意外と多いことがわかりましたね。

甘いものを食べるときにはポイントがあり、午後15時までに食べるようにするのがおすすめです。適度に甘いものを摂ってストレスなくダイエットを続けてください。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!