Medium c84702b32536acf7

必見!毒出しスープダイエットで失敗しないための注意点3つ

毒素を排出し、脂肪を燃焼させるスープを飲むことで痩せる。そんな成功者の多い毒出しスープダイエットですが、リバウンドをしてしまう人も多いのも事実!そこで、毒出しスープダイエットで、失敗しないための3つの注意点を紹介したいと思います。

カテゴリー:食べ物脂肪燃焼スープ  作成者:hana  投稿日:2015/10/17

毒出しスープダイエットとは?

毒出しスープダイエットは、いつでも手に入る6種類の野菜を中心に、脂肪を燃やす効果がある生姜をプラスしてスープを飲むダイエット方法。体の毒素を排出し、代謝をアップさせる効果があり、痩せやすい体にすることができると言われています。

29331fc0e309214b
毒出しスープの作り方
①玉ねぎ(大3個)、セロリ(1本)、キャベツ(1/2個)、トマト(大3個)、にんじん(1本)、ピーマン(1個)を好きな大きさに切り、鍋に入れる。
②野菜を入れた鍋に、2リットルの水と鰹節10g、鶏ガラスープの素小さじ1、昆布5gを入れ、中火で20分煮る。
③野菜が柔らかくなったら、天然塩で軽く味付けをする。
④すりおろした生姜を1片入れて完成。

食用油や砂糖を使わなければ、この基本のスープをアレンジするのは自由!しかも1皿約86kcal♪お腹いっぱい食べてもOKという嬉しいダイエット方法です。

毒出しスープダイエットの注意点① 痩せるためにはたんぱく質を摂ろう!

野菜たっぷりの毒出しスープ。食べ方に気をつけないと逆に太りやすくなってしまうことを知っていましたか?原因は「たんぱく質不足による代謝の低下」です。

  • 毒出しスープのみを食べる
  • 毒出しスープと果物だけ食べる
  • 毒出しスープを毎日食べて、たまに肉や魚を食べる

何杯飲んでも良いというルールから満腹感もあるので、ダイエット中はこのような食生活をしがちな人がいます。

確かにこの食べ方をすれば、カロリーが極端に少ないですから、はじめのうちはガクッと体重が落ちるかもしれません。ですが、この食べ方だとたんぱく質不足に陥り、その後は様々な体に不調が出てしまうこともあるのです。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 集中力の減退
  • 疲れやすい
  • 貧血
  • 過食

このような症状が出始めると、ダイエットをする気力が落ちる、筋肉が落ちて代謝が下がる、食欲を抑えられなくなるなど、リバウンドを起こす結果に・・・。リバウンドどころかダイエット前の体重より増えてしまうこともあり得ます。極端な制限は絶対にやめましょう。

つまり、毒出しスープの他に、たんぱく質や他の栄養も「適度」に摂らないと、代謝などさまざまな体の機能に悪い影響を与え、ダイエットどころの話ではなくなってしまう可能性もあり得るのです。

毒出しスープダイエットにおすすめのたんぱく質食材とは?

たんぱく質を多く含む食材には脂質も多く、カロリーも高めといった欠点があります。ダイエットをする上で脂質を摂り過ぎると良くありませんよね。そこで、紹介したいのが「高たんぱく・低カロリー」な食材です。

86b7db85faaabf27
食材(100g)カロリー:たんぱく質:脂質量
鶏むね肉(皮なし) 108kcal 22.3g 1.5g
鶏ささみ肉 105kcal 23.0g 0.8g
かつお 114kcal 25.8g 0.5g
たこ 76kcal 16.4g 0.7g
木綿豆腐 72kcal 6.6g 4.2g

成人女性の1日のたんぱく質摂取量の目標は55gです。毒出しスープの他に、「高たんぱく・低カロリー」な食材をしっかり摂り入れて代謝を上げ、毒出しスープダイエットを成功させましょう!

スポンサーリンク

毒出しスープダイエットの注意点② 毒出しスープの塩分に注意!

本などで紹介されている毒出しスープは、とっても薄味・・・。そのため、毒出しスープダイエットに失敗した人の大半は、まずいと感じてダイエットを継続することができなかったようです。

また、逆にコンソメなどの調味料をプラスして美味しくスープを飲み、ダイエットを継続させることはできたものの、結局失敗してしまった人もいます。それはなぜなのでしょうか?

私たちは普段から塩分の多い食事をすることが多く、味が濃くないと美味しいと感じられなくなっています。そのため、調味料を多めに使用してしまい、結果スープの塩分が高めになってしまいます。

塩分を過剰に摂取するとむくみを引き起こし、代謝が悪くなる・・・つまり、美味しく食べようと使ってしまった調味料により、多くなった塩分がダイエットの効果を邪魔してしまうわけです。

かといって、美味しく感じられないスープを飲んでもストレスになりますし、ダイエットを継続するのは難しいものです。

厚生労働省が定めている、成人女性1日あたり食塩摂取量の目標値は7g。この塩分量までならダイエットの邪魔にはなりません。

そこで、他の料理を食べることも想定し、スープの塩分量は1〜2gにして味付けをしてみてはいかがでしょうか?

塩分控えめのコンソメや鶏ガラなどを利用したり、ローズマリーやタイム、フェンネルなどダイエット効果のあるハーブやスパイスを使い、味に深みを出したりても良いですね!

また、たんぱく質を摂ることも大事だとお話しましたが、スープの中に魚介類などの「高たんぱく・低カロリー」食材を入れ、旨味をプラスしてみても良いかもしれません。

ストレスを感じることなく、美味しく続けることがダイエットを成功させる秘訣です。

毒出しスープダイエットの注意点③ リバウンドをしないために自分ルールを適用!

毒出しスープダイエットには、「スープだけを1週間食べる」「1週間の食べ方のプログラムがある」など様々な方法があり、またスープのレシピもたくさんあります。どれも成功者が多い反面、リバウンドをする人も多くいます。

4fe5ef90ba49c674

せっかく痩せたのにリバウンドしてしまっては意味がありません。そこで、リバウンドせずに成功した人たちの体験談を調べてみると・・・

  • たまに甘い物も食べた
  • 食事の前にスープを飲み、後は普通に食事をした
  • 決められた食材の他の物も入れて食感などを変えてみた
  • 肉なども取り入れた
  • 1週間だけでなく、味を少し濃くして毎日飲むようにした

このように自分なりのルールを取り入れている人が多いようです。

つまり、毒出しスープダイエットで野菜不足を補い、デトックスを促す。そして、自分流にアレンジすることでストレスをなくし、ダイエットを継続させ、緩やかでも効果を出していく・・・。

これが、リバウンドを回避し、本当の意味でもダイエットを成功させるコツのようです。

成功者の多い毒出しスープダイエット。野菜不足も解消し、空腹のストレスもなく、自分なりに工夫をしやすい点でもやってみる価値のあるダイエット方法だと思います。自分に合ったレシピや方法で体から毒素を排出し、ダイエットしてみてはいかがでしょうか?

人気記事