痩せやすい体づくりの習慣① 姿勢を良くする

出典:blog.tuckclinic.com

まず、筋肉は体で一番エネルギーを消費してくれる部分であり、筋肉量を保つことが基礎代謝を上げ、痩せやすい体づくりに大切だと言われています。ですが、辛い筋トレなどをしなくても、日常生活の中で姿勢に気をつけるだけでも効果があるんです!

特に普段楽な姿勢をとりがちな人は、筋肉量が落ちてしまっています。座るときに足を閉じることや、背筋を伸ばすことに気をつけるだけで、インナーマッスル(骨格、関節、内臓を正しい場所に保ってくれる筋肉)が鍛えられ、代謝が上がります。

また、姿勢が悪いと内臓が圧迫されたり、血流が悪くなったりするせいで代謝が落ちてしまいます。正しい姿勢をすることで内臓が正しい位置に保たれ、圧迫から解放されることでも代謝が良くなります。

このように、姿勢を良くするメリットはかなりあります!姿勢のいい人で太っている人、あまり見たことないですよね?今から是非!気をつけてみてください♪

痩せやすい体づくりの習慣② ストレッチをする

出典:www.sheknows.com

ストレッチで固まった筋肉をほぐすことによって血行が良くなるというのは、多くの方が既に聞いたことがあると思います。血流を良くすることと、基礎代謝を上げて痩せやすい体づくりをすることには、実は密接な関係があるんです。

私たちの血は、体中の細胞が元気に働くための栄養分や酸素を運んだり、細胞から排出される老廃物を回収したりする役目をしています。この血の循環が滞ることで、老廃物が溜まって代謝が落ちる。細胞が元気に活動せず代謝が落ちる。という悪循環を生んでしまいます。

逆に血行が良くなると細胞が活性化し、老廃物も排出されることで代謝が良くなるということです!

ストレッチを行うときは、反動をつけず、深く呼吸をしながらゆっくりとしましょう。体がリラックスし、血流がじっくりと全身に行き渡ります。

ストレッチはどこでも簡単にできます。入浴後や仕事の気分転換、ちょっとしたスキマ時間など、日常生活に取り入れて代謝をアップさせましょう。

痩せやすい体づくりの習慣③ 白湯を飲む

出典:www.mow-shop.com

白湯は、沸騰させたお湯を40〜50度に冷まして飲むものです。体を胃を中心とした内臓から温めてくれます。そうすることで内臓から血液の循環から促進され、体温を上げてくれる効果があります。

女性は冷え症に悩む人も多いですが、体を温かく保つことは代謝を上げ、痩せやすい体づくりをするのに大切です。基礎体温が1度上がると、基礎代謝の消費カロリーが10〜15%も上がると言われています。

スポンサーリンク

さらに、注目したいのが「デトックス効果」。体に老廃物がたまった状態だと、基礎代謝が低下してしまいます。白湯は内臓を温めることで内臓機能を活発にし、血の循環が内側から良くなることで老廃物の排出パワーがアップします。

白湯には基礎代謝を上げるために必要な「体温上昇・血流促進・デトックス」の効果がそろっています。朝起きぬけにマグカップ一杯飲んで、朝から体を温めるようにしてみましょう。

痩せやすい体づくりの習慣④ タンパク質を意識した食事

ダイエットをしていると、食事少なくしたり、カロリーの低いものばかり食べたりする方もいると思います。しかし、カロリーを抑えることに集中して食事を取らなかったり、偏ったバランスの食事をしたりすると筋肉量が落ちてしまい、結果基礎代謝を下げる原因となります。

第①章でも触れましたが、筋肉を適度につけることは基礎代謝アップにつながり、痩せやすい体づくりに貢献します。

ボディービルダーやアスリートの方は、タンパク質を効率よく摂取できるプロテインを飲んで筋肉量アップをしています。タンパク質は血や肉になる栄養素で、筋肉を作るには欠かせないものなのです。

出典:coppins-butchers.com

ダイエット中におススメのタンパク質を豊富に含む食材は、大豆やナッツの豆類、鶏肉(特にささみはヘルシーで高タンパク!)、魚介類、卵、牛乳や乳製品などです。

ヘルシーな食事の中にもこういった食材を意識して取り入れ、筋肉量を保つことが基礎代謝を上げるポイントとなります。

痩せやすい体づくりの習慣⑤ 質の良い睡眠

良質な睡眠は基礎代謝をアップさせるので、痩せやすい体づくりの習慣として重要です。

理由の一つは筋肉です。睡眠と筋肉、一見関係なさそうな感じがしますが、私たちの体、つまり筋肉などは、寝ている間に分泌される成長ホルモンや合成されるタンパク質によって作られています。

何度も登場していますが、「筋肉量アップが基礎代謝を高めるカギ」です。睡眠時間が不足したり、睡眠の質が低下したりすることで、成長ホルモンの分泌にも影響を及ぼしてしまいます。また、良質な睡眠がとれない日が続くと自律神経が乱れ、それも代謝の低下を招くことになってしまいます。

出典:hippocontact.com

現代人ならよくやってしまう寝る前のテレビやパソコン、スマホなどは良質な睡眠を妨げます。お風呂にゆっくりつかったり、スマホをやめて読書をしたり、部屋を適度に暗くして就寝前にリラックスすることで睡眠の質を上げることができますので、簡単なことからトライして、ぐっすり寝られるよう意識してみましょう。

いかがでしたか?どれも簡単に今日から始められる習慣ばかりだと思います。痩せやすい体づくりをして効率よく痩せられるよう、今日から意識してみてくださいね♪

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!