8時間ダイエットとは?

8時間ダイエットは「あること」を守るだけで効果的にダイエットができると注目されています。

8時間ダイエットとは、「The 8-Hour Diet」の著者であるDavid Zinczenko氏とPeter Moore氏によって提唱されているダイエット法で、午前9時から午後5時までの8時間、もしくは午前11時から午後7時までの8時間以内であれば、好きなように食事をしてもよいとされています。

時間が定められていると何だか取り組みづらい印象を受けがちですが、ご心配なく!16時間何も口にしない時間を作ることが重要なので、「8時間」の開始・終了時間はご自身のライフスタイルに合わせても構いません。ただ、寝る前の食事は太るもとになりますので、寝る4時間前には食事を終えるようにしましょう。

また、8時間ダイエットの効果を高めるために、次の2つを行うことが推奨されています。

① 「スーパーフード」を1日2種類食べる

出典:conobie.jp

「スーパーフード」とは栄養価が高い食物のことを指します。8時間以内の食事では栄養が不足しがちになるため、下記のスーパーフードを1日2種類とることがすすめられています。

  • 卵、脂分の少ない鶏ささみなどの肉類
  • ヨーグルトなどの乳製品
  • アーモンドなどのナッツ類
  • 大豆などの豆類
  • いちごなどのベリー系の果物
  • オレンジなどの明るい色の果物
  • 玄米などの穀物
  • 緑色の葉物野菜

②1日8分間の有酸素運動

出典:www.worldhealth.net

8時間ダイエットでは軽い有酸素運動をすることで、ダイエット効果をさらに高めることができると言われています。おすすめは朝食前か午前中に8分間のみ!通勤通学の際に歩くだけでも効果的です。

このように8時間ダイエットとは、8時間の間好きに食べてもOK!というダイエット法ですが、どのような効果が得られるのでしょうか?次の章からは8時間ダイエットの効果について詳しくご紹介します。

8時間ダイエットの効果① 短期間で結果を出しやすい!

8時間ダイエットの効果がどれほどなのかを調べますと、1週間で3キロ、2ヶ月好きなものを好きなだけ食べたのに5キロの減量に成功したという嬉しい声を目にします。「The 8-Hour Diet」の著者によると、6週間で10キロの減量も夢ではないとのことです。

出典:www.prevention.com

8時間ダイエットは食事を8時間に限定することで、いくら好きなものを食べていたとしても、1日の摂取カロリーをダイエット以前より減らすことができます。また、食事をしない16時間の間に脂肪がどんどん燃焼されるため、特別な運動や食事内容の制限をせずに体重を落とすことが可能なのです。

スポンサーリンク

もちろん体重の減り方には個人差がありますが、食事の時間を8時間以内に収めるだけでこれだけ効果的に痩せられるのは嬉しい限りですね。

8時間ダイエットの効果② 便秘を解消できる!

8時間ダイエットには体重を落とすだけでなく、便秘を解消させる効果もあるんです!

食べ物を消化する際には胃で約3時間、腸で約15時間と長い時間がかかります。例えば夜7時に食べた食事が消化し終わるのは翌日の午後1時ですが、その間に朝食、昼食を食べていたとしたら胃腸は休む間がありません。

8時間ダイエットでは、残りの16時間何も食べないことで、胃腸の消化・排泄機能を休ませてあげることができます。このため、胃腸の機能を正常化し、便秘や胃腸のトラブルを改善することが可能なのです。

8時間ダイエットの効果③ 朝の目覚めがすっきり!日中のだるさも解消できる!

8時間ダイエットには朝の目覚めを良くし、日中の活動を快適にする効果があります。

出典:www.thebusinesswomanmedia.com

私たちの体は胃腸含め、多くの臓器を働かせることで食べ物の消化吸収を行っています。この時、あまり知られていませんが、肝臓も重要な働きをしているのです。

肝臓は、胃腸で吸収した栄養分を体内で使いやすい形に変える「代謝」と、アンモニアなどなどの有害物質を処理する「解毒」を行う器官です。肝臓に負担をかけ続けてしまうとこれらの働きが低下し、エネルギー不足で体がだるく感じたり、有害物質が体内に残ることで疲れが抜けにくく感じたりします。

8時間ダイエットでは食事をしないことで肝臓も休ませてあげることができ、肝臓機能を整えることができます。肝臓をゆったり休ませることで疲れを解消し、朝の目覚めや日中の眠気、だるさを解消することができるのです。

8時間ダイエットの効果④ 自然と朝型の生活にシフトしてダイエット効果もUP!

8時間ダイエットの4つ目の効果として、自然と規則正しい生活を送れるようになる点が挙げられます。

8時間ダイエットでは、食事できる8時間より後の時間は早めに寝てしまう方が空腹感を感じずに過ごせるため、早寝の習慣を実践しやすいです。翌朝は前述したように疲労感もなくすっきり起きられますので、自然と朝型の健康的な生活にシフトしやすくなります。

朝型の生活は交感神経が優位になり、代謝アップにも効果的であると言われています。代謝が上がることでエネルギー消費が増加するので、よりダイエット効果を実感することができるでしょう。

いかがでしたでしょうか?8時間ダイエットは体重を減少させるだけでなく、内臓を休ませることで健康的な体を手に入れることができる、とても効果的な方法です。好きなものを食べながら健康になれるなんて嬉しい限りですね。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!