冷やご飯ダイエットのメリット① たくさん食べられる

冷やご飯ダイエットは、ダイエットでありながら十分な食事をとることができます。温かいご飯を冷ますと、「レジスタントスターチ」という消化吸収しにくい難消化性でんぷんに変化するためです。

出典:www.shiawase-supli.com

普通のでんぷんは1g当たり4kcalと言われていますが、レジスタントスターチは1g当たり2kcal。そのため、冷やご飯は温かいご飯よりも吸収されるカロリーが少ないので、冷やご飯なら普段と同じだけ食べても摂取カロリーを減らすことができるんです!

温かいご飯を冷やご飯に置き換えるだけでダイエットすることが可能で、普段と同じように食事することができます。ストレスなく続けることができるのがうれしいポイントですね。

冷やご飯ダイエットのメリット② 便秘解消効果がある

冷やご飯ダイエットは便秘解消の効果があるとされています。

出典:www.huffingtonpost.co.uk

冷やご飯に含まれるレジスタントスターチは食物繊維に似た働きがあり、消化吸収されず大腸までたどりつくことができます。そのため、温かいご飯は通常小腸で吸収されますが、冷やご飯は小腸で吸収されずに大腸まで届くことができるのです。

レジスタントスターチは、腸まで到達すると腸内細菌に対して良い影響を与える効果があります。善玉菌の働きを助けることで腸内環境の改善に役立ち、ダイエットの天敵である便秘を解消する効果が期待できるだけでなく、腸癌や大腸炎の予防にもつながると言われています。

腸内を元気にすることで、アンチエイジング効果やアレルギー改善効果も期待されています。

冷やご飯ダイエットのメリット③ 体質改善を期待できる

冷やご飯ダイエットを続けることで、体質改善ができると言われています。冷やご飯に含まれるレジスタントスターチは代謝を上げる効果があるので、太りにくい体質にしてくれます。

スポンサーリンク

また、レジスタントスターチはでんぷんでありながら、エネルギーになりにくいという性質や、血中コレステロール値を下げる働きもあるので、肥満の解消や生活習慣病の予防効果も期待されています。

冷やご飯ダイエットのメリット④ 満腹感が得られやすい

出典:hibi-memo.com

冷やご飯ダイエットは満腹感を得やすいことも魅力の一つです。冷やご飯は温かいご飯に比べて硬いので、噛む回数が増えます。咀嚼をしっかりすると、中枢神経が刺激されて十分な満腹感を得ることができます。

そもそも冷やご飯は消化されにくいため、体内に吸収されるまでに長く時間がかかります。そのため腹持ちが良く、朝食に食べると昼食、昼食に食べると夕食といったように、空腹感や食欲を抑えるセカンドミール効果があります。

各食事量を抑えることができ、間食の心配が少ないのも魅力の一つです。またそれだけでなく、しっかり噛む動作をすることでさらなるカロリー消費を促進したり、フェイスラインのシェイプアップや虫歯予防にも効果があると言われています。

冷やご飯ダイエットのメリット⑤ 血糖値が上がりにくい

冷やご飯は温かいご飯に比べて、食べた時に血糖値が上がりにくいと言われています。温かいご飯に含まれるでんぷんを摂取すると、消化された後に血液へ取り込まれるため、血糖値が上昇します。

しかし、冷やご飯に含まれるでんぷんは、腸からの糖質や脂肪の吸収を抑える働きがあるので、血糖値の上昇は少なくなります。そして、血液中の糖分が体脂肪に変化することを抑え、血液をサラサラにし、コレステロールや脂肪の排出を助けてくれます。

ちなみに糖質や脂肪の吸収は妨げますが、ミネラルの吸収は邪魔しないので、ダイエット中に陥りがちなイライラや貧血などの症状を予防しながらダイエットを続けることができます。

いかがでしたか?冷やご飯はダイエット効果だけでなく、腸内環境の改善や、生活習慣病の予防などメリットも多いようでした。便秘解消や代謝アップなど、体質を改善しながらのダイエットを目指したい方におすすめです。

何よりも、新しく道具を準備する必要がなく、普段の食事を温かいご飯から冷やご飯に置き換えるだけで、簡単に挑戦できるところが魅力的ですね。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!