Medium e1bcf609c429505e

基本はこれ!規則正しい食生活がダイエットにつながる理由4つ

ダイエット中の食生活というと、何かを制限したり、食べる量を減らしたり、というのを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、一番おすすめなのは規則正しい食生活を送ることです。今回は、規則正しい食生活がダイエットにつながる理由をまとめてみました。

カテゴリー:生活習慣食生活  作成者:サイコ  投稿日:2017/03/24

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

ダイエットによい規則正しい食生活とは?

まず、ダイエットによい規則正しい食生活というのはどういうものなのでしょうか。

ダイエットによい食生活
間食をしない
1日3食しっかり食べる
栄養バランスを考える
一汁三菜を心がける

以上です。なぜこれらがダイエットによいのか1つ1つ見ていきたいと思います。

規則正しい食生活がダイエットによい理由① 「3食しっかり」で間食防止

928933527c9720d9

まずは「1日3食」しっかり食べることについてです。2食にしたほうが摂取カロリーが少なくて済みそうですが、なぜ3食のほうがよいのでしょうか。

まず第一に1日2食ですと食事と食事の間に時間が空きます。そこでお腹が空いてしまい、間食に手が伸びてしまいます。健康的な間食ならばいいですが、食事代わりにお菓子などを食べてしまうのは絶対にNGです。

では、間食をしなければいいのかというとそうでもないのです。1日2食という人は朝を抜く場合が多いと思います。朝抜くとお腹が空いて昼食、夕食の量が増えてしまいます。

日中は動いてカロリーを消費するので、昼食の量は多くなっても影響が少ないのですが、問題は夕食です。夕食後はどうしてもその後動くことが少なくなってしまうので、取りすぎたカロリーが消費できず、蓄積されやすいんです。仕事の関係で夕食が21時以降になってしまう、という人はとくに要注意ですよ。

おすすめのバランスは朝食、昼食、夕食の量の割合が3:4:3となること。ただし、朝はどうしてもたくさん食べられないという人もいますので、その場合はヨーグルトや果物だけでも構いません。少しでも口にするようにしましょう。

規則正しい食生活がダイエットによい理由② 食間を空けすぎず、脂肪をため込まない!

食事と食事の間の時間を空けすぎない、というのにはもう1つ理由があります。それは時間が空きすぎると体は飢餓を感じ、脂肪をため込もうとしてしまうからです。

せっかく空腹を我慢していても逆効果になってしまうのは悲しいですよね。また、急激に食べると血糖値も上昇して太りやすくなってしまいます。

とはいえ、間隔が短すぎるのもNGです。食べたものを消化、吸収するのには時間がかかります。しっかり時間を空けておかないと消化吸収の妨げとなってしまうのです。そういう意味でも間食はNGなんですね。

食事と食事の間は6時間空けるのがベストといわれています。朝食が6時なら昼食は12時、夕食が6時というのがベストです。なかなか難しい場合もあると思いますが、朝食と昼食、昼食と夕食の間が均等になるように心がけてみてください。

スポンサーリンク

規則正しい食生活がダイエットによい理由③ バランスのよい食事で消費カロリーアップ

ダイエットをするには、バランスよく栄養を摂ることが大切です。炭水化物抜きダイエットがはやっていますが、極端に糖質を抜くのはあまりよくないともいわれています。糖質を抜きすぎると、体が飢餓状態を感じるので、脂肪をため込みやすくなってしまうこともあります。

A4fd3fbb23b445eb

もちろん食べすぎは禁物ですが、糖質も摂取するようにしてください。ちなみに、白米でなく玄米や雑穀米がダイエットにはおすすめです。

おかずを考えるときは、次の栄養素をバランスよく入れましょう。

  • たんぱく質(肉、魚、豆、豆腐、卵など)
  • 食物繊維(野菜、きのこ、海藻など)
  • 脂質(オリーブオイル、ゴマ油など不飽和脂肪酸を積極的に)

肉抜きダイエットや油抜きダイエットなどを行っている人もいますが、肉や油も体を作る大切な栄養素です。何かが足りないとどこかにガタがきて、ダイエットがうまくいかない原因にもなります。栄養素はまんべんなく摂るようにしてください。

また、同じ食材ばかりでなく色々な食材を食べるようにしましょう。

規則正しい食生活がダイエットによい理由④ 一汁三菜で代謝アップ

B30f2b1bdf80b30f

日本では昔から汁物1品とおかず3品の献立が理想とされてきました。これはダイエットの面から考えてもいいんです。

ダイエットには食べる順番も大切です。食物繊維、たんぱく質、糖質の順番に食べたいので、どんぶりものや麺類など、混ざっているものは向いていません。メインが1品、副菜が2品と3種類のおかずがあれば、野菜から食べることができますね。自然とバランスのよい献立にもなるでしょう。

また、汁物は体を温めて代謝をアップしてくれるので、夏でも取り入れたいメニューです。とくにおすすめなのは味噌汁です。発酵食品には脂肪を減らす効果があるといわれています。具だくさんの味噌汁を作れば、野菜もいっぱい食べることができますよ。

毎食一汁三菜は難しくとも、できるだけ心がけるようにしてみてください。

いかがだったでしょうか。規則正しくバランスのよい食生活って難しい、と思われたかもしれませんが、何かを我慢するよりもずっと簡単ですし、続けやすいです。何かを我慢するのはだんだん続かなくなってきますが、規則正しい食生活はだんだん慣れて楽になってくると思いますよ。

ダイエットだけでなく健康のためにも、規則正しくバランスのよい食生活を目指してみてください。

人気記事