基礎体温を上げる方法① 冷たい食べ物・飲み物はNG!体を温めるものを摂取

基礎体温を上げるために、まず実践したいのが冷たい食べ物・飲み物を避けることです。冷たいものを口にすると体を中から冷やしてしまい、内臓機能の低下や消化不良を招くからです。

内臓機能の低下も、基礎代謝を下げる要因のひとつ。つまり、冷たいものを口にすることはダイエットにとても悪いことなのです。

出典:mery.jp

基礎体温を上げるためには、体を温める食べ物・飲み物を積極的に摂りましょう!大根やにんじん、ごぼうなどの根菜類には体を温める作用があるのでおすすめ。根菜類のなかでも、特にしょうがは体を温める効果がバツグンです。

食べ方も工夫し、生で食べるのではなく熱を加えて温かい状態のものを食べるといいでしょう。飲み物も氷入りの冷たいものは避け、常温か温かいものを飲むようにしましょう。

また、レトルト食品や食品添加物の多い食べ物を避けることも大切。これらの食べ物は血液循環を悪くし、低体温の原因になります。日々の食事を見直し、体を冷やさない食生活を心がけましょう!

基礎体温を上げる方法② 湯船にしっかりとつかる

シャワーで済ますのが習慣になっている…なんて人は、なかなか基礎体温を上げることはできません。シャワーでは体の表面しか温まらないからです。

出典:feminspire.com

体を芯から温めるために、しっかりと湯船につかりましょう。そうすれば全身の血行が良くなり、基礎体温を上げることができます。

入浴が習慣化すれば一日の疲れがとれやすくなり、気分もリフレッシュできるはず。好きな香りの入浴剤を入れるなどひと工夫すれば、毎日のバスタイムがもっと楽しくなりますよ♪

基礎体温を上げる方法③ ストレッチやマッサージで血液・リンパの流れを良好に

体がかたくなると血液の流れが悪くなり、基礎体温を上げるうえでの妨げになります。

かたくなってしまった体をやわらかくするためには、ストレッチが効果的。凝りかたまりやすい肩や腰、むくみやすい足の筋肉を気持ちよく伸ばし、血液の流れを良好にしましょう。

また、リンパの流れが悪いこともダイエットによくありません。体に老廃物や毒素がたまりやすくなり、代謝がおちて体温の低下につながってしまうからです。

出典:topicks.jp

ストレッチとともに、リンパの流れを促進するマッサージを行っていきましょう。反射区と呼ばれる、体の機能と連動する足の裏を押したり、リンパの通り道であるふくらはぎや太もも、股関節を優しく刺激すると、リンパの流れが改善されます。

スポンサーリンク

ストレッチとマッサージは、お風呂あがりなどの体が温まっているときに行うと、更に効果が高まります。日々の習慣にしていくといいですね♪

基礎体温を上げる方法④ 良質な睡眠をしっかりとる

体を温めるものを口にし、お風呂にしっかりとつかり、ストレッチとマッサージをする…基礎体温を上げるためにその次にすべきことは、質の良い睡眠をしっかりととることです!

良質な睡眠は交感神経と副交感神経の切り替えをスムーズにし、血行を良好にして基礎体温を上げる効果が期待できるからです。

また、睡眠が少ないと自律神経を乱し、血管を圧迫して体を冷やすことにつながるので、睡眠時間はしっかりと確保しましょう。1日7〜8時間の睡眠が望ましいとされています。

基礎体温を上げる方法⑤ 薄着を避け、靴下を効果的に活用

おしゃれな服を着るためには薄着もやせ我慢…なんて女性も多いかと思いますが、基礎体温を上げるためには、おしゃれより体を冷やさないことを優先させましょう。

薄着をして外気にさらされる部分が多くなると、体温の低下につながってしまいます。たとえ暑い夏でも、室内ではエアコンが効き過ぎて寒いところもあるので、注意が必要です。

出典:www.kk-mikasa.co.jp

また、体温を左右する重要な箇所・足首は、特に冷やさないように注意が必要です。そのためには、靴下が必須アイテム。家やオフィスのなかでも、なるべく靴下を履くように心がけましょう。

ただ気をつけたいのが、夜寝るとき。足を冷やすのが嫌だからと靴下を履いて寝ると、かえって体温を奪われてしまうのです!

足の裏は汗をかくことで体から熱を放出し、体全体の体温調節をしているため、それを妨げる靴下は履かない方がいいのです。靴下を脱いで寝て、それが良質な睡眠につながれば、一石二鳥ですね♪

基礎体温を上げる方法⑥ 下半身の筋肉を鍛える

基礎体温を上げる方法、最後は下半身の筋肉を鍛え、筋力をアップさせることです。

体のなかで、熱を最も多くつくりだしている筋肉。そして私たちの体は下半身に70%の筋肉があり、特に大きな筋肉が集まっているとされています。つまり、下半身を鍛える運動をすることで、効率良く体の筋力を向上させることができ、基礎体温を上げることにつながるのです。

そこでおすすめなのが、スクワット。目安として30秒かけて腰をおろし、30秒かけて元に戻るイメージで行いましょう。

最初は1日数回でも、慣れてきたら徐々に回数を増やしていくといいですね。でも、筋力をアップさせるためには続けることが大切ですので、無理のない範囲で毎日行っていきましょう。

いかがでしたでしょうか?基礎体温を上げるのを難しいことのように感じていた人も、日々のちょっとした工夫でできることがわかっていただけたのではないでしょうか。いずれも体の健康にとっていいことばかりなので、ぜひ試してみてくださいね☆

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!