グルテンフリーダイエットって何?

出典:weekly.ahram.org.eg

グルテンフリーダイエットとは、グルテンを食べないようにすることで、減量を狙うダイエットのことです。グルテンとは、小麦や大麦、ライ麦などの穀物に含まれるタンパク質の一種で、パンやビールなどから摂取されるため、無意識にうちに食べてしまっていることが多いようです。

グルテンは摂取すると、血糖を上げる原因になります。そのグルテンを取らないようにすることで、血糖値が上がることを防ぎ、体を太りにくく痩せやすい体に変えてくれるのです。

グルテンフリーダイエットは、日本ではあまり馴染みはありませんが、欧米ではメジャーな健康法とされています。

グルテンフリーダイエットがおすすめの理由① 食事制限をしなくてよい

グルテンフリーダイエットはグルテンが含まれる食べ物を食べなければ、基本的にいつも通りの食事をとることができます。

出典:matome.naver.jp

グルテンを含む食材は、パンやビールが有名ですが、パスタやうどん、ラーメン、餃子の皮や洋菓子、市販のカレールーなどにも含まれるので、それらは食べないようにしましょう。食事を準備する際、原材料表示(小麦・ライ麦・大麦)をチェックすれば良いので、面倒なカロリー計算の必要がないのは嬉しいですよね。

ちなみに、どうしてもパンや麺類が食べたくなってしまったら、米粉を使ったパンを食べたり、フォーを使って調理をしたりするなど、原材料を他の食材に置き換えれば食べることができます。ひたすら我慢を続けるのは大変なので、食べたいものは工夫をしてなるべく食べるようにしましょう。

グルテンフリーダイエットがおすすめの理由② 食欲がわかなくなる

グルテンフリーダイエットを続けると食欲がわきにくくなると言われています。

グルテンに含まれている「グリアジン」という成分は、摂取すると脳内で麻薬のような働きをして食欲を増進させてしまいます。しかし、グルテンの摂取を控えることで、食欲を抑えることができるのです。

スポンサーリンク

また、グルテンと同じく小麦に含まれる物質の中には、インスリンを増加させて、太りやすくさせたり、肌の老化を進めたりするものもあるので、小麦を抜いた食事をすることで、老化や吹き出物から肌を守ることができます。

グルテンフリーダイエットがおすすめの理由③ 集中力がアップする

出典:esute-erabi.jp

グルテンフリーダイエットは集中力や体力のアップが期待されています。グルテンを含む食材は、食べるとその後急激に血糖値を上げる作用があり、しばらくすると上がった血糖値は急激に下がってしまいます。つまり、食後はすぐにエネルギーが湧きますが、すぐに疲れやすく感じてしまうのです。

グルテンを控えることで、血糖値の変動を抑えることができ、集中力や体力を維持できることが期待されているため、グルテンフリーダイエットを取り入れているアスリートも多いそうです。

グルテンフリーダイエットがおすすめの理由④ お腹の調子を整えることができる

グルテンフリーダイエットはもともと、セリアック病や腸の疾患を予防・改善するために考えられた食事療法だと言われています。

あまり知られていませんが、人によってはグルテンを食べるとアレルギーを引き起こす場合があり、グルテンアレルギーになると、消化不良を起こしたり、さらに悪化するとセリアック病という病気にかかったりします。

それらの患者が実践していた食事療法でしたが、グルテンアレルギーでない方が、グルテンフリーの食事法を実践してみたところ、体の調子が良くなったという口コミが広まり、注目されるようになりました。お腹の調子が慢性的にすぐれないという方は、もしかしたらグルテンフリーで改善されるかもしれません。

グルテンフリーダイエットのまとめはいかがでしたか?食材にさえ気を付ければ3食しっかり食べられるのは魅力的ですよね。

グルテンフリーダイエットは、グルテンを抜くことで太りにくい体質に変化させることが目的なので、朝食も抜いたりせずに3食とることがポイントです。その際、血糖値の上昇を抑えるタンパク質を取るようにすると、なお良いでしょう。

また、専門家によっては「グルテンフリーダイエットは栄養不足に陥る恐れがあるのでは?」といった意見もあります。ダイエット中は、食事のバランスも考えて栄養が偏らない工夫をしましょう。和食にはグルテンを含まない料理が多く、バランス良く栄養を摂ることができるのでおすすめです。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!