ファイブファクターダイエットって何?

出典:blog.foodnetwork.com

ファイブファクターダイエットとは数字の「5」をキーワードとして実践するダイエット法です。以下のようなルールが設けられています。

ファイブファクターダイエットのルール
1日5食に分けて食べる
週5日運動をする
5週間続ける
食事内容に以下の5つのルールを取り入れる
①摂取する栄養の半分を炭水化物にする
②脂質を少なくし、良質なたんぱく質を摂取する
③1食で5〜10gの食物繊維を摂取する
④良質な油で脂質を摂取する
⑤水分を多めに摂取する

また、ダイエットによるストレスを防ぐために、ダイエットから開放される日を1日作ることができるという特徴もあります。

ファイブファクターダイエットが選ばれる理由① 食べすぎを防いでくれる

ファイブファクターダイエットは、食事を5回に分けることで、空腹になることを防ぐ効果があります。食事を5回とるといっても、普段通りの食事を5回とるわけではなく、いつもよりもやや分量を減らした朝・昼・夜の3回の食事に、果物や野菜などを中心として軽食を2回とります。

通常1日3回の食事では、食事と食事の間隔が6時間程度あるため、空腹感を感じてしまいますが、ファイブファクターダイエットは食事の間隔が3時間程度と短くなるため、空腹を感じにくくなります。そのため、食べ過ぎてしまうことを防ぐことができるのです。

ここで注意したいのが、食事をとるタイミングです。5回の食事はなるべく等間隔にとるようにしましょう。食事と食事の間を3時間程度あけることが理想的です。また、5回目の食事は遅くなりすぎないように注意しましょう。

ファイブファクターダイエットが選ばれる理由② 血糖値の上昇を抑制してくれる

ファイブファクターダイエットは、血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。血糖値が急激に上昇すると、体が脂肪を蓄えやすくなってしまいますが、血糖値の上昇を緩やかにすることで、脂肪の蓄積を防ぐことができるのです。

こちらはファイブファクターダイエットの食事内容の5つのルールが関係しています。上記でご紹介した食事内容を実践すると血糖値の急激な上昇を防いでくれるのです!

出典:matome.naver.jp

スポンサーリンク

食材を選ぶ時には、そばやヨーグルト、トマト、きゅうり、大豆など、特に血糖値を上昇させにくい食材とされている低GI食品を取り入れるとさらに効果的です。

ファイブファクターダイエットが選ばれる理由③ 無理なく実践できる

ファイブファクターダイエットはルールを守っていれば、無理なくカロリーダウンができるとされています。

栄養バランスがとれた食事をとるので、食事制限をした時に陥りがちな栄養不足や、代謝の低下を防ぐことができます。また、3時間おきに食事をとることができるので、空腹によるストレスがないのも魅力的ですよね。

出典:woman.thenest.com

ダイエット中に取り入れる運動は、ウォーキングやストレッチなど軽めの運動でも、週5日実践することで効果を高めることができるので、運動が苦手な方や、時間の確保が難しい方でも続けることができそうですよね。

どうしてもウォーキング等の運動ができない場合は、階段を使うようにしたりするなどして、普段よりも体を動かす工夫をするようにしましょう。

ファイブファクターダイエットが選ばれる理由④ 週に1日休んで良い

ファイブファクターダイエットは週に1日お休みの日があります。この日は、食事制限も運動もする必要がなく、好きなものを食べ、好きなように過ごすことができます。

1週間に1日のペースで、ダイエットを全くしなくて良い日があれば、その日を目標に続けることができますよね。

ファイブファクターダイエットのまとめはいかがでしたか?「ファイブファクター」はあまり聞きなれない言葉ですが、栄養バランスの良い食事をとり、適度な運動をする、かつストレスをためないように実践するといった、ダイエット法としては基本的なもののようです。

リバウンドを防ぐためにも、太りにくい体質に改善しながら健康的にダイエットを始めたい方におすすめの方法ですね!

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!