Medium 4aae7ccde2f9b4e3

塩抜きダイエットでむくみを撃退!方法と塩抜きレシピまとめ

上半身はスリムなのに下半身にたっぷり脂肪がついている、夕方になると足が象のようにパンパンになる…。このような症状で悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。今回は、むくみに効果的な「塩抜きダイエット」の方法をご紹介します!

カテゴリー:食事制限  作成者:デブ卒公式  投稿日:2015/11/16

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

なぜ塩抜きダイエットで痩せるのか?

日本人は塩分を摂りすぎている

日本人の平均塩分摂取量は、約11g。この数値、国が定めた目標塩分摂取量と比べるととっても多いです。

日本では主食が白米ですから、白米に合うお漬物や、味噌汁、味付けの濃いおかずなど、ついつい塩分を多くとってしまいがちです。それに加え、手軽なジャンクフードが広く定着してきているのも理由のひとつ。

しかし、塩分を摂りすぎると、高血圧や糖尿病、心不全や腎不全、脳梗塞などの病気になる危険性が高まってしまうことが指摘されています。

それを受け、日本の厚生労働省では、2015年春から1日の目標塩分摂取量を、成人男性の場合9.0gから8.0gに、成人女性の場合7.5gから7.0gに引き下げました。とはいえ、アメリカでは目標塩分摂取量は3.6〜6.0gですから、引き下げた後の数値でもまだまだ高すぎるといえるかもしれません。

塩分を摂りすぎた時に体内で起こっていることとは?

塩分を摂りすぎると、体内の血液の中の塩分濃度が濃くなります。すると、体は濃くなってしまった塩分濃度を薄めるために、体内に水分をどんどん溜め込んでいきます。そして、どんどん水分を溜め込んでしまうと、細胞と細胞の間にも、余分な水分が留まることに…。

余分な水分が細胞と細胞の間に留まってしまうことの何がいけないのかと言うと、それこそが「むくみ」の原因だからです。

セルライトの原因はむくみだった!

8cbe87bce30156ed

出典:momoka01.com

けれども、もっと怖いのはむくみを放置しておくこと。むくみを放置しておくと、余分な水分のせいで、血液やリンパの流れがうまくいかなくなります。血液やリンパの流れがうまくいかないと、その場所にセルライトができやすくなります。

一度できてしまったセルライトは、なかなか落とせません。だからこそ、セルライトにつながるむくみを作らないことが、ダイエット成功の秘訣なのです。

塩抜きダイエットを週末2日間行うだけで、体の中の余分な水分が排出されるので、見た目もスッキリ、体も軽くなりますよ!

週末だけ塩抜きダイエットをやってみよう!

塩分の取りすぎがむくみを引き起こし、セルライトの原因となってしまうことをお分かりいただけたところで、早速週末2日間の塩抜きダイエットにトライしていきましょう!

週末だけ塩抜きダイエットには、4つのルールがあります。

①塩抜きは週末2日のみ

塩分が極端に不足してしまうと、体に力が入らなくなったり、めまいやふらつきが起こったりすることがあります。そのため、塩抜きダイエットは週末の2日間だけ行うというルールを守りましょう。

週末2日間は、3食と間食すべてを塩分なしで過ごします。注意してほしいのは、調味料に含まれている塩分。醤油や味噌などには、たっぷり塩分が含まれているので使いません。

②水分と野菜を意識的に摂る

スポンサーリンク

03f5c9dce5743f96

出典:mery.jp

塩分摂取を控えると、体内の塩分濃度を薄める必要がなくなるので、あまりのどが渇かなくなってしまいます。けれども、体内の代謝をUPさせるためにも、1日1.5〜2.0ℓの水分を摂るように心掛けましょう。

野菜には、塩分を体の外に出すカリウムが含まれているものが多いので、意識して摂るようにすると塩抜きダイエットの効果が高まります。

③お酒は飲んでもOK

塩抜きダイエット中もお酒はOKです。ただし、お酒に合うおつまみは、生ハムやチーズ、スナック菓子など塩分の高いものばかりなので、注意して下さい。おつまみは、野菜スティックなどがオススメ。

④体に異常を感じたら中止!

ふらつきや、立ちくらみを感じたら、塩抜きダイエットを中止しましょう。とりあえずは、味噌汁や、梅干しなどを食べるとそれらの症状が緩和されます。

塩抜きダイエットのレシピ

塩分なしでも美味しくするポイントは、普段のメニューと同じものでも、香味野菜をたっぷり使ったり、ダシをきかせたりすること。塩抜きでも美味しいレシピを2つご紹介します。

①きゅうりの酢の物

Fe15eaa89bb7d58d

出典:cookpad.com

多めに作っておけば、冷蔵庫で3〜4日日持ちするので便利です。甘酢とコーンの旨味で、塩なしでも美味しくいただけます。元のレシピでは塩もみしていますが、今回は省きます。味が足りなければ、顆粒だしや米酢を効かせましょう。

材料
きゅうり 3〜4本
コーン 好きなだけ
★米酢 小さじ2
★砂糖 小さじ2
★顆粒だし(塩分無添加) 小さじ1
★すりごま 好きなだけ

きゅうりはスライサーで薄くしておき、キッチンペーパーの上で水分を軽く吸い取っておく。★の材料を合わせて、きゅうりをコーンと混ぜ合わせれば完成。

②焼おにぎり茶漬け

3857ecfa09378bd4

出典:cookpad.com

元のレシピでは冷凍焼きおにぎりを使用していますが、塩分量が多いので、手作りおにぎりがオススメ。玄米や雑穀米だと風味があるので、塩なしでも美味しいです。しらすは、湯通ししてから使いましょう。塩分量の多いしば漬けは使いません。

材料
おにぎり 1個
しらす ひとつかみ
大葉 1枚
白胡麻 好きなだけ
顆粒だし(塩分無添加) 少々
100ml

電子レンジで温めたおにぎりを器に入れて、しらす、大葉、白胡麻をトッピング。顆粒だしと水を鍋でひと煮立ちさせたら、器に注いで完成です。

いかがでしたでしょうか。意識しないとついつい摂りすぎてしまう塩分。塩分によるむくみがなくなると、体重の変化がなくても体はすっきりして見えます。むくみ解消のためにも、週末だけ塩抜きダイエットを取り入れてみて下さいね。

人気記事