痩せる脳をつくるコツ① リズム運動を行う

痩せる脳で活発に分泌される、セロトニン。ダイエット成功の鍵をにぎるその物質は、日々の生活のなかで増やすことができます。その第一の方法は、リズム運動を行うことです。

リズム運動とは、筋肉を一定のリズムで緊張させ緩めていくことを繰り返す運動。有酸素運動であるジョギングやウォーキングが、その代表として挙げられます。リズムを意識してテンポ良く走ったり歩いたりすることで、セロトニンの分泌を促すことができるのです!

出典:matome.naver.jp

室内で行えるリズム運動としては、踏み台昇降がおすすめです。雨の日や寒い日など外に出るのが億劫な時には、気軽にできる踏み台昇降を行いましょう。

セロトニンを出すポイントは、息が上がるような運動ではなく、あくまで一定のリズムを保ちながら続けられる運動であること。またセロトニンが分泌されるのには時間がかかるので、最低20〜30分は続けて運動してくださいね♪

痩せる脳をつくるコツ② 「トリプトファン」を摂取する

痩せる脳は、食生活からも実現できます。セロトニンの分泌を増やす、ダイエッターに嬉しい食べ物があるからです!

出典:www.reflect-ist.org

セロトニンの分泌を増加させる食べ物とは、トリプトファンという成分が多く含まれている食べ物です。トリプトファンはたんぱく質に含まれる物質で、具体的には牛乳・チーズといった乳製品や納豆などの豆類、赤身の魚、肉類などに多く含まれています。

食品100gあたりのトリプトファン含有量
牛乳42mg
ヨーグルト47mg
プロセスチーズ291mg
豆乳53mg
糸引納豆242mg
赤身魚200〜250mg
肉類150〜250mg

いずれも手軽に料理で使える、身近な食材ばかりですね♪

ちなみに、成人女性は体重1kgあたり2mg程度のトリプトファンが、1日摂取量の目安とされています。つまり、体重60kgの場合は1日約120mg。トリプトファンが含まれる食材を意識して1日3食をバランス良く食べれば、十分に補える量だといえます。

痩せる脳をつくるコツ③ 首のストレッチをする

痩せる脳を実現させる方法③は、首をストレッチすることです。

首をストレッチして血流を良くすることで悩が刺激され、その結果セロトニンの分泌が促されます。頭を支える首はツボが集中している箇所でもあり、ストレッチの効果が得やすいのです。

それでは、効果的な首のストレッチのやり方を見ていきましょう!

出典:allabout.co.jp

首のストレッチの方法
①片方の手の平を頭の上に乗せ、斜め下にゆっくりと頭を押さえ傾けていく。首が気持ちよくのびていることを意識する。
②反対側も同様に行う。

このストレッチなら、家でもオフィスでもいすに座りながら簡単にできますね!パソコンの作業などで長時間同じ姿勢でいると、どうしても首は凝ってしまうもの。首の血流の悪化は頭痛や肩こり、腰痛などの原因にもなります。このストレッチはそれらの予防にもなるので、一石二鳥です♪

スポンサーリンク

効果を高めるためには、こまめにストレッチを行うことが大切。脳を活性化させてセロトニンを増やし、痩せる脳を実現させていきましょう。

痩せる脳をつくるコツ④ 日光を浴びる

痩せる脳をつくる4つ目の方法は、前述の3つの方法と比べてもとても簡単。それは、日光を浴びることです!

出典:www.thebusinesswomanmedia.com

朝起きた時に日光を体に浴びせることで、セロトニンを活性化させることができるのです。それには、セロトニンの持つある性質が関係しています。

痩せる脳で活発に分泌されるセロトニンは、睡眠ホルモンである「メラトニン」と相対する性質を持っています。セロトニンは脳が起きているよう促しますが、メラトニンには逆に睡眠作用があります。睡眠中はメラトニンが多く分泌しており、セロトニンの分泌は少ない状態…。

しかし太陽の光を浴びると、脳は朝がきたことを認知してメラトニンの分泌を止め、セロトニンの分泌を活発化させるのです。そのため、朝に日光を浴びることは痩せる脳をつくるためにとても大切なことなのです。

昼夜逆転の不規則の生活をしているとセロトニンとメラトニンのバランスが狂ってしまい、うつ病になりやすくなるといわれています。セロトニンは心身の健康にとっても不可欠なものなのですね。

朝、日の光を浴びながらジョギングなどのリズム運動をしたら、セロトニンはどんどん分泌されていくということ!健康的な生活でダイエットが実現できるなんて、こんなに嬉しいことはありませんね♪

痩せる脳をつくるコツ⑤ 腸を温める

続いて、痩せる脳をつくる5つ目のコツを見ていきましょう。

セロトニンの分泌には腸が大きく関係しており、腸を温めれば、脳にセロトニンを分泌するよう働きかけるのだとか!逆に腸が冷えてしまっていると、分泌はうまく行われません。

腸を温めるためには温かい飲み物や食事を摂り、シャワーで済ませるのではなくお風呂にゆっくりとつかりましょう。女性は冷え性の人も多いため、普段から体を冷やさないように注意しておくといいですね。

痩せる脳をつくるコツ⑥ スキンシップをとる

痩せる脳をつくる最後のコツ、それはスキンシップをとることです。

出典:youqueen.com

これまで紹介してきたコツと違って、ピンとこない人もいるでしょう。しかしこれは科学的にも証明されており、人は家族や恋人、ペットなど自分にとって大切な存在と触れ合うと、脳が幸せな気持を感じてセロトニンを分泌するようになっているのです。

つまり、脳はリラックスしている状態になると、セロトニンを分泌するのです。過度な食事制限やストレスが溜まるようなダイエットをしてもセロトニンは分泌されず、かえってリバウンドなどを招くことにもなります。

幸せな気持ちを感じられるよう意識してダイエットを行えば、自然と痩せる脳が実現されていくでしょう。

いかがでしたでしょうか?痩せる脳と聞くと何だか難しいことのようですが、実はとても簡単に始められるダイエットなのです。体と心の健康にとってもいいことづくめのダイエットを、ぜひ試してみてくださいね☆

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!