歯磨きダイエットって何?

出典:laughy.jp

歯磨きダイエットとは、歯磨きをして間食を控えるという単純なものです。歯磨きダイエットのやり方はさまざまですが、どれも簡単なものばかりです。ここで代表的なものを挙げてみます。

  • 三食の食後にすぐ歯を磨く
  • 三食の食前に歯を磨く
  • 歯磨きを使ったマッサージ法

非常に簡単なので、自分に合ったやり方で進めていくのが良いでしょう。それでは、実際には歯磨きダイエットを行うことでどんな効果が得られるのでしょうか?次の章から見てきましょう!

歯磨きダイエットが効果的な理由① 再び歯磨きをするのって面倒!

歯磨きが好きな方もいますが、実際はちょっと面倒だな・・・と思う方もいると思います。歯磨きダイエットでは、その歯磨きという行為そのものの手間を利用してしまうのです。

出典:www.mirror.co.uk

食事を終えその時は満腹でも、少し時間が経つとまた小腹が減った・・・なんてことよくありませんか?そこで我慢できればいいのですが、「少しだけ!」とついついお菓子に手をのばしてしまいますよね。

しかし!もしすでに歯磨きをしていたら、間食でせっかく磨いた歯が汚れてしまうし、また後で歯磨きをするのもちょっと面倒・・・という気持ちになりませんか!?このような仕組みから、間食しようという気持ちを抑えることができるのです。

毎食後の習慣として歯磨きをすれば、間食を控えてダイエット効果が得られ、さらに、虫歯も予防できるというわけですね♪

歯磨きダイエットが効果的な理由② 歯磨き粉で食欲減退!

歯磨きをする時には、歯磨き粉を必ずつけるという人は多いと思います。実はその歯磨き粉、虫歯予防や歯周病予防、歯を白くする効果の他に、食欲を抑制する効果があるのです!

歯磨き粉をつけて磨くことにより、爽快感が生まれ、お口の中をリセットして再び食べたいという気持ちを抑えることができます。

市販で売られている歯磨き粉には、いろいろな種類がありますよね。ここで、おすすめの歯磨き粉の選び方を、ダイエット効果と虫歯予防に着目していくつかご紹介します。

出典:en.wikipedia.org

発泡剤を含まない歯磨き粉

歯医者で歯磨きの仕方を教えてもらうと、歯磨き粉は使わなくても良いと言われることがあります。その理由の一つとして、ドラッグストアなどで売っている発泡剤入りの歯磨き粉は、お口の中が泡でいっぱいになり、磨き残しがあっても綺麗に磨けたと錯覚してしまうことにあります。

小さなお子さんでも、歯磨き粉をつけると苦しくなり早めに磨き終わってしまう子がいますよね。磨き残しがあると、ダイエット以前に虫歯になりやすくなってしまいますので注意したいところです。

高濃度のフッ素が含まれた歯磨き粉

スポンサーリンク

フッ素は虫歯予防に欠かせない成分で、抗菌作用もあり、細菌を作る酸の働きを抑えます。また、虫歯になりかけている歯の表面を修復する効果もあるので、ぜひフッ素が多く含まれた歯磨きを選びましょう。

日本では薬事法の承認基準で、市販の歯磨き粉のフッ素の配合濃度は1000ppmまでと決められており、目安としてはだいたい900ppm程度のものが多いです。また、400ppmを切ると効果が薄れてしまうようです。購入する時にチェックしてみると良いかもしれません♪

研磨剤が少なめの歯磨き粉

歯磨き粉には少なからず少量の研磨剤が含まれています。研磨剤は着色を落とす効果がありますが、あまりに多く入っていると、歯の表面を傷つけてしまう可能性があります。傷がつくと、その部分は着色しやすくなってしまうので気をつけなければなりません。

しかし、現在市販されているものには、歯が削れるほどの量のものはないので、そこまで神経質になることはないようです。

他にも、自分のお好みの味で歯磨き粉を選ぶのも歯磨きダイエットを続けるポイントです。ミント系は香りで食欲を抑えます。デザートの気分でピーチ・いちごなど甘い香りのフルーツ系を選ぶのもアリですよね♪いろんな歯磨き粉を使って、歯磨きダイエットを楽しめそうですね。

歯磨きダイエットが効果的な理由③ 気付かぬうちにストレッチ?

ダイエットといえば、無理な食事制限と運動のイメージがありますよね。それに比べて、歯磨きは自然と毎日行うものですよね。いつも特に意識せずに行っている歯磨きですが、意外と口を開けたり閉じたりすることで頬を動かしているのです。

そこにさらにダイエットを意識して、ながらダイエットできたら嬉しいですよね!!ここで、歯磨きしながらできる簡単な「歯磨きストレッチ」をご紹介します。

口を開ける時は大きく動かすことを意識

奥歯など磨きにくいところを磨く時は、口が自然と開きます。その時、大きく口を開けることを意識してそのまま5秒キープします。また、口を開けると同時に目も一緒に大きく見開くと、目の周りの筋肉も動かせるのでおすすめです。

歯ブラシを使って表情筋を鍛える

歯ブラシを加えたまま落ちないように、口元をしっかりと動かして「あ・い・う・え・お」と言います。筋肉を使うので、たるみやむくみのケアになります。

歯ブラシを使ってマッサージ

丸みのある歯ブラシを使うのがおすすめです。

出典:matome.naver.jp

方法
ブラシのついていない方を、上唇と歯茎の間に差し込み、上あごに沿って歯茎を10箇所ほどゆっくり押して離します。その時に反対側の指でも上から軽く圧力をかけましょう。
歯ブラシを奥歯の辺りに入れ、頬の内側を下から上にむかってマッサージします。頬の筋肉を和らげることで、リフトアップの効果が期待できます。

「ながらストレッチ」、皆さんもぜひ試してみてはいかがでしょうか。

以上、歯磨きがダイエットに効果的と言われている理由3つをご紹介しました。歯磨きの手間を利用するダイエット。ちょっと面倒くさがり・・・なんて人には良いかもしれませんね♪毎日行うことなので、これが習慣になれば知らず知らずのうちに「痩せた?」と言われることもあるかも!?

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!