Medium 2d606eb3eebb91fa

引き締まった美しいBODYをゲットできる「痩せるダンス」3選

ダンサーやバレリーナなど踊りを職業にしている人は、細いだけではなくて引き締まった美しいBODYを持っています。それは、ただ食事制限して痩せたのではなく、適度な筋肉がついているから。今回は、引き締めBODYになるための痩せるダンスを3つご紹介します。

カテゴリー:運動ダンス  作成者:デブ卒公式  投稿日:2015/11/26

ダンスで痩せる理由とは?

「痩せるダンスなんて本当にあるの?」と思われるかもしれませんね。正確に言うと、痩せるダンスがあるというよりは、ダンスをすることで痩せるということになります。

ダンスで痩せるためには1回、2回で止めてしまうのではなくて、継続して続ける必要があります。そこで、数あるダンスの中から、続けられるダンスを3つ厳選しました。それが、痩せるために続けられる「痩せるダンス」なのです。

ダンスは、有酸素運動の一種です。有酸素運動は20分続けた後に脂肪が燃焼しますので、痩せるためには20分以上ダンスを行う必要があります。

激しいダンスを5分するよりは、穏やかなダンスを20分行う方が脂肪燃焼効果が高いので、ダンス初心者の方や体力に自信のない方は、簡単なダンスから取り入れるといいでしょう。

また、ダンスの前には軽く筋トレを行っておくのも効果的です。筋トレを行うと、アドレナリンという体を元気にする神経伝達物質が出ます。このアドレナリンには、体脂肪を分解する働きもあるので、ダンスの効果をぐんと引き上げてくれますよ!

痩せるダンス① カーヴィーダンス

カーヴィーダンスは、美魔女で有名になった樫木裕実さんが提唱している痩せるダンスです。特徴は、腹部や二の腕など上半身に効くということ。ムキムキの筋肉を付けるのではなくて、しなやかな女性らしいボディラインを作ることを目的としています。

今回ご紹介する3つの中では最も初心者向きで、体力の消耗が比較的少ない痩せるダンスです。カーヴィーダンスは、主に3種類発売されています。初心者向けのものから順番にご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

部分痩せカーヴィー

ゆるカーヴィーとめらめらカーヴィーの2種類のストレッチが収録されています。

ゆるカーヴィーはストレッチの応用版のような痩せるダンスで、リズム感のない人でも2、3回踊ればマスターできるほど簡単です。めらめらカーヴィーはゆるカーヴィーの上級版ですが、こちらも動きはシンプルなので、何度かやればマスターできるでしょう。

楽痩せカーヴィー

「楽」というのは「楽して痩せる」と言う意味ではなく、「楽な体をつくる」という意味。部分痩せカーヴィーが完璧に踊れる方でも、リズム感に自信のない方は難しいと感じるでしょう。

他の2つとは違いバックダンサーがいませんので、1対1の個人レッスンを受けているような雰囲気です。

スポンサーリンク

即痩せカーヴィー

「即」は「即痩せる」という意味。そのため、他の2つと比べるとハードな内容です。リズム感に自信があり、ダンス経験のある方なら難なく踊れるかもしれませんが、初心者にはおすすめできません。

ノリノリの曲調なので、慣れると楽しく続けることができます。

痩せるダンス② コアリズム

カーヴィーダンス同様に上半身に効く痩せるダンスですが、カーヴィーダンスと比べるとややハードです。登場する女性を見てもらえばわかりますが、腹筋が割れています。しっかり筋肉をつけて痩せたいという女性におすすめです。

特に効くのは下腹部のポッコリお腹。くわばたりえさんが、産後ダイエットで下腹部がスッキリと痩せたことでも話題になりましたね。腰回しなどの動きが多いので、骨盤の強制にも効果的です。

ただし、太ももを刺激するような動きは少ないので、下半身が気になる方よりも上半身のダイエットをしたい人におすすめです。

痩せるダンス③ トレーシーメソッド

先にご紹介した2つが上半身に効くのに対し、トレーシーメソッドは上半身だけではなく下半身にも効果的ですが、3つの中で最もキツい痩せるダンスです。

しかし、キツい分効果は抜群ですので、本当に痩せたいのならおすすめ!ある程度の体力と筋力がないとついていくのが大変なので、体力に自信がない場合には、他の痩せるダンスから挑戦してから挑戦してもいいでしょう。

トレーシーメソッドは数多く出版されていますが、おすすめは「ザ・トレーシー・メソッド Japanオリジナル ベーシック」。Japanオリジナル版では、トレーシーが日本の住環境を意識して裸足でエクササイズを行っています。

また、今までのトレーシーメソッドは、効果は出るものの1つあたりの時間が長いのがネックでしたが、Japanオリジナル版ではその点も改良。時間がないときでも区切りよくできるように、腕、腹・体幹、脚、お尻、首の5部位にわけて収録されています。

いかがでしたでしょうか。続けやすい痩せるダンスばかりですから、痩せたい部分や、自分の体力に合わせて選んでみましょう。1週間続ければ、引き締めBODYへの手ごたえを感じるはずです!

人気記事