ダイエットに重要な時間① 朝食の時間

皆さんは朝食はどのタイミングで食べていますか?起きてすぐ、出勤する準備をしてから、もしくは朝は食べないなんて人もいるのではないでしょうか。実は、その朝食をとる時間もダイエットに重要なポイントがあるのです。

起きて2時間以内に朝食を食べよう

起きて2時間以内に朝食をとると、体内時計がしっかり活動を始め、代謝をしやすくなります。体内時計とは1日周期でリズムを刻むもので、日中は活発状態、夜は休息状態になります。

出典:www.thebusinesswomanmedia.com

その体内時計は、毎朝光を浴びることでリセットされリズムをとります。そこでさらにポイントになるのが朝食です。朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴び、その2時間以内に朝食をとると良いでしょう。

しかし、朝は時間がないなんて人も多いのではないでしょうか?だからといって朝食を抜くのは良くありません。

エネルギー源になる朝食を抜くことは、健康面だけでなくダイエット中の人にも大敵です。朝食を抜くと代謝が悪くなり、昼食の頃には脂肪が蓄積されやすい状態になっています。

手軽に作れるメニューはたくさんあります。ダイエットのためにも、起きて2時間以内の朝食を心がけてみて下さいね!

ダイエットに重要な時間② 夕食の時間

先ほどの章でもお話しした体内時計。夕方以降は、どんどん休息へ向かっていきます。休息の状態になると、体は食べたものを蓄えようとしてしまいます。ダイエット中の人にはちょっと怖いですよね。

それを避けるためにも、休息の時間に入る前に1日の食事を全て終わらせるのがベストです。

夕食は起きてから12時間以内に食べよう

出典:victorygirlsblog.com

体内時計が休息の時間帯に入る前、いわゆる起床後12時間以内に夕食をとるのが、脂肪になりにくいポイントです。そんなの毎日無理という人も多いと思います。でも、体は夕方以降、ゆっくりと休息状態に進んでいます。意識しないわけにはいきませんよね。

もし、どうしても12時間以内が難しい場合は「分食」にしましょう。夕方におにぎりなど食べてお腹を満たしたら、夜は野菜や海藻のサラダなど、消化の良いものにするのです。

また、やむを得ない理由で夕食が遅くなる場合は、500キロカロリー前後の軽めの食事を意識するようにして下さい。

ダイエットに重要な時間③ 運動の時間

運動をするのにも特に効果的な時間があります。どうせダイエットするなら、その時間を意識して行いたいですよね!この章では、運動に効果的な時間のポイントを教えちゃいます♪

最も効果的な時間は起床後5~6時間

出典:www.chatelaine.com

朝起きたら朝日を浴び朝食を食べます。このリズムがしっかりとれると、起床後5〜6時間が最も代謝が良くなります。他の時間に同じ運動をするよりもエネルギーを消費しやすくなるのです。

スポンサーリンク

ですが、ここで注意があります。もし朝食を抜き空腹で運動をすると、血糖値が下がって貧血を起こす可能性が出てきます。ダイエット中でも、必ず朝食はとるように心掛けて下さい。

また、脂肪を作るのに必要なタンパク質の働きが鈍くなり、食べたものが脂肪として溜まりにくいのが、起床後5~6時間となります。この時間なら、おやつを食べても安心です。

2番目に効果的な時間は夜

ダイエットのためにも基礎代謝を上げたいという人は、夜の時間に運動するのが効果的です。筋肉の修復や生成がよく行われるのが夜だといわれています。

基礎代謝というのは、寝ていても消費するエネルギーのことです。人間が消費するエネルギーの70%を占めています。基礎代謝を上げると、ダイエットが楽になるということです!

基礎代謝をアップさせるには、無酸素運動などが効果的だといわれています。夜の運動に挑戦してみてはいかがでしょうか?

ダイエットに重要な時間④ 睡眠の時間

睡眠時間はダイエットにも重要なポイントとなります。睡眠中には、脂肪分解作用のある成長ホルモンが分泌されています。寝不足だと脂肪消費が減ってしまい、これを毎日繰り返していると、寝不足の人はしっかり寝る人に比べ、1ヶ月で約6300キロカロリーも脂肪が分解されずに溜まっているといわれています。

この成長ホルモンの分泌を促すためにも、睡眠を見直してダイエットに活かしたいですね。そこでこの章では、正しい睡眠のコツをご紹介していきます。

出典:joanyedwards.wordpress.com

睡眠時間7時間が目安

平均睡眠時間は7時間を目安にとりましょう。睡眠時間が短いと、健康面でも良くないことは皆さんご存知かと思います。この他にダイエットにも影響があることが判明したのです。

睡眠時間をしっかりとると、レプチンというホルモンが増え、無駄な食欲を抑えてくれるのです。逆に睡眠不足の人は、食欲増進のホルモンが増えてしまい太りやすくなるそうです。ダイエットのためにも、睡眠時間はたっぷりとるように心掛けましょう♪

夜中3時には眠っている

人が最も深い眠りにおちるのが、眠ってから3時間後の時間です。また、人間にはもともと備わっている眠気のリズムがあり、夜中の3時前後がそのリズムが一番強くなる時間帯になります。

成長ホルモンが多く分泌されるのは深い眠りにつく時なので、夜中の3時前後にしっかり眠っていれば、成長ホルモンの効果が特に期待できるということなのです!

寝る2時間前に湯船につかる

湯船に入ることは睡眠の質に影響します。その理由は、内臓を冷やすことにあります。

お湯につかると、一度体温が上がります。そしてお風呂から出ると、もとの体温に戻そうと熱を放出します。この時、体温が元の温度より下がることで眠気を誘発します。

体温が下がってくるのに時間を必要とするので、だいたい2時間くらい前の湯船がベストだといえます。お風呂からあがりすぐ寝ようとしても、火照ってなかなか眠れなかったりしますよね。

良質な睡眠のポイントをおさえて、ぜひダイエットに役立てて下さいね!

以上、痩せるために重要な4つの時間をご紹介しました。時間のポイントをつかむだけで、ダイエットに効果的なことがたくさんありますね♪

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!