ダイエットに役立つ油の知識① 油はダイエットに欠かせない栄養素

油は、体を動かすエネルギー源でもあり、体の組織をつくり正常に機能させる大切な栄養素です。そして、ダイエットをする上でも欠かせない栄養素になります。

では、どのようなダイエット効果があるのか見てみましょう。

  • 食欲を司る脳を作る材料
  • 胃の中に長く留まるため、腹持ちが良い
  • 脂肪燃焼効果がある女性ホルモンの材料
  • 体を温める
  • 便のすべりをよくして便秘を解消する

脳は食欲をコントロールしているので、油が不足すれば、食欲を抑えることができなくなります。脂肪燃焼効果がある「エストロゲン」という女性ホルモンの材料も油です。そして、油不足は便のすべりを悪くするので、便秘の原因にもなります。

このように、油にはダイエットに欠かせない効果がたくさんあるのです。

そのため、ダイエット中に油を抜いた食事をしていると、逆に太ってしまうことにもなりかねません。その反面、摂り過ぎると太りやすくなるのも事実・・・。そこで正しい油の知識を知り、ダイエットに摂り入れていくことが大切になります。

ダイエットに役立つ油の知識② サラダ油は肥満を招く

出典:pet-recipe.com

油といえばサラダ油!というほど、私たちの生活に根付いているこの油・・・。実は、ダイエットにも健康にもあまりおすすめできないトランス脂肪酸が多く含まれています。

トランス脂肪酸は、過剰に摂取すると悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らすので、肥満を招く原因になってしまいます。

近年では、日本食から欧米食へ変化していることもあり、トランス脂肪酸を過剰に摂取しやすい環境にあります。そのため、ダイエット中はトランス脂肪酸を多く含むサラダ油は使わないように心がけましょう。

また、サラダ油以外にもマーガリンやショートニングもトランス脂肪酸を多く含むので、こちらもできれば使わないほうが良いでしょう。

ダイエットに役立つ油の知識③ オメガ3脂肪酸の油はダイエットの味方

出典:www.foodbrand.do-fukushima.or.jp

「えごま油」や「亜麻仁油」、「シソ油」などのオメガ3脂肪酸に分類される油は、血中の中性脂肪やコレステロールを減少させ、血液をサラサラにして代謝を高める効果があります。そのため、ダイエット中は積極的に摂取してほしい油になります。

ですが、ダイエットに良いといっても大量に摂取していては逆効果です。少なく感じるかもしれませんが、1日大さじ1杯程度を目安に摂るようにしてください。これだけで十分な働きをしてくれます。

スポンサーリンク

また、オメガ3脂肪酸はくるみやアーモンドなどのナッツ類、イワシなどの魚類にも含まれているので、サラダにナッツを加えたり、アーモンドを料理に使ったりしても美味しく摂取することができます。

オメガ3脂肪酸は熱に弱いので、サラダや調理した魚などにかけて食べるようにしましょう。

ダイエットに役立つ油の知識④ 加熱料理にはオリーブオイル

出典:www.cuisine-kingdom.com

オメガ3脂肪酸の油は熱に弱く、加熱料理には向いていません。そして、サラダ油などは摂り過ぎると脂肪になりやすいのでおすすめできない油です。では、ダイエット中加熱する料理にはどんな油を使えば良いのでしょうか?

それは、比較的熱に強く、オメガ3脂肪酸と同じようにコレステロールのバランスを調整し、血液をサラサラにすることで代謝を促進する働きを持つ「オリーブオイル」です。便秘解消効果を得ることもできます。

オリーブオイルといっても様々な種類がありますが、選んで欲しいのは最高品質とされる「エキストラヴァージン・オリーブオイル」です。しかも、プラスチックや透明な瓶に入っているものではなく、酸化を防ぐために遮光瓶で売られているもの。そして、ある程度高価な物を選ぶことをおすすめします。

なぜなら、中身がオリーブ以外の原料で作られた偽装オイルや、質の悪いオリーブで作られ、添加物が混ぜられた粗悪なオリーブオイルが市場に多く出回っているからです。そういったオリーブオイルは酸化していることが多く、ダイエット効果も期待できません。できれば、オリーブ専門店など信頼できるプロがいるお店で買うようにしましょう。

そして、いくら熱に強いといっても100〜120度以上の高温での調理は、オリーブオイルが持つダイエット効果を減らしてしまうので注意する必要があります。

上手にオリーブオイルを使って美味しい料理を作り、楽しくダイエットをしてみてはいかがでしょうか。

ダイエットに役立つ油の知識⑤ 揚げ物に使われる油はレモンで中和!

出典:cupie.biz

脂肪分が多く、悪玉コレステロールも増やすのでダイエット中は控えるべき揚げ物・・・。でも、どうしても食べたくなることがありますよね。会社の付き合いで飲みに行き、食べなければいけない時もあるかもしれません。

そんな時は、揚げ物にレモンかけて食べるようにしましょう。そうすることで、レモンに含まれるビタミンCがコレステロールを下げ、酸化した油も中和して代謝が悪くなるのを防いでくれます。

ですが、揚げ物はレモンをかければ大丈夫と過信はしないでください。特に、ファミレスや居酒屋で使われる油は何度も使い回され酸化しています。そのため、健康にもダイエットにも良くありません。食べ過ぎには十分注意してください。

いかがでしたか?油の選び方や摂取方法によっては健康を阻害し、ダイエットの敵となりうることも。ダイエット中は特に、油選びに注意して上手に取り入れていくようにしましょう。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!