食欲を抑える方法① 歯磨きをする

出典:www.rougeframboise.com

歯磨きといえば虫歯や歯周病、口臭を防ぐためのものですが、実は食欲を抑えてくれる効果も期待できるんです。歯をきれいにしつつ、食欲も抑えられるなんてまさに一石二鳥ですね。

なぜ歯磨きをすることで食欲を抑えられるのでしょうか?それは、歯を磨くと口の中への刺激が「食事の終わり」の合図となって脳に伝わるからなのです。食後に歯磨きをすると、それ以降の間食を防ぐ効果が期待できます。

また、口の中がすっきりすることで、しばらく味のついたものを口にしたくなくなるという効果もあります。特に食欲抑制には清涼感のあるミント系のフレーバーが効果的です!もしミント系が苦手な方はお好みのフレーバーで挑戦をしてみてくださいね。
 
歯磨きにはリフレッシュ効果もありますので、食べたい気持ちが高まった時の気分転換にもおすすめ!数種類のフレーバーを気分によって使い分けたり、かわいい歯ブラシや小物を揃えたりするとより歯磨きを楽しめますよ。

食欲を抑える方法② 食欲抑制効果のあるツボを押す

食事を食べ過ぎてしまう方は食前に食欲を抑えるツボを押してみましょう。食欲を抑える効果のあるツボは体中にいくつかありますが、ここでは手軽に押しやすいツボを2つご紹介します。

①耳のツボ「飢点(きてん)」

出典:www.sawai.co.jp

「飢点」は耳の前にある小さなふくらみのやや下にあるツボです。ここを食前に刺激すると食べ過ぎを予防することができます。

食事の15分前くらいに人指し指を左右の「飢点」に当て、1〜2分押しつづけましょう。自分の脈の速さでとんとんとリズミカルに押すのも効果的です。

②手のツボ「胃・脾・大腸区(だいちょうく)」

出典:www.sawai.co.jp

「胃・脾・大腸区」は手のひらにあり、親指の付け根から生命線に沿って並んでいます。これらのツボは手のひらをつまむことで刺激され、食欲を抑える働きをしてくれます。

生命線にそって指でぎゅっとつねり、手のひらが赤くなるまで2〜3分ほど刺激しましょう。やさしくなでてしまうと逆に食欲増進効果のあるツボなので、少し強めにつねるように心がけましょう。

ツボ押しはとても手軽に行えるので、普段の生活にも取り入れやすいですね。食事の前にはぜひこの2つのツボを活用してみましょう。

食欲を抑える方法③ 食欲を抑える食べ方にチャレンジ!

過剰な食欲は食べ方を改善することで抑えることが可能です。まず、食欲を抑えるためには「よく噛んで、ゆっくりと」食事をすることが重要です。

①たくさん噛んで満腹感を得る

食事中には「セロトニン」と呼ばれる満腹中枢を刺激するホルモンと、「ヒスタミン」と呼ばれる脳内で食欲を抑制する物質が増加します。これらが十分に分泌されると満腹感、満足感を感じ、食欲が減っていきます。しかし、これらが十分に増えない間は満腹感があまり感じられず、どんどん食べ過ぎてしまいます。

「セロトニン」と「ヒスタミン」を増やすにはよく噛むことが重要だと言われています。食事の際には噛む回数を増やすことを意識してみましょう。また、ガムを噛むことでも同様の効果が得られますので、小腹がすいたときにはガムを噛んでみましょう。

スポンサーリンク

②ゆっくり食べて血糖値の上昇を待つ

血糖値は上昇し始めるまでに時間がかかるもので、食事開始から20分程経過してから上昇し始めます。そのため、食事開始からしばらくの間は食べ過ぎてしまっても満腹感を得にくく、時間が経ったあとに「食べ過ぎた…」と感じてしまうのです。

一方、ゆっくりと時間をかけ食事をすると無理なく食べ過ぎを防ぐことができます。

また、血糖値を効果的に上昇させるにはよく噛むことも重要なんです。よく噛むと唾液の分泌が増加し、食べ物を効率よく糖へと分解できるようになり、血糖値が上がりやすくなるのです。

ぜひこれからの食事では「よく噛んで、ゆっくりと」を意識して食べ過ぎを予防しましょう!

食欲を抑える方法④ 飲み物で食欲を抑える

出典:www.justnaturallife.com

何か口にしたくなってしまった時には、飲み物を摂ることで食欲を抑えることができます。まず、一番手軽なのは水を飲むことです。水を飲むとその分だけお腹が膨れて食べる量を減らすことができます。

また、空腹時に水を飲むと意外な効果が得られると言われています。

あまり知られてはいませんが、食べ物を消化する胃の中では常に酸性度が変化をしています。胃の酸性度は空腹時には食酢のような強い酸性になり、食べ物を消化したあとには酸性度が弱まります。胃の酸性度が弱まると、脳には満腹だという信号が伝わり、それ以上の食欲が抑えられます。

この働きを利用して空腹時に水を摂ると、胃液が薄められることで胃の酸性度が弱まり、まるで胃が食後の状態であるような信号が脳に送られる=満腹だと錯覚して食欲を減らしてくれるのです。

水分を摂る際にはただの水道水でもOKですが、より効果を得たい時にはお腹が膨らむ炭酸水や、レモンなどを絞って味にアクセントをつけるのもおすすめです。

また、カフェイン入りの飲み物を飲むと血糖値を上げ、空腹感を抑えられる効果が期待できます。コーヒーや紅茶、緑茶なども適度に活用してみましょう。

食欲を抑える方法⑤ 睡眠を十分にとる

出典:youqueen.com

意外だと思われるかと思いますが、実は食欲を抑えるためには十分睡眠をとることが大切なんです。

最新の研究で、睡眠時間が減ると「レプチン」と呼ばれる食欲を抑制するホルモンが減少し、逆に食欲を高める「グレリン」というホルモンが増加してしまうことが明らかとなりました。

アメリカのスタンフォード大学にて約1000人の被験者を対象にした研究で、睡眠時間が5時間の人と8時間の人を比べると、5時間しか睡眠をとらない人は8時間睡眠の人より「レプチン」が15.5%も少なく、「グレリン」が14.9%も多いということが分かりました。

また、睡眠時間が8時間未満の人(被験者全体の75%)に限ると、睡眠の時間が短ければ短いほど肥満度が増えてしまうということも明らかとなっています。

食欲が抑えられなくなる前に、なるべく早く就寝をするように心がけましょう。就寝時間が増えれば食欲を抑えられるほか、美容にもプラスになりますよ。

いかがでしたでしょうか?ダイエット中に食欲を我慢するのはとても辛いものですが、ちょっとした方法を実践するだけで、食欲を抑えることができるのです。これらの方法をぜひダイエットのサポートとして活用してみてくださいね。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!