睡眠ダイエットのポイント① 7時間睡眠をとる

出典:www.phillymag.com

ダイエットと睡眠時間には大きな関係がありました。じつは睡眠時間が少ない人ほど太りやすいというデータがあるんです。

5時間睡眠の場合は肥満の割合が52%、4時間睡眠の場合は73%も多くなってしまうんです。忙しいのに痩せないという人は睡眠不足のせいだったのかもしれませんね。

また、正しく眠っていないと満腹中枢をコントロールする「レプチン」というホルモンが減少し、空腹感がでてしまいます。たまらなく炭水化物が食べたくなることもあるようですので気を付けたいですね。

ただし、何時間でも寝ればいいというわけではなく、理想は7時間、多くても9時間までです。健康面でも7時間睡眠が理想と言われていますので保つようにしましょう。

睡眠ダイエットのポイント② 日付が変わるまでに眠る

睡眠中には成長ホルモンが分泌されます。しっかり眠っていれば一晩で300kcalも消費されるんです。ですが睡眠中に成長ホルモンがしっかり分泌されないとこのカロリーは消費されません。

この成長ホルモンは22時から3時の間に活発に分泌されると言われています。22時までに眠るのはなかなか難しいと思いますが、日付が変わるまでには眠るように心がけましょう。

睡眠ダイエットのポイント③ 寝る3時間前までに夕食を済ませる

寝る直前に食べると、カロリーを消費しないので太りやすいというのはわかりますよね。では、何時間前に食べるのがよいのでしょうか?

脂肪分やたんぱく質の多い食事は消化するまでに4時間はかかります。消化が終わらないうちに眠ってしまうと胃腸が動いているのでぐっすり眠れません。ぐっすり眠らないと成長ホルモンの分泌にも影響を及ぼします。ですから、食事は眠る3〜4時間前に摂取するようにしましょう。

帰りが遅く夕飯の時間がどうしても遅くなってしまう人は、ランチをたっぷり食べて夕飯は軽めにするのがおすすめです。

では、夕食の時間は早ければ早いほうがいいかというとそうでもないんです。胃の中は満腹でも空っぽでも、睡眠に影響を与えますので、空腹のまま眠るのも避けましょう。

睡眠ダイエットのポイント④ 寝る1時間前にハチミツを食べる

出典:sustainablepulse.com

甘いハチミツを寝る前に摂るなんてダイエットによくないイメージがありますが、ハチミツには質のよい睡眠に導く効果があるんです。質のよい睡眠は、成長ホルモンの分泌につながり、痩せやすくなります。

夕飯は眠る3〜4時間前に済ませ、眠る1時間前にハチミツを摂りましょう。ドリンクにしてもいいですし、腸の動きをよくするヨーグルトと一緒に食べると便秘解消にもつながります。

ハチミツの量は大さじ1杯です。ハチミツも糖質ですから、糖質の摂りすぎにならないよう、夕飯の炭水化物は控えめにするのがよいでしょう。

スポンサーリンク

睡眠ダイエットのポイント⑤ 寝つきの良くなるドリンクを飲む

出典:mysticalmagicalherbs.com

眠れない夜にはお酒を飲むという人もいるかもしれませんが、アルコールは眠りを浅くするので避けたほうがよいでしょう。

寝る前におすすめなのはハーブティーやホットミルクです。ハーブティーはカモミールなどリラックス効果のあるものを選びましょう。

牛乳には安眠に効果のある「トリプトファン」という物質が含まれています。また、カルシウムにはイライラ防止の効果もありますのでストレスなくぐっすり眠れるでしょう。どちらもハチミツを入れて飲むのもおすすめです。

睡眠ダイエットのポイント⑥ 寝る2時間前はテレビ、スマホ、パソコンの画面を見ない

出典:www.itechsum.com

寝る前にスマホをいじることは、エスプレッソを3杯飲むのと同じくらいの覚醒効果がある、とも言われています。スマホやテレビ、パソコンの光は睡眠に悪影響を与えます。眠る1〜2時間前には控えるようにしましょう。

蛍光灯の光も覚醒作用がありますので、間接照明や白熱球に切り替えるなどして、柔らかい光の中で過ごしましょう。家族とおしゃべりしたり、本を読んだりする時間にあてるのもおすすめです。

睡眠ダイエットのポイント⑦ ストレッチを行う

テレビ、スマホ、パソコンをしていた時間をストレッチにあてるのもおすすめです。ストレッチは筋肉をほぐしてコリを解消するので血行がよくなり、ダイエットに効果的です。また、日中の運動量が足りないと寝付きにくくなりますが、ストレッチで軽く体を動かすと寝付きもよくなります。

ハードな動きをするとかえって脳が覚醒してしまうので禁物です。足を上げてむくみを防止したり、股関節を伸ばしたり、という簡単な動きで無理のないように行いましょう。

睡眠ダイエットのポイント⑧ 朝起きたら太陽の光を浴びる

出典:www.thebusinesswomanmedia.com

朝起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう。朝日光を浴びている人は体重が減少するという研究結果もあります。

また朝光を浴びることで脳は覚醒し、体内時計がリセットされます。体の代謝もよくなり、過食も抑えられるようになります。

朝スッキリ起きることで、自動的に夜になると眠くなるようにもなります。カーテンを開けるだけでとても簡単なのでぜひ実践してみてください。

ダイエットによい睡眠をとるには様々な方法があります。いきなりすべて行うのは難しいかもしれませんが、できることからでも実践していきましょう。

良質な睡眠をとることはダイエットだけでなく、美容や健康にもよいのでおすすめです。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!