キャベツダイエットの効果① 低カロリーで満腹感が得られる

出典:cafy.jp

ざく切りキャベツを生のままで食事の前に食べることが、基本的なキャベツダイエットの方法。第一の効果は、満腹感を得られて食欲を抑えられることです。

あえてキャベツを荒く切って硬さを十分に残し、何度も噛まなければいけないようにしておくことで、満腹中枢を刺激して少量の食事で満腹になったと脳に思い込ませる効果が得られるのです!その結果食欲が抑えられ、食事全体の摂取カロリーを減らすことにつながっていきます。

食事の量を無理なく抑えられれば、ダイエットを長期的に続けることができますよね。また一般的なキャベツは1個約235kcal。1食分の目安とされる6分の1個だと、わずか40kcal程度!40kcalで食べ応えがあれば、ダイエット食として嬉しい限り。

キャベツダイエット成功のカギは、ゆっくりとよく噛むことといえます。よく噛むためにはゆでたり焼いたりせず、生のままで食べることをお忘れなく。6分の1個のキャベツを食べる時には、10分程度の時間をかけるのが理想です。キャベツにかけるドレッシングのカロリーや量にも注意しましょう。

キャベツダイエットの効果② 食物繊維が豊富で脂肪をためにくくする

出典:chouriryoku.jp

次に注目したいのが、キャベツにたっぷり含まれる食物繊維。キャベツの食物繊維は水溶性ですが、これは食事前の摂取で血糖値の上昇を緩やかにしインスリンの分泌を抑え、脂肪をためにくくする効果がある優れもの。コレステロールや中性脂肪の改善だって期待できるのです。

水溶性食物繊維は胃の中で水分を含んで膨れる性質もあり、自然と食べ過ぎ防止にもつながっていくので、ダイエットにはとてもありがたい成分なのです。これでダイエットの天敵、間食に手を出さずにいられそう!

また食事制限などのダイエットで多くの人が悩む便秘も、食物繊維たっぷりのキャベツなら問題なし!腸内環境を整えれば、美肌などの美容効果を期待できるのも嬉しいですね。

キャベツダイエットの効果③ ビタミンCがダイエットに効く

3つ目は意外と知られていない、キャベツに含まれる「ビタミン」を見ていきましょう。

スポンサーリンク

キャベツには主にビタミンCとビタミンK、キャベツの絞り汁から発見され「キャベジン」とも呼ばれるビタミンUが含まれています。なかでも注目すべきは、ビタミンC。キャベツ100gあたりに41mgのビタミンCが含まれていますが、これはビタミンCの王様、レモンの2個分に相当するのです!

18歳以上の女性は1日100mgのビタミンC摂取量が推奨されているのですが、キャベツダイエットを行うと…

  • キャベツ1個は1000g前後なので、1食分(6分の1)は約165g
  • 1食分のキャベツ(165g)=ビタミンC約68mg
  • 毎食前にキャベツを食べれば、1日のビタミンCの摂取量は200mg以上
  • キャベツだけで摂取推奨量の2倍のビタミンCが食べられることに!

ビタミンCは免疫力を高め、がんなどの病気予防に効果があるほか、体内のブドウ糖を脂肪に変えずにエネルギーに変換する効果もあり、ダイエットの強い味方なのです。ビタミンCは熱に弱く調理過程で失われやすい性質がありますが、生のまま食べるキャベツダイエットなら丸ごと摂取できますね。

美白効果など、美しい肌をつくる栄養素としても知られるビタミンC。健康的に美しく痩せられる、女性のダイエットには欠かせない栄養素といえます。

キャベツダイエットの効果④ お財布に優しく、いつでも旬な野菜なので続けやすい

出典:matome.naver.jp

キャベツが持つ魅力は、その成分だけではありません。今やスーパーだけではなく、コンビニでも購入できる身近な野菜であるキャベツ。ほかの野菜と比較しても値段が安く、ダイエットを持続させる重要なポイントとなっています。

ところでそのキャベツ、旬はいつか知っていますか?

…答えは春、夏、冬!つまりほぼ1年中、旬で新鮮な野菜なのです。主なキャベツの種類と収穫時期、産地は以下の通り。

主なキャベツの種類主な産地
寒玉キャベツ(冬キャベツ)11〜2月頃愛知県、千葉県など
春玉キャベツ(春キャベツ)4〜6月頃千葉県、神奈川県、九州地方など
高原キャベツ(夏キャベツ)6〜9月頃群馬県、長野県、北海道、東北地方など

種類や産地を変えながら、いつの時期もおいしいキャベツを手に入れることができるのです。いかにダイエットに適した食材なのかわかりますね。

以上、キャベツダイエットの4つの効果でした。持続できるかがカギとなるダイエットですが、キャベツダイエットに成功者が続出なのも、うなずけていただけたのではないでしょうか。ダイエットは無理なく健康的に、が一番ですね。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!