糖質制限ダイエットとは?

出典:www.weddingpark.net

糖質制限ダイエットとは「糖質を取らないまたは減らす」ことで痩せるダイエット方法です。基本的な方法として、

  • カロリー摂取量は減らさない
  • 1日3食食べる
  • 糖質(炭水化物)を減らす

を実践していきます。

なぜ、糖質を制限すると痩せるのか、その鍵となるのが糖質とインスリンの働きです。栄養素の中で太る=脂肪として蓄えられてしまうものは「糖質」と「脂質」です。糖質制限ダイエットではインスリンの働きに注目して「脂肪細胞」の分解を促進することを目指しています。

まず、糖質は摂取すると体内で「ブドウ糖」に変えられ、血液に流れていきます。血液中のブドウ糖が増える(血糖値)が上がると、体内でインスリンが分泌され、血糖値を下げようとします。インスリンは筋肉や脂肪細胞に糖質を送り込み、筋肉に収まりきらなかった糖質は脂肪細胞に溜められることになります。

脂肪細胞には脂肪を蓄え、分解する機能があるのですが、先に分泌されたインスリンが脂肪細胞の分解を抑制してしまいます。そのため、脂肪がどんどん溜まり痩せにくくなります。

糖質制限ダイエットでは糖質の量を減らすことで脂肪細胞の働きを阻害するインスリンの分泌を減らし、脂肪の分解を促進することを目標としています。カロリー制限もなく、お腹いっぱい食べることができるためとても魅力的なダイエット法ですね。

しかし、糖質制限ダイエットには、主食以外に食べてはいけないものなど、見落としやすい注意点が潜んでいるのです!次の章からは糖質ダイエットの注意点についてご紹介していきたいと思います。

糖質制限ダイエットの注意点① 主食以外に食べてはいけないもの

出典:ojisan-body.com

理論上では簡単に痩せるはずの糖質制限ダイエットですが、思うような結果が現れない方も…もしかしたら糖質の制限がきちんとできていない可能性があります。

糖質といえば主食の米、小麦、イモ類や砂糖を使った食材などが頭に浮かぶかと思いますが、実は他にも食べてはいけない、もしくは制限すべき「隠れNG食材」が多いのです。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットで食べてはいけないもの
小麦粉・片栗粉などの粉類、パン粉
春雨、くずきり
人参、レンコンなどの根菜類
キャベツ、カボチャなど火を通すと甘くなる野菜
大豆以外の豆類
みりん、料理酒、ドレッシング、カレーなどの調味料
カレー、シチューなどのルウ
果物、牛乳はNGではないものの摂り過ぎに注意

一見ヘルシーなものや意識せずに食べてしまうようなものが意外と高糖質だったりするので、食事の際には十分気を付けましょう。

糖質制限ダイエットの注意点② 極端な減量で太りやすいからだに?

糖質制限を徹底すると短期間で体重を落とすことは可能ですが、食事を制限し過ぎることでかえって太りやすい状態を招いてしまうことがあります。

急激な減量をすると体内の脂肪だけでなく、筋肉までもエネルギ—として分解されてしまいます。筋肉が落ちると基礎代謝が低くなり、脂肪が燃焼されにくくなります。また、脳が命の危険を感じて体重を維持しようとするため、以前よりも痩せにくい体質を作り上げてしまうのです。

この状態で糖質制限を中断すればもちろんリバウンドを引き起こしますし、改めて痩せようとしても以前よりも困難になってしまいます。

糖質制限ダイエットでは極端な制限と急激な体重変化に注意しましょう。1か月に1kg程度の減量を長く続けることが理想的です。

糖質制限ダイエットの注意点③ 野菜中心の食事は体調不良のもと!

出典:mery.jp

糖質制限ダイエットの効果を高めようと野菜中心の食事を行う方もいますが、これもNG。糖質制限ダイエットでは糖質の変わりにタンパク質と脂質を摂取することがとても重要となります。

糖質制限によって体内のブドウ糖が不足すると、脂質をエネルギー源としてタンパク質から合成されます。しかし、野菜中心の食生活をしてしまうとタンパク質が十分に摂れず、ブドウ糖を作り出せない低血糖の状態になってしまいます。糖質制限ダイエットでだるさや疲れやすさを感じていたら要注意です。

野菜はあくまでも補佐的な食材ととらえ、積極的にタンパク質や脂質を摂るようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?手軽さと即効性が魅力の糖質制限ダイエットですが、やり方次第では体調不良やリバウンド、太りやすい体質を招いてしまう可能性があります。食べてはいけないものなど、糖質制限について正しい知識を身につけ、長期的・健康的なダイエットを行うようにしましょう!

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!