きのこのダイエット効果いろいろ

なんといっても低カロリーが魅力的

きのこの魅力は、なんといっても低カロリーだという点です。ダイエットは、人間の三大欲求である食欲を思いっきり我慢する行為ですので、ストレスも溜まりますよね。ダイエット中でも、我慢しないで食べたいなと思う人もたくさんいるはず。

そんな時、きのこはとても大活躍する食材です。他の食材と混ぜて調理すればかさ増しになるので、食事全体のカロリーを抑えることができるのです。

きのこの食物繊維でお腹ぺったんこを目指そう

きのこには、たくさんの食物繊維が含まれています。もちろん食物繊維は便秘に効果アリですが、きのこに含まれている食物繊維は「水溶性食物繊維」と呼ばれる種類のものなんです。

出典:irorio.jp

この水溶性食物繊維には、食欲を抑える効果や、血糖値の上昇を抑える働きがあります。血糖値の上昇を抑えることは、脂肪の付きにくい体にしてくれるということにつながるので、ダイエット中にきのこをたくさん取ることは利にかなっているのですね!

食物繊維で便秘を改善しつつ、脂肪の付きにくい体を目指すことで、お腹ぺったんこを狙うことができます!

キノコキトサンとビタミンBでダブルのダイエット効果

きのこには、キノコキトサンと呼ばれる栄養素と、ビタミンBが多く含まれています。この2つはどちらも、脂肪の燃焼を助ける働きを持っていますので、体脂肪の燃焼を目指している方にはピッタリ。

また、ビタミンBには、肌を綺麗にするための美容パワーもありますので、体脂肪を燃やしながら綺麗になることもできちゃうんです!

ポイント

きのこは低カロリーというだけでなく、便秘改善や脂肪燃焼、美肌効果などのメリットがある。

きのこって本当にカロリー低いの?

きのこと一口に言っても、いろいろな種類がありますよね。そこで、それぞれのきのこ100gあたりのカロリーと、栄養効果を見ていきましょう♪

出典:mery.jp

えのきたけ:22kcal

ギャバという成分が多く含まれていて、腎臓や肝臓の働きを活発にするそうです。疲労回復に効果があるビタミンB1の含有量は、きのこ類の中で上位の方です。

しいたけ:18kcal

筋肉、骨を丈夫にするビタミンDを含んでいます。このビタミンはカルシウムの吸収をアップするので、ダイエット中のカルシウム不足を解消する効果が期待できそうです。

ぶなしめじ:18kcal、ほんしめじ:14kcal

カルシウム吸収効果のあるビタミンDや、代謝アップの効果があるビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンなどが含まれています。

なめこ:15kcal

えのきたけと同じくギャバが多く、腎臓、肝臓の働きを活発にします。疲労回復に効果があるビタミンB1の含有量は、きのこ類の中で上位の方です。

まいたけ:16kcal

βグルカンという多糖類が豊富で、免疫機能を回復させたり、腸をきれいにしたりする効果があります。ビタミンDも多いので、カルシウムの吸収をアップします。

マッシュルーム:11kcal

ビタミンB2、カリウム、食物繊維が多く含まれており、うまみ成分のグルタミン酸も豊富です。

エリンギ:24kcal

食物繊維が多く、生活習慣病予防に効果的です。カリウム、ビタミンB2も多く含まれています。

見ていただいてもわかるように、やっぱりきのこはカロリーが少ないですね!でも、料理の仕方次第でカロリーがぐんとアップしてしまうこともありますので、注意が必要です。

出典:tabelog.com

例えば、きのこと言えば「きのこバター」ですが、バターにはたくさんのカロリーがありますので、いくらきのこだからといって、たくさん食べてしまっては元も子もありません。ダイエット用にキノコを食べるのであれば、お湯で湯がいたものをサラダに混ぜるような、油を使わない調理が良いかもしれませんね!

スポンサーリンク

ポイント

きのこ自体のカロリーは低いが、調理方法には注意しよう。

きのこダイエットについての注意

きのこの料理は和・洋・中、どれでもおいしく食べれる食材です。きのこの種類によって好き嫌いはあるとは思いますが、飽きて食べるのが嫌になったりする心配が少ないです。

だからと言って、やはり食べ過ぎてしまうのは禁物です。カロリーオーバーも困りますが、きのこは食物繊維が多く含まれているので、食べ過ぎるとお腹が緩くなったり、逆に便秘を悪化させてしまったりすることもあります。

また、きのこだけしか食べないのも栄養バランスを壊す原因になりますので、他の食材も一緒に食べるようにした方が良いでしょう。

ポイント

食物繊維の摂り過ぎは、逆に便秘を悪化させるので注意!

きのこをダイエットに取り入れている人の口コミ

きのこダイエットすごい
私はとても便秘しやすい体質で、今までいろいろやりましたがほとんど効果がありませんでした
でもきのこダイエットはやり始めた次の日の朝にはびっくりするほど快調に
これからも続けていきたいと思います

出典:sportsclub.nifty.com

50日で10キロ痩せた!「夜きのこダイエット」
やり方は、50日間夜にきのこを200グラムを目安に食べるだけの簡単なダイエット。きのこの種類は何でもオッケー♪
きのこは低カロリーな上に食物繊維が豊富で便通が驚くほど良くなります。
便秘でダイエットに成功しない人にもオススメ

出典:twitter.com

ぶなしめじ、舞茸、エリンギを
すべてまるまる1パックぶちこんだ
きのこ類は栄養価が高いから
ダイエットにももってこい
食欲の秋…ペロリと2杯完食ーー!笑

出典:twitter.com

※きのこは美味しいので、食べ過ぎには気をつけないといけませんね!

ヘルシーきのこの料理レシピ3選♪

①体もぽかぽか!生姜入りきのこスープ

出典:cookpad.com

材料(4人分)
しめじ1パック
えのき1パック
もやし1袋
ごま油大さじ1
900ml
醤油大さじ2
ほんだしスティック1本
大さじ1
おろし生姜小さじ1
塩・胡椒少々
作り方
①ごま油を使い、きのこともやしを中火で炒める。
②火が通ったら、残りの材料を入れる。

きのこは他の種類でもいいので、好きな物を入れましょう。

簡単ヘルシーダイエット☆和風きのこスープ|クックパッド

詳しいレシピはこちら!

②豆乳でヘルシークリームシチュー

出典:cookpad.com

材料
豆乳400ml
玉ねぎ1個
しめじ1房
ネギ小口切りで、大さじ2
オリーブオイル大さじ2
にんにく1片
塩・胡椒少々
コンソメ大さじ1
作り方
①玉ねぎはくし切り、しめじは食べやすい大きさにほぐしておきます。
②オリーブオイルで刻んだにんにくを炒め、切った玉ねぎとしめじを入れ、軽く炒めます。
③調味料と豆乳を入れ、温まったら味を塩胡椒で整え、完成。

ネギはでき上がってから上に散らしても、最初から入れて煮てしまっても、どちらでも構いませんのでお好みで。きのこは他の種類でも合います。玉ねぎは糖質が多い野菜なので、食べる日の糖質摂取量によって加減しましょう。

豆乳で絶品!ヘルシーきのこシチュー♡|クックパッド

詳しいレシピはこちら!

③簡単ヘルシー鶏団子きのこ鍋

出典:cookpad.com

材料
鶏胸のひき肉300g
でんぷん小さじ1
1/2個
ニラ1/2~1束
しめじ1袋
えりんぎ1袋
しいたけ1袋
えのきたけ1袋
まいたけ1袋
だし汁500cc
醤油大さじ3
みりん大さじ1
適量
作り方
①鶏ひき肉とでんぷん、卵をよく混ぜておきます。他の材料も、食べやすい大きさに切っておきます。
②鍋にだし汁を入れ、煮立ってきたら、鶏を一口大に丸めて入れます。アクが出たら取り除いて、きのこ類を入れた後、醤油とみりんを加えます。
③火が通ったらニラを入れ、塩で味を整えたら完成です。

ローカロリーな鶏胸肉を使っているので、カロリーも脂質も抑えられています。きのこもいっぱい食べれるので、寒い冬にはおすすめの鍋です。好みで肉団子におろし生姜を入れてもおいしいそうですね♪

低カロリーでヘルシーな「鶏きのこ鍋」♪|クックパッド

詳しいレシピはこちら!

いかがでしたか?ちなみに、きのこって冷凍も可能なんですよ!石づきを取って、汚れをキッチンペーパーで取ってからラップでくるんで冷凍庫へ。お水で洗ってしまうと味が落ちるので、そのままの状態がベスト。使うときは凍ったまま、炒め物や、スープにイン♪簡単ですので、ぜひお試しを・・・★

脂肪燃焼効果も高いきのこを食事にどんどん取り入れ、綺麗な体を作っていきましょう!

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!