ホットりんごダイエットについて知っておきたいこと① 朝食に食べる

出典:iemo.jp

ホットりんごダイエットのやり方は簡単で、朝食にホットりんごを食べるというものです。

一食分を何かに置き換えるダイエットですと、栄養の偏りや栄養失調を招くことが多く、長期間続けるとかえって健康に悪い場合があります。しかし、ホットりんごダイエットは栄養が豊富なりんごを朝食に食べることで、それらの問題を防ぐことができるのです。

ホットりんごは食べやすいので、朝が苦手な方や時間のない方にもおすすめです。

ホットりんごダイエットについて知っておきたいこと② 加熱することで効果アップ

出典:twitter.com

ホットりんごダイエットで重要なポイントは、りんごを加熱することで効果を高めることができるということです。通常のりんごにも美容や健康に嬉しい栄養が詰まっていますが、ホットりんごにすることで、さらに栄養価を高めることができるのです。

りんごは加熱することで成分の分子量が小さくなり、ペクチン、オリゴ糖、善玉菌の効果がアップすると言われています。これにより、アイチエンジング効果はりんごをそのまま食べる時の約9倍、善玉菌の働きは約2倍になるそうです。

りんごに含まれる栄養を最大限引き出すためにも、ダイエットに挑戦する際は必ず温めてから食べるようにしましょう。

ホットりんごダイエットで食べるりんごの調理法ですが、難しい準備は必要なく、電子レンジで2分程度温めればできあがりです。お好みではちみつやシナモンをかけるとさらに食べやすくなります。温かいりんごを食べるのが苦手な方は、ホットレモネードにすりおろしたりんごを加えるホットりんごレモネードもおすすめです。

ホットりんごダイエットは、様々な料理に応用することができるので、飽きることなく続けることができそうですよね。

ホットりんごダイエットについて知っておきたいこと③ リンゴは皮ごと食べる

出典:darkeye.biz

ホットりんごダイエットで使うりんごはできれば皮ごと食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

りんごには「ペクチン」という成分が含まれていますが、りんごの皮と実の間に多く含まれています。この成分を多く摂取するためにも皮つきのりんごがおすすめというわけです。生のりんごを皮ごと食べるには抵抗がある方も、ホットりんごなら皮も柔らかくなって食べやすくなるのでおすすめです。

「ペクチン」はあまり聞きなれない成分ですが、ダイエットに嬉しい効果がたくさんあります。主な作用は体内を綺麗にしてくれるというもので、腸内環境を整える働きをしてくれるので、吹き出物などの肌トラブル解決につながります。

特にりんごに含まれるペクチンは「アップルペクチン」と呼ばれていて、他の食材に含まれるペクチンよりも腸内での活躍を強く期待できるので、頑固な便秘にお悩みの方にもおすすめです。

ホットりんごダイエットについて知っておきたいこと④ 美肌効果を高めてくれる

ホットりんごには美肌効果や免疫効果を高めてくれるビタミンが豊富に含まれています。

ビタミンは加熱することで壊れてしまうというイメージがありますが、りんごに含まれているビタミンは特別なビタミンなので、加熱や時間の経過にも破壊されることなく摂取することができます。

ダイエットをしながら、美肌効果も期待できるのはとても嬉しいですよね。

ホットりんごダイエットについて知っておきたいこと⑤ むくみを抑えてくれる

ホットりんごに含まれている「カリウム」にはむくみを抑えてくれる作用があります。

カリウムは体内の余分な塩分を排出したり、血流を改善したりする働きがあるので、むくみの解消や高血圧、脳卒中の予防にもつながります。むくみを解消することで見た目の変化も期待できるのは嬉しいですね。

ホットりんごダイエットについて知っておきたいこと⑥ 疲労回復効果がある

ホットりんごに含まれている「りんご酸」には疲労回復効果があります。

りんご酸は疲労回復の他にも、殺菌効果やストレス解消、新陳代謝を高める効果などがあります。新陳代謝が上がると痩せやすい体質に変化するので、ダイエットには嬉しい効果ですね。

ホットりんごダイエットのまとめはいかがでしたか?ホットりんごダイエットは見た目だけでなく、体の中からきれいにしてくれるのが嬉しいですよね。また、調理の仕方によりアレンジができるので、長期間でも飽きずに続けられそうです。興味のある方は是非、実践してみてください。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!