「よく噛むダイエット」の方法

出典:www.perthwoman.com.au

よく噛むダイエットの方法ですが、一口をだいたい30回以上噛むことを目安に行います。

ポイントは両方の頬で噛むことです。癖がある方は片方で噛んでしまいがちですが、片側ばかり使っているとそちらばかり筋肉が付き、顔の歪みにもつながってしまいます。できるだけ両側をまんべんなく使うように気を付けましょう。

また、慣れるまではなかなか一口を30回噛むのは大変かもしれませんが、噛んでいる間はなるべく飲み物を飲まないようにすると噛み続けることができます。それでも噛むのが苦手な場合は、玄米や根菜類など固い食材をメニューに取り入れても良いかもしれません。

よく噛むことがダイエットに重要な理由① 食べ過ぎ防止になる

よく噛むダイエットを行うと食べ過ぎを抑えることができます。

よく噛んで食事をすると脳が刺激されて、食欲を抑える「ヒスタミン」という物質が分泌されます。通常の食事だと10〜15分程度で満腹感を感じますが、よく噛むことでいつもよりも少ない量の食事で満腹感を得ることができ、食べ過ぎを防止することができるのです。

一口ずつゆっくり食事をすることで、料理の味もしっかりと実感することができます。人は濃い味付けばかり食べているとその味付けに慣れてしまいますが、塩分の多い食事は健康にも良くありません。しかし、よく噛む習慣をつけていれば、薄味でも食事を楽しむことができるのです。

よく噛むことがダイエットに重要な理由② 小顔効果

出典:www.lifehack.org

よく噛むダイエットでは、顔のシェイプアップも期待できます。

顔の筋肉の70%は口の周りにあるので、よく噛むことで顔の筋肉を鍛えることができます。筋肉を適度に鍛えることで、シワやたるみを防止するだけでなく、血行も良くなりむくみの改善にもつながります。その結果、スッキリとした小顔を目指すことができるのです。

なかなか難しい顔のシェイプアップですが、食事の仕方を少し変えるだけで実現できるなんて嬉しいですよね。

よく噛むことがダイエットに重要な理由③ 美肌効果

スポンサーリンク

よく噛むダイエットでは美肌効果が期待できます。

よく噛むと唾液の分泌が活発になりますが、唾液に含まれている「パロチン」という成長ホルモンの一種には、美容に嬉しい効果がたくさんあります。

パロチンの主な効果ですと、骨や歯の再石灰化を助ける効果や、皮膚の新陳代謝を活発にする効果、体を若返らせる効果などがあります。皮膚の新陳代謝を高めることで、シミやシワなど肌の老化現象の予防にもつながります。

ちなみにこのパロチンは壊れた組織を修復する作用もあるので、白内障や更年期障害の治療薬としても使われているとても優秀な物質です。それをよく噛むことで増やせるなら、是非活用したいですよね。

よく噛むことがダイエットに重要な理由④ ストレス解消効果

出典:www.ehealthtalks.com

よく噛むことで体の緊張が和らぎ、ストレス解消効果が期待できます。

噛む動作を繰り返すと「セロトニン」という自律神経のバランスを整える物質が増え、心をリラックスさせ集中力を高めることができます。スポーツ選手などが集中力を高めたい時にガムを噛むのはこのためですね。

仕事や人間関係など何かとストレスの多い世の中ですが、午前中のストレスは昼食で、午後のストレスは夕食で、少しずつ発散してストレスのない生活を目指しましょう。

よく噛むことがダイエットに重要な理由⑤ 虫歯・歯周病の予防

よく噛むと虫歯や歯周病を防ぐことができます。

虫歯は虫歯菌によって起きますが、唾液には虫歯菌が作る酸を薄める働きや、虫歯になりかかった歯の表面を元に戻す効果、細菌感染を防ぐ効果などがあるため、よく噛んでたくさん唾液を分泌することによって、口内トラブルの予防につながります。

よく噛むダイエットのまとめはいかがでしたか?道具も準備も必要なく、いつでもどこでも始められるのが最大の魅力ですよね。30回噛むことに慣れてきたら、40回、50回と噛む回数を増やせばさらに効果を高めることができます。

ダイエットを始めてすぐに大きな体型の変化を実感することは難しいかもしれませんが、長期的に見ると健康面での嬉しい効果がたくさん期待できるので、是非実践してみてください!

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!