夜バナナダイエットの方法とポイント

出典:twobananabloggers.com

夜バナナダイエットの方法はいたってシンプルです。夕食の代わりにバナナを1本から2本良く噛んで食べます。この時、良く噛むことがポイントです。しっかりと噛むことで満腹中枢が刺激され、バナナ2本でも食欲を満たすことができます。

また、食事の際はコップ1杯の常温のミネラルウォーターを飲みます。お水を飲むことで代謝を上げ、さらにダイエット効果を高めることができます。

こちらが夜バナナダイエットの方法なのですが、「夕食がバナナだけだと元気が出ない!」という方もいらっしゃるかと思いますし、いくらバナナの栄養が豊富だとしてもずっと続けていると栄養バランスの面も心配になります。

そのような場合には、バナナの置き換えよりも即効性は落ちますが、夕食の約30分前にバナナを食べて、その後に夕食を食べるといった夜バナナダイエットもあります。

夕食前にバナナを食べることでお腹がいっぱいになり、いつもよりも食事量を減らせるというわけです。こちらなら健康面の心配も少なくダイエットを続けられそうですよね。食前にバナナを食べる方法でも、早い方ではダイエットを始めて10日程度で体の変化を感じられるそうです。

そして、食事の時間ですが、できるだけ18時から20時までには済ませるようにしましょう。夕食を早めに済ませることで、過度な栄養の吸収を抑えることができます。

また、食後にすぐ寝ると胃腸への負担をかけてしまいますが、落ち着いてから寝ることで負担を抑え、ぐっすりと眠ることができます。

夜バナナダイエットが注目される理由① 脂肪吸収を抑えてくれる

出典:www.biranger.jp

夜バナナダイエットでは、脂肪吸収と脂肪燃焼の効果が期待できます。

通常、夕食を摂ると血糖値が上昇し、そのまま寝ると脂肪を吸収してしまいます。しかし、バナナに含まれる成分が血糖値の上昇を抑えてくれるので、脂肪吸収を予防してくれ、さらに脂肪燃焼を促進してくれると言われています。

夜バナナダイエットは運動が必須ではないので、時間のない方にはありがたいですよね。

夜バナナダイエットが注目される理由② むくみの予防になる

スポンサーリンク

夜バナナダイエットにはむくみ予防の効果があります。

バナナにはカリウムが豊富に含まれていますが、カリウムには余分な水分や老廃物を体外に排出する働きがあります。バナナを夜に食べることでカリウムが働きかけ、むくみの解消を促してくれるのです。

寝起きのむくみが気になる方には、夜バナナダイエットは特におすすめです。

夜バナナダイエットが注目される理由③ 便秘解消効果

出典:jp.pinterest.com

夜バナナダイエットには便秘解消効果が期待できます。

バナナには食物繊維と整腸作用のあるペクチンが豊富に含まれているので、便秘解消に効果があると言われています。それらを昼間ではなく夜に摂取することで、寝ている間に腸に作用して、お通じをより良くしてくれます。

便秘に悩んでいる方には嬉しい効果ですね。食物繊維とペクチンで頑固な便秘に挑みましょう。

夜バナナダイエットが注目される理由④ リバウンドがしにくい

夜バナナダイエットはリバウンドがしにくいと言われています。

ついつい食べ過ぎてしまいがちな夕食ですが、夜バナナダイエットではカロリーを抑えることができます。カロリーを抑えた食生活を送る習慣をつけられれば、ダイエットをやめてからも食べ過ぎを防ぐことができ、ダイエットの大敵であるリバウンドもしにくくなります。

ストレスの多いムリなダイエットを続けると、せっかく減量に成功してもリバウンドの心配がありますが、夜バナナダイエットで生活習慣を改善できればリバウンドを予防できるかもしれませんね。

夜バナナダイエットについてのまとめはいかがでしたか?夜バナナダイエットはバナナさえあれば始めることができるので、簡単に実践できそうですよね。

夕食をバナナだけにすることに抵抗がある方は、食前にバナナを食べる方法で試してみてください。普段夕食を食べ過ぎてしまう方や、頑固な便秘にお悩みの方にはおすすめのダイエットと言えそうです。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!