豆ダイエットって何?

出典:magazine.shokuikuclub.jp

豆ダイエットとは、大豆や小豆などマメ科の植物を食事に取り入れることで、減量を目指すダイエット法です。1日に食べる豆の量はスプーン2杯程度からでOK。面倒な運動や辛い食事制限の必要がないのは最大の魅力ですよね。

ただし、注意点がいくつかあります。まず、ピーナッツやピスタチオは油が多く、ダイエットには不向きなので、豆ダイエットで食べる豆に含まれないので気を付けましょう。また、コーヒー豆はマメ科ではないので、コーヒーを飲んでも豆ダイエットにはカウントされないので注意してください。

豆ダイエットは食事制限をしない分、すぐに成果を出すのは難しいようですが、数か月くらいで効果を感じ始める方が多いようなので、慌てずにじっくりと続けてみてください。

豆ダイエットの効果① 内臓脂肪を落としてくれる

出典:www.adventistonline.com

豆ダイエットでは、通常では落としにくい内臓脂肪を減らす効果が期待できます。

豆の中でも特に大豆には大豆タンパク質が含まれていて、この大豆タンパク質に内臓脂肪を減らす効果があるとされています。

内臓脂肪が溜まっていくとメタボリックシンドロームと判定され、心筋梗塞や脳梗塞などの病気になる可能性が5倍から36倍に上がるとも言われています。健康のためにも内臓脂肪は溜めないようにしたいですよね。

ちなみに、大豆を水煮にすると大豆タンパク質が煮汁に溶け出てしまうので、大豆は蒸し大豆などにして食べるようにしましょう。

豆ダイエットの効果② 代謝が上がる

豆ダイエットでは代謝を上げる効果が期待できます。

普段の食生活では栄養を満遍なく摂ることは難しく、偏った食生活を続けていると代謝が落ちてしまいます。しかし、豆にはミネラル類などの栄養が豊富に含まれているので、落ちてしまった代謝を改善することができるのです。代謝を上げて、脂肪を燃焼しやすい体質に変えていきましょう。

代謝が上がればダイエットをやめた後も痩せやすい体質に変わっているので、リバウンドの心配が少なくて済むのは嬉しいですよね。

豆ダイエットの効果③ 便秘解消効果

スポンサーリンク

豆ダイエットでは便秘解消効果が期待できます。

豆に含まれる食物繊維の量はゴボウよりも多いとされていて、野菜の中でも上位にランクインしています。有害金属を排出する効果もあるので、体内のいらないものをすべて排出し、体の中からキレイになりましょう。

これを機会に体の中から毒素を排出して、リセットするのも良いかもしれませんね。

豆ダイエットの効果④ アンチエイジング効果

出典:jp.pinterest.com

豆ダイエットではアンチエイジング効果が期待できます。

豆には抗酸化作用を持つタンパク質やビタミンEが豊富に含まれていて、これらがアンチエイジング効果を発揮してくれると言われています。その他にも美肌効果や骨を丈夫にする効果もあると言われていて、若返りには嬉しい効果が盛りだくさんです。

ダイエットだけでなく、美容や健康にも良いのは嬉しいですよね。

豆ダイエットの効果⑤ 満腹感を得やすい

豆は満腹感を得やすい食べ物とされています。

豆の9割は水に溶けにくい不溶性食物繊維でできています。これは食べるとお腹の中で膨れるため満腹感が得やすいとされています。

また、豆を消化する時に発生するペプチドという物質には、脳を刺激して満腹を感じるホルモンを出す作用があると言われています。これを上手く利用して、できるだけ食前や食事の最初に豆を食べるようにすれば、いつもよりも食事の量を減らすことができそうですよね。

ついつい食べ過ぎてしまう夕食でも、豆料理を取り入れれば満腹感を得やすく、食事量を抑えることができます。

豆ダイエットの嬉しい効果のまとめはいかがでしたか?豆は栄養が豊富なので、豆ダイエットは美肌効果や便秘解消など嬉しい効果が多いのが魅力的でした。ただし、口コミを調べてみると、なかなか短期間では効果を実感しにくいのが難点のようです。

豆ダイエットでは、豆を食べていれば3食いくらでも食べて良いというものではないので、食べ過ぎには注意してください。また、軽い運動などを取り入れてみると早く効果を実感できるかもしれません。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!