ジム通いでダイエットできる?

出典:slism.net

「ジムでは痩せない」と思い込んでいる人も多いのではないでしょうか。確かに、ジムは即効性のあるダイエット方法ではありません。ですが、継続することで痩せやすい体に導いてくれるのでとってもおすすめの方法です。

急激なダイエットをすると、代謝が落ちてリバウンドをしてしまうことも少なくありません。一時的に体重は落ちても、痩せにくい体になってしまうんです。

ですが、ジムではしっかり筋肉を付けるため、代謝がよい体になっていくんです。筋肉がつくことで重くなりますから、体重が変わらなかったり、一時的には増えてしまうこともありますが、それを乗り越えれば痩せやすい体になれるのです。

また、適度に筋肉を付けることで、気になる二の腕なども引き締まってスリムに見えますよ。

ジムでダイエットするときのコツ

出典:wallpaperbackgrounds.com

ジムで大切なのは、無酸素運動と有酸素運動の組み合わせ方です。筋トレは無酸素運動です。無酸素運動だけでは、脂肪を燃焼させることはできません。

ですから、ランニングやバイクなどの有酸素運動も取り入れなくてはいけません。有酸素運動は無酸素運動をした後に行うことで脂肪が燃焼されやすくなります。無酸素運動をしていると文字通り体の酸素が不足します。この不足した状態で有酸素運動をすると酸素を吸収しやすくなり、脂肪も燃焼しやすくなるのです。

無酸素運動は、有酸素運動を行って心拍数を上げた後に行うとより効果的です。「有酸素運動→無酸素運動→有酸素運動」の順番で行うのが最もダイエット効果が上がります。

また、ジム通いは週2〜3回で続けるのが一番効果的です。筋肉は一度鍛えた後休ませる必要があるため、2日続けて鍛えても逆効果になってしまいます。

鍛える筋肉はどこでもよいのではなく、まずは大きな筋肉から鍛えていきます。大きな筋肉を鍛えることで基礎代謝のアップが期待できます。

ダイエットのためのおすすめメニューは6つのステップ!

出典:www.allwomensites.com

それでは、ダイエットにおすすめのメニューを具体的に見ていきましょう。

ステップ① 有酸素運動

まずは有酸素運動を行い、心拍数を上げます。有酸素運動は少し息が切れる程度で頑張りましょう。15〜20分が目安です。

ステップ② 腹筋を鍛える

スポンサーリンク

アブドミナルというマシンを使って行います。無理に上体を上げる必要はなく、自分のおへそを見るように意識しましょう。腹筋を意識して行うとより効果的です。

ステップ③ 背筋を鍛える

ラットプルダウンというマシンを使います。「背中の肉はそんなに気になっていないんだけど」という人も多いかもしれませんが、背中の筋肉を鍛えることはダイエットに重要なんです。

背中の筋肉は非常に大きい筋肉ですので、鍛えることで基礎代謝アップが期待できます。

ステップ④ 脚の筋トレ

レッグエクステンションというマシンを使います。太ももの裏側や膝の上の筋肉を鍛えます。太ももも大きな筋肉なので代謝アップ効果が期待できます。

また、脚の筋力がアップすると血流もよくなり、ダイエット効果が高まり、むくみ防止にも効果的ですよ!

ステップ⑤ 胸筋を鍛える

チェストプレスというマシンを使うトレーニングです。胸筋のほかに二の腕や肩周りにも効果があります。バストアップにも効果的です。

ステップ⑥ 有酸素運動

最後にもう一度有酸素運動を行います。この時は20分以上は行うようにしましょう。

ペースははじめと同じくらいで少し息が切れる程度です。脂肪燃焼効果が高まっているので、20分以上できる時は無理のない程度でたくさん行ってください。

まずはこの6つのステップでトレーニングを行いましょう。慣れてきたら+αで気になる部位を引き締めるトレーニングも追加していくとより効果的です。

効果を上げたいならトレーナーに頼もう!

さらに効果を上げたいのなら、トレーナーに見てもらうのがおすすめです。トレーナー付きというとライザップなどを思い浮かべるかもしれませんが、一般的なジムでもトレーナーに見てもらうことはできます。

まずはジムにいるスタッフにアドバイスをもらうという方法があります。これは多くのジムの場合無料ですのでどんどん活用しましょう。特に、停滞期に入った時にアドバイスをもらうとよいでしょう。

さらにマンツーマンでのトレーニングを希望することもできます。1回いくらというところが多いので、月に1回だけ見てもらうといった利用方法もできますし、みっちりメニューを組んでもらうという方法もあります。お好みの方を選んでみてください。

ジムでのダイエットは、短期間で効果を出すというものではありませんが、定期的に継続して通えば結果はついてくるものです。時間がかかっても、痩せやすい体になりたいという人におすすめです。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!