ホットヨーグルトって?

出典:matome.naver.jp

①ホットヨーグルトのダイエット効果が注目されている

ホットヨーグルトとは、人肌程度の温度に温めたヨーグルトのこと。

ヨーグルトといえば冷たいまま食べるもの、という固定観念がありますが、じつは温めても美味しくいただけます。適度な酸味がプラスされるので、「冷やしたヨーグルトよりもホットの方が好み」、という人もいるはず。

近年、このホットヨーグルトをダイエットに取り入れる、「ホットヨーグルトダイエット」が注目されています。

②なぜヨーグルトを温めるの?

冷たいままでも美容効果や健康増進に効果的と言われてきたヨーグルトですが、なぜ温めるのでしょうか?

その理由は、温めることでカルシウムなどの有効成分の吸収が促進されるから。また、腸を冷やさずに済むため、乳酸菌の活動を妨げないで済む点もポイントです。

冷蔵庫で冷やしたヨーグルトを直接食べると、胃腸が冷えてしまい代謝が低下するので、ヨーグルトでダイエットをしようと考えている人は、まず「温める」ことから始めてみてください。

ポイント

ヨーグルトを温めることで、有効成分をより効率的に吸収することができる。内臓を冷やさなくて済むため、代謝を低下させる心配もなし♪

ホットヨーグルトダイエットの効果

出典:prestige.smt.docomo.ne.jp

次に、ホットヨーグルトダイエットの効果について見ていきましょう。

①カルシウムで脂肪吸収を防いでくれる

ヨーグルトに含まれるカルシウムは、脂肪を蓄積しようとする副甲状腺ホルモンの分泌を抑えてくれる働きがあります。

カルシウムが不足すると、この副甲状腺ホルモンが血中に多く分泌されてしまい、カラダが「脂肪を蓄えなくては!」と、必死に脂肪を吸収しようとしてしまうのです。カルシウム不足の人が太りやすいのは、このメカニズムがあるからなんですね。

そこで、ホットヨーグルトの出番です。ヨーグルトを加熱することで、冷えた状態よりもカルシウムなどの有効成分が活発化し、体内に吸収されやすくなります。そのため、脂肪を過剰に摂取しやすい体質を改善することに役立ち、ダイエット効果が期待できるのです。

②便秘解消で代謝アップ

通常の冷たいヨーグルトに比べて、ホットヨーグルトは便秘解消にもより効果的だと言われています。

ヨーグルトが便秘解消につながる理由は、腸内環境を整えてくれる善玉菌が増加し、腸のぜん動運動を活発にするからです。善玉菌が活発に活動するためには、ある一定の温度が必要。そのため、人肌に温めたヨーグルトを摂取することで、腸内がより正常化され、便秘解消効果が高まるのです。

便秘が解消されると代謝がアップするため、ホットヨーグルトを続けているうちに痩せやすいカラダに変化していくんですね♪

③良質な睡眠を実現

スポンサーリンク

ヨーグルトには、「トリプトファン」という栄養が含まれています。トリプトファンは、精神を安定させる効果がある「セロトニン」の材料となります。

また、セロトニンは睡眠ホルモン「メラトニン」の材料でもあるため、トリプトファンをしっかり摂取することが、メラトニンの分泌に繋がるのです。

良質な睡眠は痩せやすいカラダ作りには欠かせません。睡眠中は成長ホルモンが多く分泌されるので、脂肪の分解が効率的に行われます。効果的なダイエットのためにも、トリプトファンを含むヨーグルトを摂取しましょう。

ポイント

冷たいヨーグルトよりも効率的にダイエットができるホットヨーグルト。カルシウムによる脂肪吸収の抑制や、便秘解消、良質な睡眠など、メリットがたくさん♪

ホットヨーグルトの作り方

ホットヨーグルトといっても、ただ電子レンジでヨーグルトを温めれば良いというわけではありません。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は高温になると死滅してしまい、その効果が得られなくなってしまいます。そのため、最も重要なポイントは、人肌程度の温度(37〜40度)に加熱することです。

作り方は次のとおりです。

ホットヨーグルトのレシピ

出典:cookpad.com

材料
プレーンヨーグルト100g
水(ヨーグルトの分離を防ぐため)大さじ1
はちみつ(またはオリゴ糖)適量
作り方
①耐熱容器にヨーグルトを入れ、水を加えて混ぜ合わせなじませる。そこに、好みの量のはちみつを入れる。(オリゴ糖で代用してもよい)
②電子レンジに入れて加熱する。(500wで40秒、600wで30秒)
③電子レンジから取り出し、ヨーグルトの温度が均一になるように混ぜる。

甘味料が含まれているものではなく、プレーンタイプを選ぶようにしてください。「甘くするのが苦手」という人は、オリーブオイルを使うと食事の代わりとしても楽しめます。

摂取量は100gを厳守する必要はありません。分量を変える場合でも、人肌程度になるように加熱時間を調整することがポイントです。

ポイント

ホットヨーグルトダイエット成功の鍵は、「温度」にあり! 加熱しすぎると乳酸菌が死んでしまう。人肌に温めて、はちみつやオリゴ糖でいただこう。

ホットヨーグルトを食べるオススメの時間帯

このように、ダイエット中の人には嬉しいホットヨーグルトですが、どのタイミングで食べるとより効果的なのでしょうか?

カルシウム不足を補うために食べるならば、基本的にはいつでもOK。とくに、夕食後に摂取すると、効率的にカルシウムを吸収できます。

しかし、便秘解消とダイエットを同時に実現したいのならば、「腸のゴールデンタイム」と呼ばれる22時〜2時がオススメ。

この時間は腸が活発に活動する時間なので、寝る前にホットヨーグルトを取り入れることで、より効率的な整腸作用が見込めるのです。

このように美容と健康にも効果的なホットヨーグルトダイエット。ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ポイント

ホットヨーグルトは「腸のゴールデンタイム」である22時〜2時に取り入れるのがオススメ! 寝る前に食べると、良質な睡眠に導いてくれるという嬉しい効果も♪

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!