二重顎の原因は?

出典:www.bellavou.co.uk

二重顎は太っていることが原因の場合もありますが、痩せた体型の人でもなる場合があります。まずは原因を知ることで、正しい解消方法を選ぶことができるようにしましょう。

脂肪

二重顎の原因の1つは、脂肪、つまり肥満によるものです。確率的に痩せている人よりも、太っている人の方が二重顎は多く見られるでしょう。

体重が増えて体が大きくなると、それに比例して顔にも脂肪が付きます。そのせいで、二重顎になってしまうのです。体重を減らすと顔もスッキリしてくるかもしれません。

筋力の低下によるたるみ

あごの周りの筋力が低下しているために二重顎になっていることも考えられます。食事の時に、噛む回数が少ないことや、固いものを食べる習慣がないことなども筋力低下の原因となります。

また、顔に20以上あると言われている表情筋を使わないと、筋力が低下したるみが生じます。あまり話さない方や、笑わない方などはこの傾向が見られるかもしれません。

さらに、パソコンやスマホなどを見る時間が長く、前のめりの猫背の姿勢の方も顎の周りの筋力が低下し、二重顎になってしまうこともあるでしょう。鼻呼吸ではなく口呼吸をして口がいつもだらっと開いている場合も、顎の周りの筋力が低下してたるみが生じることがあります。

むくみ

二重顎になっている原因としてむくみも考えられます。特に、あごの周りはリンパ管やリンパ節が多くあるため、リンパの流れが悪くなると体の余分な水分や老廃物が排出されずにむくみが生じることがあります。

また、リンパの流れが悪くなりむくみが生じる原因としては、塩分の摂り過ぎやアルコールの飲み過ぎ、運動不足、冷えなどが挙げられます。

二重顎の解消方法 〜筋肉を鍛える〜

二重顎の解消方法として即効性があり効果的なのは、顔の筋肉を鍛えることです。脂肪、筋力低下、むくみといった二重顎のどの原因にも効果が見られるはずです。では、どのように鍛えれば良いのか、その方法をご紹介します。

舌を動かすエクササイズ

方法
①舌先が自分で見えるくらい、目一杯、舌を前へ突き出します。そして、両肩は下げたまま、5秒ほどキープします。
②次に、舌先で顎をなめられるくらいまで、下に舌を伸ばします。これも両肩を下げたまま、5秒ほどキープします。
③今度は、鼻をなめるような感じで、上へ舌を伸ばします。両肩を下げたまま、5秒ほどキープします。
④次に、舌を右側に思いっきり出します。その時、左肩だけを下に下げ、5秒ほどキープしましょう。
⑤今度は反対に、舌を左側に思いっきり出します。右肩だけを下に下げ、5秒ほどキープしましょう。
⑥最後に舌を右回り、左回りにそれぞれ1周させます。

即効撃退!「二重あご」を解消する5つの簡単エクササイズ| ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!

詳細はこちら!

この舌を動かすエクササイズをすることで、下顎の筋肉を動かし鍛えることができます。毎日行ってみましょう。個人差がありますが、割と即効性を期待でき、1週間ほどで効果を感じる方が多いようです。

スポンサーリンク

ガムを噛む

出典:www.personalcaredentistry.com

二重顎の解消に筋肉を鍛えるためには、顎をとにかく使うことが大切です。食事の際にはよく噛むこと、普段は話をしたり、表情豊かに笑ったりして表情筋を使うことを意識しましょう。

ただし、仕事や家で四六時中笑ったり、話したりできるわけではないですよね。そこで役立つのが、ガムを噛むことです。ガムを噛んで顎の筋肉を使いましょう。

噛みごたえのある方が良いので、板ガムなら1~2枚、粒ガムなら2~3粒を1度に咬みましょう。そして、ただ噛むだけではなく、ガムを10回ほど噛んで、10回目に力を入れて5秒ほど噛んだままにします。それを左右両側、同じ回数、同じ力で行うようにしましょう。

左右を噛み終えたら、口を大きく開けて10秒キープするとなお効果的とされています。

ポイント

二重顎解消には、普段使っていない顔の筋肉を使うことが大切!舌を動かすエクササイズをしたり、ガムを噛んで鍛えよう!

二重顎の解消方法 〜日常生活で意識できること〜

二重顎の原因からも分かるように、日常生活でちょっと意識することで二重顎の解消につながってきます。いくつか方法を挙げていきますので、毎日の生活の中で改善を図ってみませんか?

姿勢を正す

出典:woodenitbeamazing.com

パソコンに向かう時間が長いと前のめりの姿勢になります。さらに、スマホを見る時間が長いと下を向いてしまい、猫背の姿勢になります。

姿勢を正すことで顎の位置が変わり、顎のあたりの筋肉が働くようになります。たるみの解消にもなります。また、筋力が付いてくるとリンパの流れも良くなり、水分や老廃物が溜まるむくみの解消につながってもくるでしょう。

さらに、口呼吸になっている方は、鼻呼吸をして口元がいつも閉まっている状態を意識することも、顔の引き締めに効果が見られるはずです。姿勢を正して、口をしっかりと閉じているかを常に意識しましょう。

ストレッチ

二重顎の原因にむくみがありました。ですから、血流やリンパの流れを日々良い状態にしておくことは大切です。そのためにストレッチを行いましょう。

例えば、姿勢良く立ち、顔は天井を見上げます。そして、「あ・い・う・え・お」とゆっくりと大きな口を開けて言うだけのストレッチ方法もあります。

これを毎日時間のある時に行うだけで、顔の血流やリンパの流れも良くなるはずです。さらには、全身のストレッチを行うこともオススメです。お風呂上がりなどに意識して行っていきましょう。

ポイント

毎日の積み重ねが身体を作っていく。口を閉じて姿勢を正し、顔や体の血流やリンパの流れを良くするストレッチで顎スッキリに!

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!