耳つぼシールダイエットとは?

出典:mery.jp

耳には足の裏や手のひらと同じように、つぼがたくさん集中しています。中にはダイエットにいいつぼもあるんです。シールを貼ることによって刺激して、ダイエット効果をアップさせます。

耳つぼダイエットは以前は、整体やエステなどで行っていましたが、自分で簡単にできるのがこの耳つぼシールダイエットの特徴です。

医学的な根拠はあるの?

出典:matome.naver.jp

耳のつぼを刺激するだけでダイエットになるなんて、医学的な根拠はあるのでしょうか?人間の体には365カ所つぼがあります。そのうち110カ所が耳に集中しているんです。小さな耳に110カ所ものつぼがあるなんて驚きですよね!

1956年にフランスの神経科医ポール・ノジェ博士は、耳つぼは体の各機関とつながっているということを発見しました。普段かかっている西洋医学ではあまりなじみがないかもしれませんが、東洋医学でも活用されているんですよ。

耳のつぼの中には食欲を抑えるつぼや、脂肪を燃焼させるつぼなどもあります。これを刺激することでダイエットに効果があると言われているんですね!貼り方は次の章で紹介します。

ポイント

耳にはたくさんのつぼが集中していて、食欲を抑えるつぼや、脂肪を燃焼させるつぼなども存在する。

効果的な貼り方は?

耳つぼシールはただ貼ればいいというわけではありません。効果的なつぼを刺激するように貼りましょう。

ダイエットに効果的な5つの耳つぼ

耳つぼシールはどの場所に貼るのが効果的なのでしょうか。5つの耳つぼをご紹介します。

出典:www.esthetic.cc

①飢点

耳つぼダイエットで一番重要な「食欲を抑えるつぼ」です。耳の穴の前のとがっている部分の下の方にあるくぼみが飢点です。食事の10〜15分前に指で刺激をすることで、食べ過ぎを防止できますよ。

②神門

ダイエットの敵であるストレスを抑えるつぼです。ストレスがたまるとやけ食いしてしまうだけでなく、新陳代謝が悪くなって太りやすくなってしまうんです。神門は、耳の上部にあるY字型の軟骨のくぼみにあります。

③肺

スポンサーリンク

肺のつぼは飢点の下あたりにあります。肺がなぜダイエットに関係しているのかと不思議に思われるかもしれませんが、こちらも非常に重要なつぼなんです。血糖値を抑える効果があり、食欲もコントロールしてくれます。インスリンの分泌を抑えることもできるので、低インスリンダイエットにもつながります。

④胃

胃の動きを正常にして消化機能を高めてくれるつぼです。胃のつぼは耳の中央の軟骨の下にあります。食べ過ぎた時に刺激してもよいでしょう。

⑤内分泌

耳のくぼみの一番下、耳たぶの上あたりにあるつぼです。食欲中枢のすぐ近くにある内分泌中枢につながっています。女性ホルモンのバランスを整えてくれる働きがあります。ホルモンバランスの乱れも肥満の原因になってしまうことがありますので、こちらにも貼っておきたいですね。

自分でうまく耳つぼシールを貼れない時は?

自分で耳つぼシールを貼るのが難しい人は、家族や友達などに貼ってもらいましょう。つぼをしっかり押さえないと意味がないので、自分でずれたところに貼るよりも人に貼ってもらった方が効果的です。

また、耳つぼシールを貼ってくれる整体やサロンもありますので、はじめは貼ってもらって正しい位置を確認してから自分で貼るようにした方が確実かもしれませんね。

ポイント

耳つぼシールは、ダイエットに効果的なつぼにしっかり貼ることが重要。まずはつぼの場所をしっかり確認しよう!

耳つぼシールはどこで売っているの?

出典:kihouseki.com

耳つぼシールを貼ってみたい!と思ったけれど、どこに売っているのかわからないという人も多いのではないでしょうか。販売店をご紹介しますね。

ドラッグストア

耳つぼシールはドラッグストアなどで販売しています。といっても取り扱いのある店とない店があるので、ダイエット商品などをたくさん扱っているお店をチェックしてみるのがよいでしょう。その他、ドン・キホーテなどでも販売していますよ。

通販ショップ

楽天市場やamazonなどの通販ショップでも耳つぼシールはたくさん販売されていますよ!通販というと送料がネックかもしれませんが、送料無料のものもありますのでチェックしてみてください。

激安のものでも効果はある?

耳つぼシールの値段は20粒で300円のものもあれば、2,000円のものもありさまざまです。安いものでも効果はあるのでしょうか?

値段の違いはデザインの違いの方が多いようです。耳つぼジュエリーと呼ばれるおしゃれなものは値段が高いですが、チタン製のものですと安くなります。ですから、値段によって効果の差はほとんどないと思います。それよりも貼る場所が大切ですので、まずは安いもので試してみてもよいかもしれませんね!

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!