うまくいかない原因は飲み物にあった!

出典:jp.pinterest.com

食べ物には気をつけているのになかなか痩せない…そんな方は飲み物が原因かもしれませんよ!飲み物で痩せにくくなる原因について、以下にまとめてみました。

飲み物のミスチョイス

  • 炭酸飲料やジュース
  • カロリーオフ飲料
  • 砂糖やミルクの入った紅茶・コーヒー

以下のような飲料をよく飲むという方は要注意。実は炭酸飲料やジュースは砂糖だらけ。

飲み物の砂糖含有量
コーラ500ml55g
カルピス500ml66g
オレンジジュース480ml48g
缶コーヒー(有糖タイプ)200ml15g

ショートケーキ一切れの砂糖はおよそ30gですので、それよりはるかに多い砂糖が含まれていることがわかります。これではいくらお菓子を我慢していても意味はないですよね。

カロリーオフ飲料にも要注意。逆に体がエネルギーを欲し、食べ過ぎを招いてしまうことがあるからです。またこういった飲料には人工甘味料が含まれており、発がん性やうつ病の誘発など様々な病気の危険性が指摘されています。ダイエッターならずともカロリーオフ飲料は飲まないほうが安全です。

飲み物オンリーのダイエット

飲み物だけでダイエットしようとするのも失敗を招きがちです。短期間集中で痩せたいというのならば効果はあるかもしれませんが、その後食生活を元に戻せば結局はリバウンドしてしまうからです。本来飲み物だけでは栄養が十分に摂取できないため、ダイエットどころか体に良くありません。

ポイント

クレンズジュースダイエットという方法もあるが、それでも実施期間や前後の食生活について細心の注意を払う必要がある。飲み物系ダイエットは初心者が安易に行うものではない。

ダイエット中に飲むべき飲み物・4つ

それではダイエットを助ける飲み物とは一体なんでしょうか?その効果と共に以下にご紹介します。

①白湯

出典:yururila.com

白湯とは沸騰したお湯を冷ましたもの。「白湯ダイエット」があるように、白湯には嬉しい効果がいっぱい!

  • 体を温め基礎代謝アップ
  • 腸の動きを活発化し便秘解消

お湯を冷ますという手間がかかりますが、ダイエットにはぴったりの飲み物です。

②炭酸水

出典:www.huffingtonpost.com

炭酸水は炭酸飲料とは異なり甘味料は入っていないのでダイエット中もOK。むしろ炭酸によって空腹が紛れるという嬉しい効果もあります。炭酸水には天然のものと炭酸を後から添加した人工のものとがありますが、品質には問題がないのも安心できるポイントです。

③ブラックコーヒー

出典:en.wikipedia.org

コーヒーと言えばカフェインですが、眠気覚まし以外にもダイエッターには嬉しい効果が。

  • 体に脂肪がつきにくくなる
  • 糖の吸収を抑える
  • がん予防
  • 有酸素運動での脂肪燃焼効果アップ

スポンサーリンク

ただし、砂糖やミルクを加えては逆効果。またアイスコーヒーの場合飲みすぎは体を冷やしてしまうので、1日3杯の上限を守りましょう。

④お茶

出典:www.bennett-shop.de

緑茶を始め、お茶もダイエット中に飲んでいい飲み物です。多くのお茶がポリフェノールを含んでおり、脂肪の吸収を抑制する効果があります。

お茶ポリフェノールの種類効果
緑茶カテキン代謝アップ
ウーロン茶ウーロン茶ポリフェノール脂肪を体外に排出する
紅茶タンニン脂肪吸収の抑制
杜仲茶クロロゲン酸脂肪燃焼、コレステロールの吸収抑制

また、カリウムやミネラルを多く含む以下のお茶はむくみや便秘に最適です。

お茶成分
ルイボスティーミネラル、SOD
麦茶ミネラル、食物繊維
ごぼう茶食物繊維

それぞれのお茶によって効果が異なるので、目的やその日の気分によって飲み分けると楽しいかもしれませんね。

どうしても甘いものがほしくなったときは…

とは言え、いきなり飲み物を変えるというのは難しいもの。そんなときは以下の飲み物や食材を使ってストレスを溜めないように工夫しましょう。

ココア

食物繊維を豊富に含むココアはダイエット中の強い味方。カフェラテやホットチョコレートに慣れてしまった人は代わりにココアを飲んでみては?砂糖の入っていない純ココアを選びましょう。

豆乳

コーヒーや紅茶に牛乳を入れたくなったら、豆乳で代用を。カロリーに大きな差はありませんが、豆乳にはビタミンB群が多く含まれています。

レモン

炭酸水にレモンを入れることで酸味が増し、満足感も増します。レモン自体もビタミンCを含んでいるので、代謝を促す抗酸化作用がありダイエットに効果的です。

自分で手作りのジュース

ジュースが飲みたくなった時の最終手段!自分で果物や野菜を使って作りましょう。果汁100%、余計なものが一切入っていないので安心して飲めます。

飲み方に注意すればもっと効果的に!

では、ダイエット中の飲み物についてどのような点に注意すればよいのか?またダイエット効果がアップするのか?以下にまとめたので要チェックです!

適量を頻繁に飲む(がぶ飲みしない)

1日の目安は1〜1.5リットル。しかし一度にたくさん飲んでしまうと、むくみの原因になってしまうことがあります。コップ1杯の水をこまめに飲むほうがダイエット効果はアップします。

常温以上のものを飲む

冷たいものを飲むと胃腸に負担がかかってしまう上、体が冷えてしまいます。できるだけ常温以上のものをとるようにしましょう。温かいものであれば、体を温めて代謝を上げることができます。

ポイント

飲み物一つとは言え侮ることなかれ。体に与える影響は多少なりともある。ここで紹介したような飲み物を積極的にとって、痩せやすい体づくりを目指そう!

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!