産後のお腹のたるみはどうして起こるの?

出典:parentscountry.com

妊娠中、お腹の中にいた赤ちゃんと共にゆっくりと大きくなったお腹は、出産後にたるんだ皮膚となります。また赤ちゃんを守っていた骨盤は産後には大きく開き、通常の位置より下がったままです。これが産後のお腹のたるみの原因です。

さらに産後もずっとこのままの状態でいると、骨盤内に内臓が落ちてお腹まわりに脂肪がつきやすくなり、たるんだお腹は元に戻りにくくなります。

産後のお腹のたるみを戻すには「産じょく体操」から!

産後の母体はとってもデリケート。とはいえ、出産で消耗した身体を取り戻すことが、すっきりしたたるみのないお腹へ近づく第一歩です。通常、産後の身体が妊娠前の身体に戻るまで6~8週間かかり、この時期を産じょく期と言います。大きくなっていた子宮が鶏卵くらいのサイズに戻るのもこの時期で、およそ4週間かかると言われています。

早くお腹のたるみを戻したい!いう気持ちはわかりますが、いきなり激しい運動などをおこなうとかえって体調を崩すことにもなるので、まずはこの産じょく期には、産じょく体操から始めるといいでしょう。

ポイント

お腹のたるみを戻すには、まず出産で消耗した身体を回復するために産じょく体操から始めよう!

産後1~2日目にできる足首運動

方法
足を腰の幅に開き、両足首を曲げたり伸ばしたりします。
ゆっくり丁寧に繰り返しましょう。

足の血行を良くして、むくみやだるさを取ります。腹筋や子宮の回復にも効果があります。

産後3~4日目からできる腕回し腹筋運動

方法
仰向けに寝て両ひざを曲げ、腰幅に開きます。
手の指を組み、息を吐いて胸とお腹をさすりながら腹筋を使い、円を描くようにゆっくり動きます。
腕を回し上げる時に、頭と肩を上げ、腹筋を意識しながらお腹を引き締めるイメージで行います。

初めての授乳や抱っこで起こる肩や腕のコリをほぐしてくれます。

ポイント

産じょく体操は体調などにあわせて、無理なく行おう!

骨盤ベルトで骨盤を正しい位置に

出典:shop.benesse.ne.jp

産じょく体操をしながら、ぜひ使っていきたいのが骨盤ベルトです。締め付けのあるガードルやニッパーなどは、産後すぐに使用するのはおすすめできません。最初はウエストやお腹を締め付けるものではなく、開いた骨盤が元に戻ろうとするのを助けるために、正しい位置に骨盤を支えてくれるものがいいでしょう。

スポンサーリンク

産後1ヶ月からはエクササイズを始めましょう!

産後1ヶ月を過ぎれば、体調を見ながら本格的なエクササイズを取り入れることができます。一般的に、産後ダイエットで痩せやすいのは産後1ヶ月~6ヶ月が目安と言われているので、この期間に様々なエクササイズを取り入れることで、産後のたるんだお腹を元に戻すことができます。

産後のお腹のたるみを解消する方法は色々とありますが、ここでは人気の高いエクササイズをいくつかご紹介したいと思います。育児の合間に簡単にできるものばかりなので、ぜひトライしてみてください。

東原亜季さんおススメ!お風呂上がりの骨盤ストレッチ

出典:saita.net

出典:saita.net

方法
仰向けに寝て、両膝を立てます。
手は体の横に置いてリラックス。右足を床から浮かせ、右膝を90度に曲げて膝から下を床と平行にします。
右膝を支点にして、膝から下を左右にゆっくり大きく動かします。このとき、膝下は床と水平を保ったまま。左足も同様に行います。
左右各10回行います。

とってもスレンダーでバランスのいいプロポーションをお持ちの東原亜季さん。現在4人のお子さんを子育て中ですが、そのプロポーションの秘密は産後の骨盤ストレッチだそうです。2人目の産後から始めたそうなのですが、みるみるうちに腰回りが細くなり、さらに悩みだったO脚もこの骨盤ストレッチで改善されました。

お風呂上がりにたった5分でできるので、ぜひ試してみたいところです。

東原亜希の骨盤ヤセ通信 第1回 | saita.net

詳細はこちら!

ヨガでリラックスしながらダイエット!

産後は慣れない育児でストレスも溜まりやすくなっています。ダイエットをしたくても、外にウォーキングに出ることも中々できません。そんな時は、心も体もリラックスできるヨガを産後ダイエットに加えてみると良いでしょう。

ヨガには様々なポーズがありますが、ここではお腹痩せにきくポーズをご紹介します。

お腹痩せに効くヨガ 門のポーズ

出典:start-diet.com

方法
両足を骨盤の幅に開き、膝立ちになります。
右足のつま先を正面に向け、右足をサイドに伸ばします。
左手を頭上へまっすぐ伸ばし、右手はももの上へ置きます。
息を吸って準備をします。
息を吐きながら左腕を伸ばし、上体を右へ傾けてストレッチします。
左足に掛けている右手には体重をかけず、腹筋を使って身体を支えます。
この姿勢をキープしたまま5回ゆっくり深呼吸します。
ゆっくりと元に戻り、手足を入れ替えて反対側も同じように行います。

慣れるまでが大変ですが、動画を見ながらコツをつかんでくださいね。またヨガには注意点があります。以下を確認した上で正しいヨガをおこなってください。

ヨガを行う際の注意点

  • 入浴の前後は避けましょう
  • 食後2~3時間は避けましょう
  • 締め付けのないリラックスのできる服装で行いましょう
  • 必ずヨガマットやバスタオルをひいて行いましょう

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!