一週間断食のダイエット効果について

出典:www.askmen.com

一週間の断食は長く辛いものです。とはいえ、結果的に驚くほどの効果があるとすれば頑張ることができますよね。では一週間断食をすることで体にどのような良い効果があるのでしょうか。

減量

一週間の断食を行うと当然体重は減ります。個人差がありますが、2~5キロ程度の体重減少が起こるようです。断食後も上手に通常食に戻していき、栄養バランスに気を付けた生活をしているとさらなる体重減少が期待できます。

病気の予防

一週間の断食を行うことで、病気の予防につながります。

内臓疾患

食べ物がありあまっている現代で人は、胃や十二指腸など内臓を酷使しています。断食を行うと食べ物の消化吸収の活動が当然行われないので、内臓を休ませることができます。

高血圧・糖尿病

高血圧は塩分のとりすぎが原因のひとつと言われています。断食は当然塩分も一切摂取しないため、血圧は安定します。

また糖尿病の原因は、乱れた食生活にあります。断食により内臓を休ませることで、糖尿病予防に効果があるとされます。

健やかに過ごせる

断食が終了して2カ月ほど経つと、体にとってさまざまな良いことが起きます。具体的には、食べ物がとてもおいしく感じる、体がエネルギーで満ち溢れよく眠れるといったものです。

ポイント

断食は減量だけでなく病気の予防にも!節制することで食べ物のありがたみも感じることができそう♪

一週間断食の正しい方法

今回紹介する断食の期間は一週間。実際に断食をする前後の準備期と復食期を含めて一週間なので、7日間を完全な断食にあてるものではありません。一週間以上断食を実行する場合、専門家の指導・管理のもとで行わなくてはならないので注意しましょう。

一週間断食を行う前に

突然一週間の断食を自宅で始めることは、大変危険です。摂食障害を引き起こしたり、栄養不足になり命にかかわることもあります。

3日間で完了するプチ断食を何度か行うことで、体をある程度慣らしてから一週間で完了する断食に取り組みましょう。最初から一週間の断食を行いたい場合は断食道場など、専門家の指導・管理のもとで行うことをおすすめします。

1日目(準備期)

予備断食を行います。予備断食とはまったく食べ物を摂取しないのではなく、少しづつ食べる量を減らして断食に備えるものです。1日目より前から少しづつ食事を減らし、この日は食事が重湯のみになるようにしましょう。水分はいつもより多めに摂取します。

2~4日目

スポンサーリンク

水分以外のものは摂取しないようにします。水分は意識してたくさん摂取します。(1日に1.5リットルから2リットル程度)水以外にも野菜ジュースやノンカフェインのお茶、酵素ドリンク等の摂取はOKです。

断食を開始して2日目が1番辛く感じるそうです。空腹感はもちろん、頭痛や吐き気に襲われる場合もあるでしょう。これは「好転反応」と呼ばれるもので、体がデトックスされる過程で良くなる前兆として起こる現象です。ここでめげずに絶食を続けると、症状は次第に軽くなります。

5〜7日目(復食期)

ここからは回復食と呼ばれるものを食べます。実はこの復食期が一番重要で、少しづつ慎重に断食前の食事に戻していく必要があります。最初の食事は重湯と具無し味噌汁をいただきましょう。ここで突然通常食に戻してしまうと胃腸に負担がかかるだけでなく、リバウンドにつながります。

回復食に適したレシピを紹介します

栄養たっぷり!玄米を使った重湯

出典:cookpad.com

材料
玄米1合
約2リットル
少量
作り方
① 玄米は洗って必ず10時間水に浸す。
② 玄米の1.3倍の量の水で炊く(塩も少量加える)。
③ 炊けたらさらに水を1リットル加えて弱火で45分煮る。
④ さらに800cc水を足し、10分火にかけザルで濾す。

3分粥・5分粥・7分粥にもアレンジできるという素敵レシピです。玄米で栄養もたっぷりとれますね。

断食の補食(回復食) 玄米粥 重湯 by danziki クックパッド 簡単おいしいみんなのレシピが236万品

詳しいレシピはこちら!

梅だけで美味しい!大根と梅を使ったレシピ

出典:cookpad.com

材料
大根1本
梅干しお好みで
適量
作り方
① 大根を3センチくらいの厚みに半月状に切る。
② 鍋に大根を並べひたひたになるまで水を入れる。
③ 味付けに梅干しをお好みで入れて、1時間煮る。

断食後は味覚が非常に敏感になっています。なるべく調味料は使わないようにしましょう。こちらは味付けは梅だけですがとてもおいしそうですね。

断食回復食 大根の梅煮 by カナカラカナウ仁香 クックパッド 簡単おいしいみんなのレシピが236万品

詳しいレシピはこちら!

ポイント

断食は突然初めて突然終わるのではなく、準備期、回復期としっかり計画を立てることが大切!

一週間断食する上で注意すべきこと

脱水症状

断食を行う上で1番怖いのが脱水症状です。通常は、食べ物からも多く水分を摂取しているため、断食中は水分が不足しがちです。意識して水分をとらないと、簡単に脱水症状を起こしてしまうので注意が必要です。命の危険につながりますので、水分摂取量は必ず守りましょう。

断食が終わったあと

断食後の食事は驚くほどおいしく感じられるといいます。それをきっかけに食欲が爆発して、ついつい食べ過ぎてしまう…ということがないよう、注意する必要があります。断食とリバウンドを繰り返してしまうと、どんどん痩せにくい体になってしまいます。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!