1ヶ月のダイエットで5キロ痩せるための基礎知識

1ヶ月のダイエットで5キロ痩せようと思ったら、食事管理や運動をハードなものにしなければなりません。まずはその理由を知っておきましょう。

脂肪を1キロ減らすには、約7,200kcal消費しないといけないとされています。1キロで7,200kcal、5キロでは36,000kcalです。これ1日あたりの数字で割ってみると、1,200kcalとなります。(1ヶ月を30日とした場合)

つまり、1ヶ月ダイエットで5キロ痩せようと思ったら、1日1,200kcalのカロリー削減をしなければならないのです。これを食事制限だけで対処しようとしたら、ほぼ食事が摂れなくなってしまいます。当然、健康的に良くありません。そこで運動を取り入れたり、簡単なストレッチなどで脂肪が燃えやすい体質に変える必要があるのです。

ポイント

無理な食事制限は体調が悪くなるどころか、リバウンドの可能性も!運動とのバランスを考えよう!

1ヶ月ダイエットで5キロ痩せるための食事方法

運動の力が大きいとはいえ、ダイエットで最も重要なのが食事方法です。1ヶ月で5キロ痩せることを目標にする場合は、以下の点に気を付けましょう。

主食は米(できれば玄米・雑穀米)にする

出典:mery.jp

まずは主食を米だけにしましょう。それも白米でなく玄米や雑穀米にすることが望ましいです。白米と玄米・雑穀米にはカロリーの差がそれほどありません。

  • 白米→252kcal
  • 玄米・雑穀米→248kcal

しかし、玄米・雑穀米には白米の約4倍も食物繊維が含まれています。そのため満腹感を感じやすく、また便秘解消にも効果的です。どの主食よりも固く、噛み応えがあるのもポイント。咀しゃく回数が多いと満腹中枢を刺激するため、食事量を減らすことができます。

なおパンやパスタ類は腹持ちが悪く、ダイエットには向かないとされています。

おかずは和食を中心に

1ヶ月で5キロ痩せるには、おかずによるカロリー摂取も抑えたいところ。自宅でも外食でも、和食中心にした献立をを心がけましょう。洋食と和食ではこれだけカロリーに差があります。

  • 焼魚定食(白米・焼魚・副菜・味噌汁・漬物・焼きのり)→509~572kcal
  • 洋風ハンバーグ定食(白米・ハンバーグ・サラダ・汁物・漬物)→929kcal

洋食から和食中心にするだけで、約200~300kcalのカロリー削減につながります。ただし和食を食べる際には、塩分や糖分を摂りすぎないよう、味付けを控えめにしてください。

1日1食はスムージーに置き換える

出典:www.amazon.co.jp

1ヶ月で5キロ痩せるには置き換えダイエットは外せません。そこでオススメなのが、スムージー。1食あたり700~800kcal摂取しているところを、約5分の1の摂取カロリーに抑えることができます。コンビニなどで携帯できるスムージーが販売されているのでストックしておくと便利です。

市販のスムージーの一例
カゴメ野菜生活100 Smoothie とろとろブルーベリーMix137kcal
オハヨースムージー・ベリーミックスカップ180ml91kcal

ポイント

1ヶ月ダイエットで5キロ痩せるには、「1食スムージーの置き換え」「主食は玄米や雑穀米」「和食中心」が大原則。

Amazon.co.jp: カゴメ 野菜生活100 Smoothie

商品の購入はこちら!

1ヶ月ダイエットで5キロ痩せるための運動方法

食事で削減しきれなかったカロリーは運動で対処しましょう。下記は体重55キロの成人女性を例にした消費カロリーの一覧です。ストレッチやスポーツをバランスよく取り入れ、カロリーを消費しましょう。

運動時間消費カロリー
ストレッチ20分44.2kcal
ウォーキング30分101kcal ※標準的な速度
水泳20分115.5kcal
ジョギング20分134.7kcal ※標準的な速度
エアロビクス20分140.5kcal

ウォーキングのコツ

出典:www.fitnessmagazine.com

数ある運動の中で最も取り入れやすいのがウォーキングです。そこで、ダイエット効果を高めるウォーキングのコツをご紹介します。

速度

お喋りができるけど、じんわり汗ばむ程度を目安に、少し速めに歩きましょう。

時間

1回あたり30~60分を目安に歩きましょう。急にたくさん歩くと足を痛める可能性があるので、慣れてから時間を増やすのがオススメです。

歩幅

スポンサーリンク

身長から100センチ引いた長さを歩幅の目安にしましょう。やや大股歩きになります。

姿勢

背筋を伸ばして視線を正面に持っていきましょう。

このほか、こまめな水分補給や運動前後のストレッチを忘れず行ってくださいね。

1ヶ月ダイエットで5キロ痩せるための体質改善ポイント

1ヶ月で5キロ痩せるダイエットのためには、体質改善も大切。食事制限や運動の効果をより一層高めてあげましょう。

睡眠をきちんと取る

睡眠中に分泌される成長ホルモンには脂肪燃焼効果があるほか、代謝を高める効果があるとされています。このほか食欲を抑える、グレリンというホルモンが分泌されるのも睡眠中です。質の良い睡眠を摂ることで、これらの痩せホルモンをきちんと分泌させましょう。

お風呂でむくみとりマッサージ

方法
①バスタブに座り片膝を立てる。
②片手こぶしを立てた膝の内側に当てる。
③こぶしを膝から足の付け根へさするようにしてマッサージ。
④③の動作を5回繰り返す。
⑤反対の足も同じ動作をする。

リンパマッサージをすることでむくみをとり、体内の老廃物を排出しましょう。血液循環や水分の巡りも良くなってキュッと引き締まります。むくみは溜め込むと取れにくくなるので、毎日のケアが大切です。

水をたくさん飲む

体重が増えたら困るからと水をあまり飲まない人がいますが、これはNG。水分補給を積極的に行うことにはダイエット効果があるとされています。

効果①:空腹を感じにくくなる

水分によってお腹が膨れるため、空腹を感じにくくなります。このほか、胃液を薄めることによる食欲抑制の効果も期待できます。

効果②:便通改善

便を押し出す際には水分の力が必要です。水には便以外にも体の老廃物を排出する作用があるので、デトックス効果が期待できます。

なお1日あたりの水の量は、体重の4パーセントを目安にすると良いとされています。

ポイント

質の良い睡眠、リンパマッサージ、水分補給で食事制限と運動をサポート!1ヶ月ダイエットの効果を高めて、夢の5キロ痩せをサポート!

たった1度きりでも効果あり!視覚的にマイナス5kgを実現させる方法

ここまでご紹介したのは1ヶ月で5kg痩せるテクニックでしたが、視覚的に5kg痩せる方法もあるんです。

Chuu −5キロジーンズ

出典:ameblo.jp

韓国発の「−5キロジーンズ」。履いただけで5kg痩せて見える、注目のアイテムです。韓国といえば、活躍しているアーティストやモデルの脚がすごくスラリとしている印象がありますよね。

この「−5キロジーンズ」はスキニータイプとなっており、ぴったりとした履き心地が特徴。カラーバリエーションも豊富ですが、企画段階から裏地やフィット感にこだわり、履き心地のよさを追求している点も注目です。

スキニーを履くと足が太く見えるのでは?と懸念される声も多い中、着瘦せできる「−5キロジーンズ」は革命的。いずれも5000円以内で購入できるとあって、その良心的な価格設定も高ポイントです。

出典:ameblo.jp

ちなみにこちらは160cmのモデルさんが実際に着用した様子を撮影したもの。ハイウエストタイプなので、足が長く見えますね。

-5kgシンプルデニムスキニーパンツ vol.41 - 《公式》Chuu(チュー)レディースファッション通販!

購入はこちら!

ウエストの位置を意識したコーディネート

ウエスト周りの脂肪を隠そうと、ふんわりしたシルエットや、大きめサイズの服を選んでいませんか?実はこれ、太って見えるダメパターンなんです。

視覚的にマイナス5kgを目指すなら、ウエストに切り替えがあるデザインのコーディネートを心がけましょう。特に、ウエストの位置を高くすることができれば、全体的にすっきりと見え、足を長く見せることができます。ふんわりしたスカートも、ハイウエストを狙ってみてください。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!