意外と知らない!?下半身が太る原因

出典:jp.pinterest.com

ダイエットといえば、食事制限。下半身がいつまでも痩せないのは、まだ食事制限が足りないから…そう考えてしまったら不正解です。下半身が太ってしまう原因は、大きく分けて2つあります。

  1. 下半身の筋力の低下
  2. 足の筋肉の付き方

筋力の低下は、そのまま代謝の低下に繋がります。代謝が悪くなると水分や老廃物を溜め込んでしまい、むくみやセルライトの原因になるのです。また、過度な食事制限はさらなる筋力の低下を招いて、下半身太りを加速させてしまいます。

そして足の筋肉の付き方にも要注意です。太ももの前方や外側に筋肉がつき過ぎてしまうと、下半身太りとなってしまいます。運動不足の人や猫背の人、ヒールを履く機会が多い人に多い傾向です。

下半身痩せの基本はウォーキング

下半身痩せには、適度な筋力が必要。効率よく筋力が鍛えられるのは、有酸素運動であるウォーキングです。ウォーキングで効率的に脂肪を燃やし、下半身に溜まった老廃物を排出させましょう。

ただし歩き方を間違えると、太ももの前方や外側の筋肉が大きくなり、逆効果になってしまいます。歩くときは、以下の点を注意してくださいね。

  • 足指で地面を蹴り、かかとから着地する
  • サイズの合った靴を履く
  • ヒールの高い靴やブーツは避ける
  • あごを引いて背筋を伸ばす(猫背は厳禁です!)

忙しい人にもオススメ!自宅でできる下半身痩せ運動・2選

食事制限以上に運動が重要な、下半身痩せダイエット。実は自宅でできる簡単なストレッチやヨガも効果的なんです。むくみ改善や筋力アップのために、1日10分から始められます。ちなみに最も効果的なタイミングは、筋肉がしなやかな入浴後です。

①むくみ改善!椅子を使ったヨガ

両足をそろえて椅子に浅く座り、片足を曲げて足首を両手で持ちます。息を吸いながら腰と背筋を伸ばし、息を吐きながら足を伸ばしたら、5秒キープしましょう。

②下半身を引き締め!股関節ストレッチ

左足のひざを床についた状態で、右足を前に出します。このとき、両手は前方の床に置いてください。息を吐きながら右足裏を伸ばし、お尻を後ろに引き寄せたら5回呼吸をします。反対の足も同じ動作を行ってください。

下半身痩せには、「日々のむくみを解消するケア」と「筋力をつけるケア」の2つが必要です。この両方を組み合わせたメニューをストレッチとヨガ、それぞれに用意しました。

下記の記事ではもっとたくさんのストレッチとヨガのやり方を、動画付きでチェックすることができます。自分に合った方法を見つけましょう。

家でたった10分!下半身痩せに効果的なヨガ・ストレッチ5選

合わせて読みたい「デブ卒」の記事!

ポイント

どちらの運動も1日10分ほどで行えるので、お好みのメニューを始めてみて!

下半身痩せに筋トレはアリ?ナシ?成功するためのコツまとめ

頑張ってジムに通っていたのに、足が太くなってしまった…なんて話、聞いたことありませんか?下半身痩せのためには、適切な位置の筋肉を鍛えなければいけません。それは太ももの内側と裏側です。効果的な筋トレやスクワットには、以下のようなものがあります。

スポンサーリンク

内ももに効く筋トレ

つま先を真横に開き、無理のない範囲で腰を落とした姿勢で静止したり、腰を上下に動かすことで太ももの内側を鍛えます。太ももの内側は意識して鍛えないと筋肉がつかない場所です。1日5~10分でできるので、習慣にすると良いでしょう。

太もも裏側の筋トレ

うつ伏せになってひざを90度に曲げ、かかとでクッションを持ち上げるトレーニングになります。腰から下全体を動かすことで太ももの裏側の筋トレになります。

下半身痩せのスクワットのコツ

通常のスクワットは太もも前方などの筋肉を大きくしてしまうので、オススメできません。下半身痩せのためには、骨盤のゆがみを矯正するスクワットを行いましょう。ポイントは、足を大きく開き、つま先を外側や内側に向けながら交互に行うことです。

ご紹介した筋トレやスクワットの詳しい手順や動画を、下記の記事でご紹介しています。筋トレやスクワットは下半身痩せだけでなく、痩せ体質作りにも効果がありますので、是非チェックしてください。

下半身痩せには「ほど良い筋肉」が必須!筋トレ・スクワット4選

合わせて読みたい「デブ卒」の記事!

ポイント

むくみ、セルライト、骨盤のゆがみといった悩み別に、どれがオススメかも解説。自分にピッタリの運動を見つけてみて!

下半身痩せにオススメの食べ物・サプリとは?

出典:healthil.jp

運動によるケアが欠かせない下半身痩せダイエットですが、食べ物選びにも気を付けたいところ。水分や血流の代謝を助ける、以下の食べ物を積極的に摂りましょう。

  • 海藻類、きのこ類など(カリウムが余分な水分を排出します)
  • 大豆製品、かぼちゃ、ナッツ類など(ビタミンB群やビタミンEが血流を改善し、代謝を高めます)
  • 鶏肉、卵、白身魚など(たんぱく質が筋肉の形成を助け、代謝を高めます)

素材のままでは食べにくいものにも、下半身痩せに効果的なものがあります。それらはサプリで補給するのがオススメです。

  • メリロート(水分排出やリンパの流れを促すことで、むくみを解消します)
  • 明日葉(カルコンという成分がセルライトに効果的とされています)
  • クランベリー(プロアントシアニジンという成分が血液循環を改善。むくみ解消に働きます)

下半身太りの原因となる食べ物に注意

むくみやセルライトを招きやすい食べ物を避けることも重要です。下半身太りの原因となる食べ物には、このようなものがあります。

  • 塩分が多い食べ物(ハム、ソーセージ、漬物、チーズなど)
  • トランス脂肪酸を含む食べ物(乳製品、牛乳、パン、ケーキ、揚げ物など)
  • 人工甘味料を使用したゼロカロリーの食べ物
  • 砂糖が多い食べ物(主に白砂糖を使用したお菓子など)

このほか塩分が多く、トランス脂肪酸も使用されているカップ麺にも注意したいところです。

下記の記事では、塩分やトランス脂肪酸が下半身太りの原因になるメカニズムを解説するほか、下半身痩せにおすすめの栄養の組み合わせなども紹介しています。食生活を振り返る前に、ぜひチェックしてみてくださいね。

下半身痩せに効く食べ物・サプリとは?むくみやセルライトを予防!

合わせて読みたい「デブ卒」の記事!

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!