①自分の骨盤の歪み方を知ること!

一口に骨盤の歪みと言っても人によってその歪み方は様々。自分がどのタイプかセルフチェックすることによって、最適なエクササイズや日々の生活で直していきたいことが見えてきます。

今更だけど、産後ダイエットに真剣に取り組もうと思って先ずは骨盤の歪みをセルフチェック。すると、びっくりするぐらい歪んでた(ノД`) 自分ハッキリ分かるくらいだし!こりゃまず整体かしら(´・ω・`)

出典:twitter.com

骨盤の歪みセルフチェックをしてみた!私、右に歪んでいるらしい!!∑(✘Д✘;;)骨盤矯正に行きたい……舞台とかやる前にこの腰痛を治したい…!!!!

出典:twitter.com

家でできるセルフチェック法

整体などで確認してもらう方法もありますが、家で簡単にセルフチェックもできるのでまずは自分で試してみると良いでしょう。

出典:allabout.co.jp

方法
①周りに物がないところにまっすぐ立ち、自分の立っている位置をわかるようにしておきます。(テープなどで目印をつけるとよいでしょう)
②目を閉じて30回足踏みします。
③目を開けてみて、最初の印の位置からどれくらい離れているかを確認します。
ずれ骨盤の状態
骨盤が前に倒れている
後ろ骨盤が後ろに倒れている
左右骨盤が左右に傾いている
斜め骨盤がねじれている

このセルフチェックで自分の骨盤の状態を知ることで、より効率的に骨盤ダイエットを行うことができるでしょう。

骨盤のゆがみ診断テスト 骨盤ダイエット All About

ポイント

歪みの状態は人それぞれ。自分がどのタイプに当てはまるか知ることが骨盤ダイエットの近道だ!

②骨盤体操は無理しすぎない

骨盤体操の動きの中にはやり方を間違ったり、無理に回数をこなしてしまうと腰や股関節を痛めてしまう可能性があるものも。

骨盤ダイエット、やりすぎて骨盤痛めた(T_T)
適度にやらなきゃダメだね(T_T)

出典:twitter.com

骨盤矯正クッションずっと表裏を逆にして使ってた。効果なし。

出典:twitter.com

骨盤ベルトしめすぎで腰を痛めたという話

出典:twitter.com

器具を使う際にはきちんと説明書を読んで、正しく使うようにしましょう。特にベルトは使い方を間違えていたという人が多いようです。整骨院などで指導してもらえる場合もあるので、上手く活用してみてください。

③長期的に継続する

どんなダイエットにも共通していますが、骨盤ダイエットはまずは長期的に続けること。骨盤を正しい位置に戻すのには時間がかかりますし、治っても何もしなくなればまた歪んでしまいます。

一年前に美腰体操に一か月ほど挑戦したら、ウエストがすっきり8センチ細くなりました。その後サボっていたらだんだん元に戻ってしまいました。ちょうど毎年今の時期に人間ドックに行っているのですが、体操をしていた去年だけ腹囲が細くて体脂肪率も血液検査の結果もよかったのです。サボりを反省して、またがんばります!

出典:sportsclub.nifty.com

体操自体は1日5分もあればできるものばかり。その5分を習慣化して日常に取り入れることが成功の鍵と言えそうです。

スポンサーリンク

骨盤スクワットをし出して、
2年半年になります。
ほぼ毎日で、
一日一回のペースです。

骨盤周り、
身体全体に痩せました。
特に内太股らへんは
いまも尚、
徐々に細くなっていってます。

あと、このスクワットを
し出してから、
どんだけ食べても
太らなくなりました。
これは今でも
びっくりです(笑)

一つ言えるのは
ずっとする事によって、
結果が間違いなく
表れると実感しました。

出典:sportsclub.nifty.com

④日常の動作にも気を配って

どんなに体操や器具で骨盤を矯正しても、日常の動作で骨盤を歪ませてしまっては意味がありません。姿勢や歩き方にも気を付けましょう。

立つときは体の中心を意識する

立っているときに片足に重心をかけている人は要注意!以下のポイントを踏まえて美しい姿勢を保ちましょう。

出典:eonet.jp

方法
①まっすぐに立ち足の裏に体重がかかっていることを意識します。
②腰は引き、お尻が出ないように骨盤を立てます。
③顎を引いて胸を開きましょう。胸を張ろうと意識しなくても顎を引くことで、自然と胸が開きます。

②の動作でお腹に力を入れてしまいがちですが、なるべく自然にできるように練習しましょう。骨盤を立たせる感覚で、どこにも無理な力が入っていないのが理想です。

正しい姿勢とウォーキング1|正しい姿勢とウォーキングをマスターしよう!|特集|eo健康

床より椅子に座るほうがいい

骨盤のことを考えるならば、できるだけ椅子に座るようにしましょう。床へ座るとあぐらをかいてしまったり、崩れた正座になってしまいがちです。

出典:eonet.jp

方法
①足を床にまっすぐ下ろします。膝から垂直になるように。
②お尻のごつごつした骨(坐骨)を意識して、背筋を自然に伸ばします。

ポイントは坐骨を意識すること。背もたれによりかかることなく、まっすぐな姿勢を保つよう心がけましょう。

正しい姿勢とウォーキング1|正しい姿勢とウォーキングをマスターしよう!|特集|eo健康

歩くときはみぞおちを意識する

歩き方が悪いのも骨盤を歪ませてしまう原因。脚に余計な筋肉ができたりして、見た目にも影響してきます。

出典:eonet.jp

方法
①正しく立ちます。上の正しい立ち方を参考に。
②みぞおちと下腹部に手をあてて、この2つの位置がズレすぎないようにしましょう。床に対してまっすぐを意識して。
③足をみぞおちの奥から出す感覚で前に踏み出します。足はまっすぐに出します。

モデルウォーキングのように脚を斜めに出すのはNG。腰に負担が出てしまいます。あくまでもまっすぐに、を意識して。

正しい姿勢とウォーキング2|正しい姿勢とウォーキングをマスターしよう! |特集|eo健康

ポイント

正しい姿勢こそが骨盤美人をつくる!日常生活にもっと意識をしてみよう。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!