低糖質ダイエット中ってコンビニ食やおやつを食べていいの?

低糖質ダイエットとは、ご飯やパン、イモ類といった糖質が豊富な食べ物の摂取を控えることで、糖質制限をするダイエットです。

こう言うと厳しい食事制限がつきまとうイメージで、コンビニ食やおやつなんて食べてはいけないのでは?という心配が出てきますが、低糖質ダイエットではこれらの食べ物を食べても構いません。

むしろ空腹感をなくすために、これらの食べ物を上手に取り入れることができれば、低糖質ダイエットの成功に近づきます。ただし、何を食べるかきちんと選ぶことが大切です。外出先や忙しい時にもサッと選べるように、今からコンビニ食やおやつのおすすめをチェックしていきましょう。

ポイント

低糖質ダイエット中は、コンビニ食やおやつを上手に取り入れることで空腹感をなくしましょう。ストレスをなくせばそれだけダイエット成功に近づきます。

低糖質ダイエット中に使えるコンビニ食・7選

糖質制限を徹底しなければいけない低糖質ダイエットでは、自分で料理をするのが最もおすすめです。しかし外出先や忙しい時まで無理に料理をしていては、ダイエットが続きませんよね。そこで便利なコンビニから、低糖質ダイエット中に食べてもいいものをピックアップしていきます。

①蒸した鶏むね肉(サラダチキン)

出典:yaserulincoln.hatenablog.com

最近のコンビニでは、鶏むね肉を蒸したものをレトルト食品として販売しているのをよく見かけます。中にはスパイスなどで味付けしたものもありますね。葉野菜のサラダと一緒に食べると栄養をバランスよく摂れて、満腹感も味わえるのでおすすめです。

②サラダ系

出典:check-check.seesaa.net

サラダチキンでも触れましたが、サラダは低糖質ダイエットにおすすめです。コンビニのサラダはバリエーション豊富ですが、ほうれん草やレタス多いものや、海藻類がメインのものを選びましょう。逆にトマトやかぼちゃ、ポテト、にんじんが入っているものは糖質が多くなるので控えてください。

③ゆで卵

出典:grayfreedom.blog.fc2.com

卵は1個当たりの糖質が約0.2gと極めて少なく、糖質制限のダイエットにはおすすめ。リーズナブルな価格で日常的に食べることもできます。コンビニでは味付けゆで卵のほか、おでんの具材としても販売していますね。ただし、健康診断などでコレステロール値が高いと医師から指摘を受けている人は控えたほうが良いでしょう。

④ブラン(小麦ふすま)を使ったパン

出典:netafull.net

やはり主食系がないと食べた気がしない!という人は、ブラン(小麦ふすま)を使ったパンを選びましょう。ブランとは、小麦粉にならない皮部や胚芽部分のこと。成分のほとんどが食物繊維で、消化を助けることでダイエット効果を発揮するとされています。

⑤豆腐

出典:furafuraonsen.blog43.fc2.com

大豆が原料の豆腐も糖質制限のダイエットには欠かせない食べ物です。コンビニでは冷奴として食べられるパックが販売しているほか、豆腐をそうめんに見立てた面白い商品も販売しています。

スポンサーリンク

⑥から揚げ&フランクフルト

出典:www.rankingshare.jp

コンビニと言えば、レジの横で販売しているホットスナックですよね!低糖質ダイエットではから揚げとフランクフルトが食べてもOKの食品です。温かい食べ物を食べると満腹感を得やすくなるので、上手に活用しましょう。

⑦コンビニおでん

出典:cafy.jp

レジの横にあるものといえば、おでんも外せません。低糖質ダイエット中におでんを食べるときは、食物繊維が豊富なこんにゃくや大根がおすすめ。このほか肉類も食べていいので、牛すじといった具材を選ぶと良いでしょう。

番外:「そば」は食べていいの?

温かいタイプだったり、冷たいタイプだったり・・・季節に応じたメニューで1年中販売しているコンビニ食と言えば「そば」ですよね。ヘルシーなイメージが強いので食べていいのでは?という疑問が浮かびますが、低糖質ダイエットではNGです。そばの糖質量は意外と多く、小麦粉が主原料のうどんよりも豊富とされています。

ポイント

低糖質ダイエット中に食べても良いものは主に7つ!野菜や肉類のほか、卵や大豆製品を上手に活用しましょう。

低糖質ダイエット中でもOKのおやつはこれ!

低糖質ダイエット中もおやつは食べたい!でも選び方を間違えると、せっかくの糖質制限が無駄になってしまうかも・・・。そこで糖質が少ないおやつをご紹介します。

チーズ

牛乳は低糖質ダイエット中におすすめの飲み物であり、牛乳を原料とした乳製品も食べていい食品です。乳製品の中で最も糖質の少ないチーズは、おやつにもピッタリ!カマンベールチーズやプロセスチーズが特に糖質控えめになっています。

ヨーグルトも食べていい?

同じ乳製品なら、ヨーグルトもおやつに食べていいのでは?と思うところですよね。しかしヨーグルトに関しては、見解が分かれているのが現状です。

商品にもよりますが、市販されているヨーグルトには糖質が含まれています。無糖・プレーンなら大丈夫という考えもありますが、実際に成分表示を見ると糖質が含まれていることも。たくさん食べないと満足できない点も問題です。

どうしても食べたいという場合は、糖質5.0g未満のものを100gほどというのを、ひとつの目安にすると良いでしょう。

寒天ゼリー

スーパーで「カロリーゼロ」と表記された寒天ゼリーを見かけたことはありませんか?こうしたおやつには人工甘味料が使用されており、糖質が控えめになっています。ただし人工甘味料の消化にかかる胃の負担は大きく、続けて食べるのはおすすめできません。ほかの食べ物と上手に組み合わせましょう。

ナッツ類

濃厚な甘みを味わいたい時には、ナッツ類が良いでしょう。中でもアーモンドとくるみは糖質が控えめなのでおすすめです。

一方、バターピーナッツやマカダミアナッツ、ピスタチオは糖質が多くなるので要注意です。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!