食べても太らない時間はズバリ午後3時!

出典:www.webmd.com

ダイエット中、食べたいものが食べられないストレスでついお菓子などをドカ食いしてしまうことってありませんか?一度のドカ食いであれば何とか取り返しはつくものの、それが繰り返されてしまうとダイエット効果が得られないどころか、ダイエット前よりも体重が増えてしまうなんてことにもなりかねません。

ですが、実は食べても脂肪として蓄積にくい「食べても太らない時間」が存在しているのです。その時間帯はズバリ午後3時。昔からおやつの時間帯とされているこの時間帯ですが、生理学的にもおやつを食べるのに最も適した時間であることが証明されているのです。

どうして午後3時が食べても太らない時間なの?

その理由は体内時計にあり!

人間の体は眠っている間には副交感神経が優位になり、目が覚めると交感神経が優位になります。交感神経は体を覚醒状態にするもので、体温の上昇や脂肪の燃焼など体を活動状態に切り替える作用を持ちます。

それに対し副交感神経はリラックス状態に入るためには必要不可欠のものなのですが、脂肪を蓄積させる働きを持ちます。そのため、交感神経が優位な時に食べると脂肪になりにくく、副交感神経が優位な時に食べ過ぎてしまうと太りやすくなります。夜寝る前に食べると太るというのは、この副交感神経の働きが関係しています。

交感神経は通常目覚めてから夕方くらいまで優位になり、その後少しずつ副交感神経が優位な状態に切り替わっていきます。そしてこの体内時計をコントロールする役割を持つのが「BMAL1」と呼ばれる時計遺伝子です。

時計遺伝子BMAL1の働きが大きく影響

出典:news.mynavi.jp

BMAL1は時計遺伝子とも呼ばれるように、体内時計を調節する役目を持ちます。その一方で脂肪細胞を作って溜め込むための酵素を増やす働きも持っています。この脂肪を蓄積させる働きは体内時計と密接に関係しており、時間帯によって大きく増減することが研究により判明しました。

BMAL1は脂肪蓄積の司令塔としての役割を持ち、その分泌量は午後3時頃が最も少なく、22時から2時頃にピークを迎えます。ピーク時の量は午後3時の約20倍とも言われているほどです。

このBMAL1は、体内時計が乱れていると常に夜だと勘違いしてしまう傾向があるため、不規則な生活を送っていると常に太りやすい状態になってしまいます。午後3時の太らない時間帯を最大限に生かすためには体内時計を整えて、日中に交感神経が優位な状態を作るとともに、BMAL1の分泌リズムをきちんと作ることがポイントと言えそうですね。

スポンサーリンク

ポイント

午後3時が「食べても太らない時間」の理由は、交感神経が優位になって脂肪の燃焼が促されることと、脂肪を蓄積するBMAL1の分泌が低下していることにある。

食べても太らない時間を活用するためのポイント

夕食は20時までに済ます

何か食べ物を食べてから、消化吸収されるまでには通常2時間程度かかるとされています。22時にはBMAL1が増えてきてしまいますので、いくら食べても太らない時間に間食するようにしていても、夕食時間が遅くては意味がなくなってしまいます。

夕食は最低でも20時までに済ませて消化が終わっている状態を作るようにし、脂肪の蓄積を防ぐようにしてくださいね。

夕食の脂肪分を控えめにする

出典:www.irori-sanzoku.co.jp

脂肪を溜め込む働きのあるBMAL1が増加する夜に高脂肪な食事をすると、摂取した脂肪がどんどん体に溜め込まれていってしまいます。たまに高脂肪な食事をするのは問題ありませんが、毎日夕食が高脂肪な傾向にある方はぜひ一度夕食メニューを見直してみてください。

大豆製品や鳥のささみ、野菜などの低脂肪な食材を利用することで、BMAL1の働きを効果的に抑えることができますよ。

早寝早起きの朝型生活にする

日本大学の薬学部により、昼と夜の区別がない生活を送っている方はメタボになりやすいという研究報告がなされています。実際にシフトワークである長距離ドライバーや看護師といった昼夜逆転しがちな方は、肥満からメタボに移行しやすいとの統計も出されているほどです。

朝日を浴びる機会が少なく、脳が「朝だ」と認識できない状態が続くと、BMAL1が夜だと勘違いして分泌量の高い状態が維持されてしまい、どうしても太りやすくなってしまいます。規則正しい生活を心がけ、朝にはきちんと朝日を浴びることで体内時計が整い、BMAL1の分泌量も正常に戻ります。

「食べても太らない時間」を作るためには、BMAL1の分泌量が少ない時間帯を作ることが不可欠です。生活習慣が乱れがちな場合は、まず自分の生活習慣を見直すことから始めてみても良いかもしれませんね。

ポイント

BMAL1を活用して「食べても太らない時間」を作るためには、規則正しい生活をして体内時計を整えることが大切。さらに低脂肪の夕食を早めの時間帯に摂ることで脂肪の蓄積を防ぐことができる。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!