コーヒーでダイエット効果が得られるのはなぜ?

出典:jp.pinterest.com

最大の秘密はカフェインにあり!

コーヒーの代表的な成分と言えばカフェインですよね。カフェインの覚醒作用を期待して、朝に飲む習慣がある方も多いのではないでしょうか。実はダイエットに効果があるのもこのカフェイン。

カフェインには脂肪を分解するリパーゼという消化酵素を活性化させる作用もあるため、カフェインを摂取することで脂肪の分解が促進され、体に脂肪が溜まるのを抑える効果が期待できるのです。

加えて、カフェインには血行促進効果もあります。全身の血行が良くなれば、体の隅々まで血液が行き届いて代謝が良くなりますし、体温も上がって痩せやすい体を作りやすくなるんですよ。

脂肪を分解するクロロゲン酸でダイエットをサポート

コーヒーに含まれるもう1つのダイエット成分がクロロゲン酸。クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、脂肪分解と脂肪蓄積抑制効果を持ちます。そのため、カフェインとクロロゲン酸のW効果により、食事から摂取した脂肪が体に溜まりにくくなり、脂肪の燃焼が促進されるのです。

老廃物排出を促進させる効果も

カフェインには、利尿作用や腸の収縮をコントロールする神経を刺激する効果もあります。そのため、カフェインを摂取すると体に溜まっている余分な水分や老廃物が排出されて、むくみや便秘解消効果も期待できます。

むくんだ状態が続いてしまうと、むくんでいる部位の老廃物と脂肪が結合してセルライトとなりますし、便秘はぽっこりお腹と新陳代謝の低下をもたらします。余分な老廃物をしっかりと排出して、痩せやすい体を作っていきましょう。

ポイント

コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸には、脂肪分解と脂肪の蓄積を防ぐ効果がある。さらにカフェインにはむくみや便秘解消効果もあるため、ダイエットに効果的。

痩せる!コーヒーの飲み方3つのポイント

①ホットのブラックコーヒーで痩せる!

出典:gravitasmag.com

コーヒーの代表的な飲み方にはホットとアイスがありますが、痩せるためにはホットコーヒーで飲むのがポイントです。その理由は、ホットコーヒーの方がカフェインやクロロゲン酸を効率的に吸収できることに加え、内臓が温まって体温が上がり代謝を促せるため。

また、コーヒーを飲む際に砂糖やミルクを入れる方もいらっしゃいますが、痩せるためにはこれはNGです。コーヒーはブラックであれば0kcalですが、ティースプーン1杯分の砂糖で19kcal、ミルクの場合は16kcalと入れれば入れるだけ高カロリーになってしまいます。

ブラックコーヒーが苦手な方は、できるだけ砂糖やミルクの使用量を抑えて飲むようにしてください。缶コーヒーを飲む場合も、無糖のものを選ぶのがダイエットを成功させるためのポイントです。

②飲む時間帯を調節して痩せる!

コーヒーでダイエットをするのなら、飲むタイミングは食後と運動前がオススメ。コーヒーには脂肪が体に蓄積するのを防ぐ効果がありますから、食後の消化が始まるタイミングで飲めば体へ脂肪が溜まるのを抑制できます。

スポンサーリンク

また、コーヒーには脂肪燃焼を促進させる効果もありますので、運動前にコーヒーを飲むと運動による脂肪燃焼効果をさらに高めることができます。運動30分前頃を目安にコーヒーを飲んで、効果的に脂肪を燃やしてしまいましょう。

③インスタントはやめてドリップコーヒーで痩せる!

出典:cafelisette-journal.blogspot.jp

最近はインスタントコーヒーも美味しくなってきていますし、手軽に淹れられるため愛用されている方も多いかもしれませんね。ですが、コーヒーで痩せるのならインスタントよりもドリップコーヒーがオススメです。

脂肪燃焼をサポートするカフェインやクロロゲン酸はインスタントにも含まれていますが、その含有量はドリップに比べると半分程度と少なくなっています。加えて、コーヒーにはジテルペン類という中性脂肪や血中コレステロールを増加させる物質が含まれているのですが、ペーパードリップすることで、この物質を除去できるのです。

ドリップは最初手間に感じることもありますが、慣れてくるとコーヒーの香りを楽しめますから、リラックス効果も期待できます。普段インスタントばかりという方は、ぜひドリップにもチャレンジしてみてくださいね。

ポイント

コーヒーダイエットを効果的に行うためには、ホットのドリップコーヒーをブラックで、食後や運動前に飲むのがポイント!

コーヒーダイエットの注意点

水分補給を忘れずに

むくみに効果のあるカフェインの利尿作用ですが、水分不足の状態になると脂肪燃焼が滞ってしまいます。脂肪の分解は「加水分解」という反応により行われますが、この反応は文字通り水を必要とするのです。

また、水には細胞に栄養素を運搬し、不要物を回収する役割もあります。脂肪の運搬も体の水分により行われますから、水分が不足すると脂肪の燃焼が抑制されて逆効果になってしまうのです。

妊娠中は控えるようにしよう

カフェインには鉄分の吸収を抑制する働きがあるため、特に鉄分が不足しやすい妊娠中は摂取量を控える必要があります。

妊娠中にコーヒーを1日1杯から3杯飲んでいた妊婦では死産率が60%まで減少していたのに対し、4杯から7杯飲んでいた妊婦では死産率が140%に、8杯以上飲んでいた妊婦では220%にまで増加したという報告もされています。妊娠中は普段よりもコーヒーの摂取量を控えめにするよう注意してくださいね。

カフェインの摂取量は多くても400mg未満に抑える

適度に摂取すれば体に良い影響をもたらすカフェインですが、過剰摂取により急性中毒を起こす可能性もあります。ダイエットだからと飲みすぎてしまわないよう注意しなければなりません。

ドリップコーヒー150mLあたりに含まれるカフェインの量は140mg。海外のリスク管理機関などにより勧告されている1日の目安摂取量は、健康な成人で400mgです。特に半日以内に500mg以上のカフェインを摂取すると、急性中毒症による嘔吐や睡眠障害などの症状を起こすリスクが高まります。

コーヒーダイエットを行う場合は3時間か4時間おきに、1日3杯程度を飲むのがポイントです。コーヒーダイエットに限らず、何でもやりすぎは逆効果。無理をせず自分のペースでコーヒーを楽しみ、ダイエット効果を実感しましょう!

ポイント

コーヒーは過剰摂取により急性中毒を起こすことも。適度な量を守り、水分補給を忘れずに飲むことが大切。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!