ラーメンのカロリーは特別高いワケではない!

出典:jp.pinterest.com

ラーメンを食べれば太ると思っている人も多いと思いますが、みなさんは実際にラーメンのカロリーがどれくらいなのか知っていますか?

実はラーメンのカロリーは他の麺類と比べて特別高いというわけではないんです。

麺類のカロリー(1人前)
ラーメン(醤油)500kcal
ラーメン(味噌)570kcal
ラーメン(塩)489kcal
ラーメン(とんこつ)499kcal
きつねそば534kcal
きつねうどん516kcal
ミートソーススパゲティ713kcal
カルボナーラ740kcal

上記のように、醤油ラーメンや塩ラーメンならきつねそばやきつねうどんよりもカロリーは低いですし、パスタの方がよっぽどカロリーが高いのです。

もちろん脂質の量が多くなるラーメンを食べればそれだけカロリーは上がりますが、それでもカロリーを見る限りでは、食べたら即太るような高カロリーの食べ物ではないことがわかります。

ラーメンで太る原因はカロリーよりも食べ方だった!

ラーメンが思ったほど高カロリーではないのなら太らないの?と思った人もいると思いますが、ラーメンには太ると言われる原因がいくつかあります。

①噛まないで食べるから食べ過ぎの原因になる

ラーメンはよく噛んで食べるというよりはすすって食べるので、あまり満腹感を得られることがありません。そのため、おかわりをしたりサイドメニューに手を出したりと、食べ過ぎてカロリーオーバーになってしまう傾向があります。

②サイドメニューのカロリーが高い

出典:impressions2.blog5.fc2.com

ラーメンを食べに行くと、チャーハンや餃子も食べるという人も多いと思います。チャーハンや餃子も油を使って調理されているのでそれなりのカロリーがあります。

チャーハンと餃子のカロリー(1人前)
チャーハン627kcal
餃子236kcal

ラーメンと合わせて餃子とチャーハンを頼むような人の場合は、トータルで1200kcal以上のカロリーを摂取することになります。

さらに、こってり系のラーメンを食べるが好きな人の場合は2000kcalを超える可能性もあるので注意が必要です。

③シメのラーメンは太る原因になる

飲み会や接待のラストにシメのラーメンを食べる機会がある人もいますよね。飲み会や接待の場合はお酒と一緒に様々な高カロリーのおつまみや一品料理を食べていることが多いので、知らず知らずのうちにかなりのカロリーを摂取しています。

そんな状態で最後のシメにラーメンを食べようものなら、あっという間にカロリーオーバーです。

④スープを飲み干すと水太りしてむくむ

ラーメンのスープのカロリーは200kcalとそこまで多いわけではないので、飲み干しても問題ないように思いがちですが、問題なのはカロリーよりも塩分です。

塩分を摂りすぎると、体内の塩分を少しでも薄めようと、身体が水分を増やそうと働きかけます。その結果体内の水分含有量が増え、むくみや体重増加の原因となります。

水分量が増えているだけなので、1週間もすれば体重は元に戻りますが、普段あまり運動をしていなくて筋肉量が少ない人や、冷え性の人などは、なかなかむくみが取れなくて体重も落ちにくい場合があります。

⑤こってり系ラーメンはカロリーが高い

出典:ja.wikipedia.org

ラーメンの中でも一部のこってり系ラーメンはカロリーが高いので、1杯食べただけで他のラーメンとは比較にならないほどカロリーを摂取することになってします。

参考にラーメン二郎のラーメンを見てみましょう。

ラーメン小かラーメン大によっても異なりますが、スープも含めると塩分も高くかなり破壊的なカロリーになりそう。スープを飲まなければ多少ましにはなりそうです。

ラーメン:1371kcal
ぶた入りラーメン:1581kcal
ぶたダブルラーメン:1930kcal
ラーメン(スープ抜き):1182Kcal

出典:matome.naver.jp

スポンサーリンク

ラーメン二郎のラーメン普通盛りのカロリーは一杯1371kcal~1600kcalだと言われています。それぞれ入っている食材のカロリーは、各お店にもよりますが、生麺786.8kcal、キャベツ9.2kcal、もやし11.1kcal、チャーシュー278.3kcal、スープ188kcal、油脂分276.3kcalだそうです。

出典:welq.jp

このように、ほかのラーメンとは比べ物にならないカロリーのラーメンもあるので、ダイエット中は特にこういったラーメンは避けた方がいいでしょう。

ダイエット中でもどうしても食べたい場合は野菜を多く摂取したり、小ラーメンなどで食べる量を減らすなどの工夫が必要です。

ラーメンで太らない食べ方

ここまで読んで、それでもラーメンが食べたいと思う人のために、ダイエット中の人にもおすすめのラーメンの食べ方を紹介します。

①カロリーの低いラーメンを食べる

出典:taspy.jp

最初の章で紹介した麺類のカロリー一覧を見ていただければわかるように、ラーメンのカロリー自体はそこまで高いものではありません。

特に、醤油ラーメンや塩ラーメンはきつねうどんなどよりもカロリーが低いので、ダイエット中にもおすすめです。間違ってもとんこつ系などのこってり系を選ばないようにしましょう。

②トッピングに野菜をつける

野菜がふんだんに使われたラーメンや、トッピングにある野菜メニューを追加して食べるようにすることも、太らないためには有効です。

食べる時は最初に野菜から食べるようにしましょう。そうやって最初に野菜を食べることによって、消化を助け、脂質や炭水化物の吸収を抑えてくれる上に、満腹感を得ることもできます。

また、醤油ラーメンなどによくついてくるワカメをはじめとした海藻類は食物繊維が豊富なので、こちらも脂質や炭水化物の吸収を抑えてくれます。

それから、ラーメンのトッピングとして定番のネギは、血糖値の上昇を抑えたり、免疫力を向上させる効果を持つアリシンという成分が含まれているので、積極的に食べるようにすれば太りにくくなる効果がアップします。

③レンゲは使わない

ラーメンが熱いときや、ネギなどの細かい具材を食べる時に重宝するレンゲですが、レンゲがあることで無意識のうちにスープを飲みすぎてしまう傾向があります。

そのため、あえてレンゲを使わずにラーメンを食べることで、スープの飲みすぎを防止することができます。

④ラーメンを食べるなら夕食ではなく昼食で

いつ食事をしてもカロリーの摂取量は変わりませんが、体内の吸収率は昼間よりも夜間の方が高くなります。

少しでもカロリーの吸収量を減らしたいと考えるのであれば、ラーメンはなるべく夜に食べるのは避けて昼食に食べるように心がけましょう。こってり系のラーメンを食べたいと考えている人には特におすすめです。

摂取した分は運動をして消費しよう!

出典:www.telegraph.co.uk

どうしてもカロリーが気になる人は、ラーメンを食べた後に運動をして、摂取したカロリーの分だけ消費する習慣をつけましょう。

各運動でどの程度のカロリーを消費できるかは以下の通りです。

各運動における消費カロリー(1時間)
運動名男性女性
水泳(クロール)1337kcal1039kcal
水泳(平泳ぎ)700kcal544kcal
ジョギング605kcal407kcal
エアロビクス318kcal247kcal
ヨガ255kcal198kcal
水中ウォーキング255kcal198kcal
自転車(平地)229kcal178kcal
ウォーキング216kcal168kcal
歩行191kcal148kcal

おすすめなのは多くのカロリーを消費することができる水泳ですが、食べた後に泳ぎに行くのはなかなかできないという人はジョギングをするか、せめてウォーキングを取り入れるといいでしょう。

ウォーキングの場合はかなりの時間を歩かないと摂取カロリーを全て消費することはできないので、食べる量を減らすことも考えた方がいいかもしれませんね!

いかがでしたか?ラーメンを食べて太るも太らないもあなたの心がけ次第です。暴飲暴食でカロリーオーバーにならないように気を付けて、太らない食べ方で楽しくラーメンを食べてくださいね♪

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!