ちくわダイエットの効果

出典:jp.pinterest.com

低カロリーだからダイエットにピッタリ!

ダイエット食品でみなさんが一番気になるのは当然カロリー。実はちくわダイエットの一番のポイントがこのちくわのカロリーの低さにあるのです。

種類により多少の差はありますが、平均的なちくわのカロリーは1本当たり約30kcalとされています。これをお弁当や調理にもよく使われるソーセージと比較すると、ウインナーソーセージの1本当たりのカロリーは約55~65kcalですから、なんとちくわの約2倍のカロリーがあることがわかります!

魚肉ソーセージなら1本当たり145kcalと、ちくわの5倍近くのカロリーになるんです。ちくわがどれだけ低カロリーな食品かがよく分かりますね。

ダイエットに必須のタンパク質が豊富

ダイエット中は脂肪は減らしつつ、筋肉量を維持することが重要と言われています。その理由は、筋肉は使わない時でも脂肪の約3倍ものエネルギーを使うから。さらには筋肉の量が増えると代謝が良くなるので、同じダイエットに挑戦しても高いダイエット効果が得られるのです。

また筋肉量を維持することで、ダイエットにありがちなリバウンドを防ぐことができます。つまり、痩せやすく太りにくい体を作ることができるということ。

筋肉の素となる栄養素は、皆さんもよくご存知の「タンパク質」。ちくわは白身魚を原料にして作られるので、良質なたんぱく質が豊富に含まれていて、ダイエットに最適な食品と言えるでしょう。

体の内側からキレイになれる!

ちくわの原料は主に白身の魚です。この白身魚には、キチンキトサンという物質が多く含まれています。キチンキトサンには、腸内の環境を整えてキレイにしてくれる効果があるので、ちくわダイエットは見た目だけでなく、体の内側からもキレイになれるダイエット法と言えますね。

貧血や骨粗しょう症の予防効果も

ちくわにはビタミンB12というビタミンも豊富に含まれています。このビタミンB12には、女性に多い貧血を改善してくれる効果があると言われているのです。

さらにはカルシウムとビタミンDも含まれています。現代人はカルシウム不足とも言われていますが、近年増加傾向にある骨粗しょう症を防ぐ効果もありますよ。

ちくわダイエットの特徴とメリット

出典:4travel.jp

安価なのでお財布にも優しい

種類によっても多少の差はありますが、多くの場合ちくわは手頃なお値段で、購入しやすい食材です。はるばる遠くのお店に行く手間も要らず、ビックリするくらい高価なダイエット食品などと違って、簡単に、しかも安価で購入できるのも、ちくわダイエットの大きな魅力と言えますね。

食事制限や辛い運動が不要だから手軽に始められて長続きしやすい

ダイエットをする時には多くの場合、辛い食事制限やハードな運動が必須だと思っている方も多いハズ。一時的ならよいですが、これを長く続けていくには根気も体力もかなり必要で、途中であきらめてしまう方も多いのではないでしょうか?

その点も「ちくわダイエット」なら、特別なことは何も必要ないので、手軽に始められて続けやすいダイエット法と言えるでしょう。

ちくわダイエットの方法

間食をちくわに置き換える

ダイエット中に急に甘いものが食べたくなる衝動に駆られた経験がある人は多いハズ。実はこれには脳内物質が関係しているので、抑え込むのが難しく、誰にでも起こりうる現象なのだそう。でも、「じゃあ仕方ない。」とあきらめて間食を続けていては、当然ダイエット効果を得ることはできません。

ではどうすればよいか?間食自体を太らない・あるいは太りにくいものに替えればよいのです。加えて腹もちが良いものならなおGOOD。低カロリーのちくわなら間食も最低限のカロリーに抑えられて、「食べちゃった…」という後悔やストレスを感じなくて済みますね。

メインのおかずをちくわにする

スポンサーリンク

間食以外では、1食を全てちくわに置き換えるのではなくて、メインのおかずにちくわを使う方法もあります。そのまま食べてももちろんOKですが、調理の仕方次第でいろんなアレンジができます。食感が良く、食べた~!という満足感が得られるのもちくわダイエットの大きな魅力と言えそうです。

食べ過ぎると塩分の取り過ぎになるので注意!

「ちくわダイエット」で気を付けなければいけない大事なポイントが1つあります。それはちくわに含まれている塩分。

ちくわ1本(30g)に含まれる塩分は約0.6gですが、これを5本入りパックをまるごと使うと塩分が3gになります。女性の1日の塩分の摂取量の目安は7gとされているので、他のタンパク質であるお肉や魚と比べると、かなり塩分高めの食材になるといえますね。

あまり塩分を取り過ぎると、むくみが生じる恐れもあるのでご注意ください。

おいしくちくわダイエットを続けたい方にオススメ!アイデアレシピ

ちくわが低カロリーなのはよくわかったけど、毎日ちくわばっかり食べてたら飽きちゃいそう…そう思う方も多いと思います。調理法次第でいろんな料理に使えるちくわのアレンジレシピをご紹介します。

画期的なアイデアレシピ!ちくわを使ったオムレツ

出典:cookpad.com

材料
千切りキャベツ1袋
ちくわ3本
玉子3ヶ
作り方
①ちくわは5mmくらい(お好みでOK)の幅に切って、フライパンで千切りキャベツと一緒に炒めます。
②キャベツがしんなりしたら塩コショウで味をつけて、薄焼き卵で巻いたら出来上がり!

使うのはちくわと千切りキャベツだけ。スーパーで売っている千切りされたキャベツを使って、帰宅後30分もあればパパっと作れそうな簡単・お手軽レシピですね。

超簡単!!キャベツとちくわのオムレツ

詳しいレシピはこちら!

ボリュームたっぷりのサラダにも

出典:cookpad.com

材料(4人分)
白滝1袋
ちくわ2本
コーン缶お好みで
ツナ缶1缶
コールスロー用キャベツ1袋
マヨネーズ大さじ3
麺つゆ大さじ1
小さじ2
ごま油ひと回し
乾燥わかめ大さじ1
作り方
①白滝はあらかじめ茹でて臭みを抜いておきます。
②白滝の水分をよく拭き取ってから、適度な大きさに切ったちくわと乾燥ワカメを盛りつければ完成!

白滝の下茹でさえすれば、後は材料を適当な大きさに切って一緒に混ぜるだけの簡単レシピ。帰宅が遅くなった夜でもすぐ作れて、とてもヘルシーなのも◎のサラダです。

ダイエット*白滝サラダ

詳しいレシピはこちら!

簡単でコスパも◎なんちゃってホイル焼き

出典:cookpad.com

材料(4人分)
ちくわ2本〜4本(お好みで調整してください)
鮭フレーク適量
もやし1袋
しめじ1/2株くらい
塩コショウ適量
ポン酢適量
作り方
①ちくわはお好みの大きさに切ります。
②切ったアルミホイルにちくわともやし、しめじなどを入れて、その上に鮭フレークを乗せたら、アルミホイルの口を閉めます。
③そのままフライパンで蒸し焼きにしても良し、トースターならもっと手軽にホイル焼きが楽しめそうです。

ちくわを焼いたり煮込む意外にも、こんな斬新な調理法がありました!鮭フレークを使うので材料費もかからず、美味しくてお財布にも優しいレシピですね。

節約*竹輪でなんちゃって鮭のホイル焼き

詳しいレシピはこちら!

副菜やお酒のおつまみなどに使われることが多いちくわでダイエットができるとは驚き!です。しかも食事制限や運動もしないので、ストレスが少なく、続けやすいのも大きな魅力。体にもお財布にも優しい「ちくわダイエット」。あなたもぜひお試しください。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!