ジュースクレンズとは?

出典:weheartit.com

海外セレブの間でブレイクし、日本でもモデルさんを中心にブームを巻き起こした「ジュースクレンズ」。都市部では、ジュースクレンズで飲む「コールドプレスジュース」専門店ができるほど話題になっています。

ジュースクレンズの「クレンズ」は「洗浄」を意味します。ジュースクレンズとは、固形物を摂らずに一定期間コールドプレスジュースを飲んで過ごすことで、体内を洗浄するダイエット法です。コールドプレスジュースは、スロージューサーなどの低速回転ですりつぶして搾汁されたジュースのことを言います。

コールドプレスジュースは野菜や果物からできており、野菜や果物に含まれるミネラルやビタミン、酵素を効率よく摂ることができます。酵素は人間の体の生命維持において欠かせない存在であり、ダイエットでも代謝を上げて痩せやすい体質に導いてくれる心強い存在です。

食べ物の内容や個人の体質にもよりますが、通常は消化・吸収にかかる時間は1日程度と言われています。固形物の消化・吸収には時間がかかり、消化器官はフル活動で働いているのです。ジュースクレンズでは、固形物を摂らないことで、消化器官にかかる負担を軽減することができ、体本来の働きを取り戻すことができます。

ここまでみると「野菜や果物からできたジュースって、グリーンスムージーと一緒じゃないの?」、「食べないならファスティングでしょ?」と思われるかもしれません。ジュースクレンズはグリーンスムージーやファスティングと共通する点もありますが、実は少し違います。

グリーンスムージーとの違い

出典:weheartit.com

コールドプレスジュースとグリーンスムージーの共通点は、使う原料が野菜と果物ということです。これにより、同じように酵素を摂ることができ、代謝を上げてダイエット効果を得ることができます。

グリーンスムージの特徴

使う原料は、野菜と果物に加えて水を入れます。水の代わりに、牛乳や豆乳などを入れる方もいるかもしれませんね。これらの材料を全てミキサーにかけて作るのがグリーンスムージーです。

酵素を摂れることはもちろんのこと、種ごと皮ごとミキサーにかけるため、食物繊維も豊富に摂ることができます。繊維質が残るので腹持ちが良く、便秘解消にも効果的です。しかしミキサーは高速回転なので、回転で生じる摩擦熱によって、ビタミンなどの栄養素が壊れる可能性があります。

コールドプレスジュースの特徴

コールドプレスジュースは、ミキサーで作ることはできません。スロージューサーで搾汁と繊維質を分離する、「コールドプレス製法」でジュースが作られます。スロージューサーは低速回転のため摩擦熱が生じることはなく、栄養素が壊れる心配はありません。

コールドプレスジュースは水分を加えず、野菜と果物のみを使用します。水分を加えずにある程度の量を作るには、かなりの野菜と果物が必要です。使う材料の水分量にもよりますが、1杯400mlのコールドプレスジュースを作るには、約1.5㎏の野菜と果物が必要と言われています。

栄養素が壊れることなく、しっかり凝縮されているコールドプレスジュースですが、グリーンスムージーに比べると繊維質が少なく、腹持ちはいいとは言えません。

ファスティングとの違い

ファスティングとは、断食のことを言います。元々は修行の一環として古くから行われ、固形物は一切食べてはいけないものでした。

ジュースクレンズも固形物は食べないので、この点についてはファスティングと同じです。どちらも体内洗浄し、ダイエット効果はあります。

しかし、ジュースクレンズは全く栄養を摂らないわけではなく、コールドプレスジュースから栄養素をしっかり補います。ジュースクレンズはファスティングの現代版と言って良いでしょう。

ジュースクレンズの効果

出典:weheartit.com

短期間で痩せたい女優さんやモデルさんは、撮影やショーの前にはジュースクレンズで体型を整えているようです。抜群のスタイルからみても、短期間で十分なダイエット効果を得られることが分かりますよね。しかし、ジュースクレンズがここまでブームになったのは、ただダイエット効果があるからというだけではありません。

ダイエット

ジュースクレンズの最大の効果は、女優さんやモデルさんが立証しているように高いダイエット効果です。ジュースクレンズ中は固形物を食べないので、自然と体重が落ち、痩せることができます。グリーンスムージーと比較すると劣りますが、食物繊維も含まれているので便秘解消に効果があります。

コールドプレスジュースには繊維質が少ないので、1食を置き換えただけではすぐにお腹がすいてしまいます。しかし、ジュースクレンズでは1日に何回もコールドプレスジュースを飲むので、空腹感に悩まされることはありません。

個人差はありますが、一度ジュースクレンズを行って成功すると、食欲が落ち着いて食べすぎることもないようです。酵素の力で、ジュースクレンズ終了後も痩せやすい体質を継続することができます。

デトックス

コールドプレスジュースに含まれる野菜や果物には、食物繊維の他、ビタミンやミネラルが豊富です。ビタミンやミネラルには、デトックス効果があるものが多く、カリウムもその1つです。カリウムには体内の水分量を調節し、余分な水分を排出する働きがあるので、トイレに行く回数が増えたり、むくみが解消されるようになります。

また、固形物を食べていなくても便通が良くなり、宿便が排出されることもあります。これは消化器官が休まったことで、消化吸収に使われていたエネルギーが排泄に使われるようになったためだと言われています。

「クレンズ=洗浄」からも分かるように、ジュースクレンズには高いデトックス効果があります。

アンチエイジング

アンチエイジングはもはや、若い世代から行うことが常識となりつつあります。早めに行うことで、その後の老化速度に影響するので、20代から取り組んでいる方も多いようです。

老化の大きな原因は活性酸素にあります。活性酸素が蓄積すると、シミやシワといった肌老化だけでなく、癌や糖尿病などの病気まで招くことに。活性酸素の除去に効果的なのが、ポリフェノールに代表される抗酸化物質です。コールドプレスジュースには、野菜や果物に含まれる抗酸化物質により、アンチエイジング効果が期待できます。

美肌

便秘は肌トラブルの原因とも言われますが、腸内環境は肌に影響します。酵素の力で代謝が上がり、腸が活発になると同時に、体の排泄する力が高まると腸内はきれいになり、自然と美肌になることができます。

また、コールドプレスジュースに含まれるビタミンやミネラル、抗酸化物質によって肌老化も防ぐことができます。美肌は外側からの働きかけばかりに注力しがちですが、外側から栄養を補うにも限界があります。内側からも栄養を届けることで、ターンオーバーの促進、肌のハリやツヤ感アップに繋がります。

免疫力アップ

「腸は人体最大の免疫器官」とも呼ばれるくらい、免疫を司る大切な器官です。腸内には善玉菌と悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌が存在します。免疫力がアップする腸内環境は、善玉菌が優位な腸内環境です。

消化器官を休ませるジュースクレンズでは、腸の働きを整えことができるので、善玉菌が優位な腸内環境にすることができます。腸内環境が整い、免疫力がアップすると、風邪などの感染症予防や、花粉症などのアレルギー予防にも繋がり、健康に役立ちます。

ジュースクレンズの正しい方法と注意点

出典:weheartit.com

ジュースクレンズは3〜5日間の短期間、固形物を摂らずにコールドプレスジュースと水分補給の水だけで過ごします。モデルさん達は1週間ぐらいジュースクレンズを行っていますが、相手はダイエットのプロです。初心者は3日間からスタートしましょう。

今日からジュースクレンズを始めようと思って、いきなりコールドプレスジュースを飲み始めるわけではありません。ジュースクレンズには、準備期間、実施期間、回復食期間という3つの段階があります。

ジュースクレンズでは、実施期間よりも準備期間や、回復食期間がとても大切になります。失敗しないためにも、正しい方法と注意点を守って行いましょう。

準備期間(開始1〜3日前)

水、または白湯を1日に1〜2L飲みます。食事は普通に食べても良いのですが、和食を中心としたメニューがおすすめです。特に前日はスタートしやすいよう野菜や果物を中心として、肉や炭水化物はあまり摂らないようにします。

注意点

開始前ですが、食べるものに注意しましょう。脂っこいものを避け、胃腸に負担のかからない食事内容にします。しばらく食べられないからと言って、食べすぎることのないようにしてくださいね。

実施期間(3〜5日間)

コールドプレスジュースは3食以外に間食代わりにも飲むので、1日に5〜6本を目安に飲むことになります。しかし、お腹がすいたらいつでも飲んでよいので、飲む本数にとらわれる必要はありません。

注意点

野菜や果物に含まれるカリウムは、水分を排出する効果があります。むくみ解消には効果的ですが、脱水症状を招くこともあるため、水分補給はしっかり行いましょう。ただし水分と言っても、胃腸を休ませている期間に、アルコールやカフェイン、炭酸飲料などの刺激物を摂ってはいけません。

回復食期間(終了1〜2日後)

終了後1〜2日間は回復食として、少しずつ普通の食事に戻します。終了後1日目の朝は重湯やグリーンスムージー、お昼からお粥を食べると良いでしょう。固形物を口にするのは1日目の夜からにし、お粥に消化の良いものを1品プラスする程度にします。

2日目からも薄味で消化の良いものを心がけ、2日目の夜からご飯をいつもの半分の量でスタートしましょう。その後は少しずつ、固形物を食べる量を増やしていきます。

注意点

固形物を食べられる喜びから、いきなり好きな物を食べてはいけません。急に脂っこいものを食べたり、一度にたくさん食べてしまうと、胃腸に負担がかかります。終了後、3日目から普通の食事に戻れるよう調整していきましょう。

コールドプレスジュースの入手法

出典:weheartit.com

いざ、ジュースクレンズを始めようと思っても、コールドプレスジュースがなければ始めることはできません。都市部でなければコールドプレスジュース専門店はありませんし、コールドプレスジュースの賞味期限は1日なので、購入できたとしても頻繁に行く必要があります。

すぐに購入できる方はいいのですが、そうでなければ通販を利用するか、自分で作るかという選択になります。

通販で購入

店舗販売しているお店のうち、通販で購入できるところもありますが、ほんの一部の店舗に限られています。元々、コールドプレスジュースには賞味期限が1日しかないため、通販で購入することは難しいようです。通販で購入できる商品は冷凍状態なので、賞味期限の心配はありません。

冷凍商品は出来立てと比べると多少鮮度は落ちますが、美味しく飲むことができます。熱を加えず、栄養素を壊さないことを掲げているコールドプレスジュースなので、解凍はレンジでの加熱や湯銭でしてはいけません。自然解凍や冷蔵庫での解凍が必要になるので、忘れっぽい方には通販はおすすめできません。

スポンサーリンク

自宅で作る

コールドプレスジュースを作る際に必要なのが、スロージューサーです。1分間の回転数や味、残りの繊維質の量などの違いから、様々なスロージューサーがあります。ミキサーのように数千円で購入できるものはなく、家庭用では価格は20000円以上からが一般的です。

コールドプレスジュースでもう一つ必要なのが、野菜や果物です。コールドプレスジュースでは、オーガニックの食材が必要になります。なぜなら、農薬を使用した野菜や果物では、洗浄どころか毒素が溜まってしまうからです。自分で作る際は、オーガニックかどうかを確認して野菜や果物を購入するようにしましょう。

おいしいコールドプレスジュースの組み合わせ

お好みの野菜や果物をスロージューサーにかけるだけでコールドプレスジュースはできますが、失敗するとびっくりするくらいまずくなり、せっかく始めたのに続かない…なんてこともあります。まずは、レシピを参考に作ってみてくださいね。基本的に作り方は、材料をスロージューサーにかけるだけです。

野菜や果物の水分量によって出来上がりの量は異なりますが、目安は全体で1㎏の材料が必要になります。ただし、使用するジューサーによって入れられる材料の量は異なるので、お使いのジューサーに合わせて調整してくださいね。

最初は果物を多めにすると飲みやすいかもしれません。慣れてきたら、自分好みの味を見つけるために色々な組み合わせでチャレンジしてみましょう。基本系の作り方を応用してスパイス系を少量加えると、アクセントになってまた違った味わいを楽しめますよ。

オレンジのコールドプレスジュース

オレンジの主体は人参や柑橘系です。柑橘系を加えることで、初心者でも飲みやすい味になります。

①にんじん×りんご×レモン×みかん

出典:cookpad.com

材料(1杯分)
にんじん大4本
りんご中1個
レモン1個
みかん小5個
作り方
①みかんとレモンは皮を剥きます。
②ニンジン、りんごはジューサーに入れやすいように切ります。
③全ての材料をジューサーにかけます。
  • 摂れる栄養素:ビタミンA、カリウム、食物繊維、ビタミンC、クエン酸、りんご酸、ポリフェノール

オレンジのコールドプレスジュース♪ by banillla クックパッド 簡単おいしいみんなのレシピが245万品

詳しいレシピはこちら!

②にんじん×りんご×しょうが

出典:cookpad.com

材料(1人分)
にんじん3本
りんご1/2個
しょうが1かけ
シナモンパウダー少々
ナツメグパウダー少々
作り方
①にんじん、りんごはジューサーに入れやすいように切り、しょうがは皮を剥きます。
②にんじん、りんご、しょうがをジューサーにかけます。
③出来上がったジュースにナツメグとシナモンパウダーを振りかけて混ぜます。
  • 摂れる栄養素:ビタミンA、カリウム、食物繊維、クエン酸、りんご酸、ポリフェノール

スパイシーキャロットジュース by リメンバーザレモン クックパッド 簡単おいしいみんなのレシピが245万品

詳しいレシピはこちら!

グリーンのコールドプレスジュース

グリーンの主体は葉物野菜です。苦みのある野菜は、果物をたっぷり入れると飲みやすくなります。

①大葉×オレンジ×はっさく×レモン

出典:cookpad.com

材料(2杯分)
大葉10枚
オレンジ1個
はっさく1個
レモン1/2個
作り方
①オレンジ、はっさく、レモンは皮を剥きます。
②全ての材料をジューサーにかけます。
  • 摂れる栄養素:クエン酸、カリウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、鉄分

大葉とフルーツのコールドプレスジュース by わちっこ クックパッド 簡単おいしいみんなのレシピが245万品

購入はこちら!

②セロリ×パイナップル×レモン

出典:cookpad.com

材料(1杯分)
セロリ1本
パイナップル1/4個
レモン1/2個
作り方
①パイナップルとレモンは皮を剥きます。
②全ての材料をジューサーにかけます。
  • 摂れる栄養素:ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンG、カリウム、食物繊維、クエン酸、ポリフェノール

⑥セロリのコールドプレスジュース by banillla クックパッド 簡単おいしいみんなのレシピが245万品

詳しいレシピはこちら!

レッドのコールドプレスジュース

レッドの主体は、トマトやビーツといった野菜です。甘味がある野菜なので飲みやすく、野菜が入っていながらもフルーツジュースを飲んでいるような味わいになります。

①トマト×グレープフルーツ×パイナップル

出典:cookpad.com

材料(2杯分)
トマト中2個
グレープフルーツルビー1個
パイナップル1/4個
作り方
①グレープフルーツ、パイナップルは皮を剥きます。
②トマトのへたを取り、全ての材料をジューサーにかけます。
  • 摂れる栄養素:ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンG、ビタミンE、クエン酸、カリウム、ポリフェノール、リコピン、カルシウム、鉄分、食物繊維

トマトとパインのコールドプレスジュース by わちっこ クックパッド 簡単おいしいみんなのレシピが245万品

詳しいレシピはこちら!

②ビーツ×にんじん×りんご×デコポン

出典:cookpad.com

材料(1杯分)
ビーツ1/2個
にんじん1本
りんご1/2個
デコポン1/2個
作り方
①デコポンは皮を剥きます。
②ビーツ、にんじん、りんごはジューサーに入れやすいように切ります。
③ビーツ、にんじん、りんご、デコポンの順でジューサーに入れてかけます。
  • 摂れる栄養素:リンゴ酸、ポリフェノール、カリウム、食物繊維、ビタミンA、葉酸、カルシウム

ビーツのコールドプレスジュース by アルファー クックパッド 簡単おいしいみんなのレシピが245万品

詳しいレシピはこちら!

ジュースクレンズのデメリット

出典:weheartit.com

短期間でダイエット、美容、健康に効果があるジュースクレンズですが、デメリットもあります。デメリットも理解してから始めましょう。

コストがかかる

コールドプレスジュースは店舗で購入すると1杯1000円程します。使用する野菜や果物がオーガニックであり、それが1杯に1.5㎏使用されているとなると、値段が高いのも納得はできます。

しかし、1日6回飲むとすると1日で約6000円、3日続けるとすると約18000円かかることになります。通販であっても1日に8回飲むと、約10000円のコストがかかります。

また自分で作る場合にも、スロージューサーやオーガニック野菜、果物を購入するとそれなりにコストがかかります。しかし、定期的にジュースクレンズをしようと思っている方は、初期投資のスロージューサーさえ購入してしまえば、その後のコストは野菜と果物だけで済むのでコストに悩まされることはないでしょう。

ダイエット効果は高くても、コスト面から続けられないという方は、ジュースクレンズダイエットそのものが失敗しやすいので要注意です。

体調を崩す恐れがある

体が本来の働きを取り戻そうとする過程で、好転反応が現れることがあります。好転反応の症状としては、頭痛やめまい、吐き気、吹き出物が現れます。これは一時的なものなので心配することはありませんが、あまりにも辛い場合はジュースクレンズを中止しましょう。

ジュースクレンズ中に好転反応が現れるのは、デトックスがしっかり効いている証拠です。老廃物が排出された後は、代謝が上がって痩せやすくなってきます。この時期は無理をせず、リラックスして過ごすようにしましょう。

好転反応を考慮するとジュースクレンズは、休日を狙って行うことがおすすめです。生理前や生理中、病後間もない時は本調子ではないので、休日であっても開始しないようにしましょう。

リバウンドの恐れがある

ジュースクレンズにおいて、リバウンドするか否かは回復食期間にかかっています。ジュースクレンズの実施中は栄養を摂れるとは言え、普通に食べていた時に比べると摂取カロリーは大幅にダウンしている状態です。

人間の体には「ホメオスタシス機構」が備わっており、体が痩せすぎて危機的状況だと判断すると、食べ物の栄養をどんどん吸収しようと働きます。さらに、栄養は蓄えるのに消費カロリーは使わないように抑えられてしまうので、痩せにくくなります。これがリバウンドの原因です。

ジュースクレンズ実施中、体は摂取カロリーが少ないことで危機的状況だと判断し、終了後は回復食で得られる栄養を全て溜め込みます。回復食期間で高カロリーなものを食べたり、一度にたくさん食べてしまうと全て吸収されてリバウンドしてしまうので、注意が必要です。

メリット・デメリットを考慮した上で、ジュースクレンズを始めてくださいね。ジュースクレンズの効果は、女優さんやモデルさんを見ても分かるようにかなり高いと言えます。しかし、それは正しい方法で行ったからこそです。始める場合は、注意点を守って正しく行いましょう。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!