ダイエットのメリットとは?デメリットとは?

出典:weheartit.com

ダイエットには様々な方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。多くのダイエット紹介サイト、特にステルスマーケティング(ステマ)で商品の購買を暗に誘導しているサイトでは、メリットばかりを強調しているので注意してください。必ずデメリットも確認してから始めるようにしたいものです。

全てのダイエットについて書くのは無理があるので、今回は代表的なダイエット方法5つに絞ってメリットとデメリットを確認してみましょう。

どんなダイエット方法でも、リバウンドが大きかったり、肌が荒れてしまったり、辛くて嫌になってしまったり、面倒で続かないなど、色々とデメリットはあります。また、痩せたくて始めたダイエットで体調が良くなったり、肌の調子が良くなったり、便秘が改善されたなど、思わぬメリットがあったりもします。

メリットとデメリットを理解する事によって、自分に合っていて長く続けていけるダイエット方法を見つけることができれば、と思います。

ポイント

一方的な広告や宣伝に惑わされず、デメリットも確かめよう!自分に合ったダイエット方法を選んで生活習慣にすると長続きできる。美容効果も合わせて考えるとGOOD♪

①ダイエットといえばコレ!「カロリー制限ダイエット」

出典:weheartit.com

一般的に「ダイエットする!」と言うと、このカロリー制限ダイエットだと思います。とりあえずカロリーが高そうな食材は食べない、食べる量を減らしてお腹が空いても我慢するというダイエットです。

カロリー制限ダイエットのメリット

空腹や食べたいのを我慢するのは辛いですが、特に難しくはなく手軽にできるダイエットです。

  • 我慢するだけなら、面倒臭さはない
  • 意思が強ければ、痩せることができる
  • 食べるのを我慢していると、ダイエットを頑張ってるという実感がある
  • 長期的に実践できれば、ご飯の量を半分に減らすだけでも効果がでる

カロリー制限ダイエットのデメリット

食べたい物を我慢して空腹に耐えなくてはいけないので、かなりストレスが溜まります。栄養バランスを考えずに、食べる量の制限をすると、デメリットばかりが目立ってしまうことに。何よりも、リバンドしやすいのと太りやすい身体になってしまうのが最大のデメリットです。

  • ストレスが溜まりやすい
  • 肌が荒れたり、便秘になりやすい
  • 疲れやすくなる
  • 基礎代謝が落ちるので、太りやすくなってしまう
  • 急激な栄養不足と栄養バランスの悪さから、リバウンドしやすい
  • 長続きしにくく、耐えきれず食べてしまうと反動が大きい
  • ずっと食べるのを制限しないと痩せている状態を保てない

とりあえず摂取するカロリーが減るので、無駄に脂肪がつきにくくなります。でも、痩せたけど・・・なんだか体調が悪いし、やつれた感じ・・・?そんな残念ダイエットにならないように、注意しましょう。

面倒ですがきちんとカロリーを考え、栄養バランスの良い食事を摂る事を習慣にできれば、綺麗に痩せる事ができるダイエットです。

ポイント

食べないダイエットはストレスになる上、健康面と美容面に悪影響が!!低カロリーで栄養バランスの良い食品を選ぼう♪

②コレだけ食べる!コレは絶対に食べない!「食材制限ダイエット」

出典:weheartit.com

時々流行る「バナナだけダイエット」や「炭水化物抜きダイエット」などの、食べるものを制限するダイエットです。バナナだけではなくリンゴだったり、コンニャクだったり、ご飯やパンなどの炭水化物(糖質)は一切食べないなど、「この食品だけ食べる」または「この食品は絶対食べない」で、手軽にできるダイエットです。

食材制限ダイエットのメリット

決まった食品だけを食べたり、絶対食べないようにするダイエットで、始めようと思ったらすぐにでもできるお手軽ダイエットです。

コレだけ食べるダイエット(バナナ・リンゴダイエット等)

  • 食べる食材を決めたら、買い物をしてくるだけで始められる
  • その食材が好きな人にとっては、嬉しいダイエットになる
  • 食べるものを決めるだけで、面倒がない

コレは食べないダイエット(炭水化物・糖質抜きダイエット等)

  • 食べないと決めた食品を食べないだけなので、手軽にできる
  • お米を買ったり炊いたりなどの料理の手間が減る
  • お米は食べなくても、おかずはしっかり食べる事ができる

食材制限ダイエットのデメリット

どんなにバナナが好きでも、リンゴが好きでも、ずっと同じものだけを食べるのはかなり辛いものがあります。そして日本人としては白米をまったく食べない食事はなんとくなく物足りなさを感じてしまいますし、栄養面でも偏りがでます。

コレだけ食べるダイエット

  • いくら好きでも、続けていると飽きる
  • 栄養が偏り、健康に問題がでてくる
  • 毎日の活動のためのエネルギーが不足して、頭も身体もボーっとしてくる

コレは食べないダイエット

  • 甘い物やご飯が好きな人には辛い
  • 炭水化物を抜くと身体と脳がエネルギー不足になり、ボーっとしたり身体がだるくなる
  • 特に20代未満の成長期に炭水化物を制限すると、身体も脳も成長するためのエネルギーが不足して危険
  • 身体が糖分を欲しがるようになり、ダイエットを諦めると反動が大きい
  • リバウンドする上、太りやすい身体になる

食材を制限するダイエットは栄養バランス面から考えると、とても危険です。「コレだけを食べる」「炭水化物を食べない」ではなく「コレを多めに食べる、または一食を置き換える」「炭水化物を控える」と考えましょう。

③血糖値をおさえて脂肪を溜めさせない「血糖値コントロールダイエット」

出典:weheartit.com

食事をすると血糖値は上昇しますが、急激に血糖値が上昇すると身体は血中の糖を取り込んで、脂肪に変えて蓄えようとします。逆にゆっくりと上昇するとこの作用は起きないので、脂肪がつくのを防ぐことができます。

当然、食材によって血糖値を上昇させるスピードは違いますよね。血糖値コントロールダイエットとは、血糖値をゆっくりと上げるような食材を選んで食べるダイエットです。

生理学的に理にかなっているので、効果が期待できるダイエット法です。低インスリンダイエットや難消化性デキストリンダイエットなどがあります。難しそうなネーミングですが、ダイエット自体は難しいものではありません。

低インスリンダイエット

低インスリンダイエットはGI値という、血糖値を上昇させるスピードを表した値を参考に、食べるものを選んで食べます。GI値の低い食材を選んで食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

難消化性デキストリンダイエット

難消化性デキストリンダイエットは、トクホの成分でもある「難消化性デキストリン」を食事と一緒に摂ることで、血糖値の上昇を穏やかにするダイエットです。

血糖値コントロールダイエットのメリット

  • 生理学的に理にかなっているので、効果が期待できる
  • 血糖値を上げるスピードの遅い(GI値の低い)食品を選んで食べるだけなので、手軽にできる
  • 食事と一緒に難消化性デキストリンを摂るだけなので、手軽で長続きする
  • 難消化性デキストリンは、便秘や美容にも効果がある
  • 食事の制限が少なく、カロリーもあまり気にする必要がない
  • リバウンドがなく、痩せやすい体質になる

血糖値コントロールダイエットのデメリット

  • 速攻性がなく、長続きさせないと効果が見えにくい
  • GI値を調べたり覚えるのが面倒
  • 好きな食材なのにGI値が高いと、食べるのを控えなくてはいけない
  • カロリーを気にしなくていいから、と食べすぎてしまう
  • 脂肪がつきにくくなるから、と油断して運動をしなくなる
  • 難消化性デキストリンは、お腹が緩くなることがある(量を調整する必要がある)

身体の生理学を考えたダイエットは、体質から変えることが可能です。無理をしなくとも食事の習慣にしてしまうことで自然とダイエットになる上、便秘や美容にも効果があるのは嬉しいですよね。油断せずに食べすぎや運動不足には注意しましょう。他のダイエットと平行すると効果的ですよ。

トクホ食品で難消化性デキストリンを摂ろうとすると、ものすごくコスパが悪いので、原料となっている粉末状のものを使ったほうがお得な上、自分に合った量の加減ができます。

出典:www.amazon.co.jp

Amazon.co.jp: 難消化性 デキストリン

難消化性デキストリンの購入はこちら!

ポイント

血糖値をコントロールする事で、生理学的に理にかなっているダイエット!効果がなかなか出てこないけど、習慣にしているといつの間にかスッキリ♪油断しないで適度な運動をしながら、食べ過ぎないように注意しよう。

④順番を考えて食べるだけで効果あり!「食べ順ダイエット」

出典:weheartit.com

食べ順ダイエットとは、脂肪がつきにくくなるような順番で食事をするダイエットです。血糖値を急激に上昇させないような順番食べるという考え方なので、このダイエットも血糖値をコントロールするダイエットの一種でもあります。

食事をするときは、まず野菜から食べます。野菜を食べ終わったらみそ汁やヨーグルトなどの発酵食品、そして肉や魚などのタンパク質、最後にご飯、の順に1品ずつ完食しながら食べ進めます。

食べ順ダイエットのメリット

  • 順番を守って食べるだけなので簡単
  • 常識内であれば、カロリーを気にせず食べることができる
  • 満腹感が出てくるので、最後のご飯は食べる量が少なくて済む

食べ順ダイエットのデメリット

  • 速攻性がないため、長く続けないと効果が見えにくい
  • 少量で良いとはいえ、最後にご飯だけを食べるのは味気なく食べにくい
  • 日本の食事ではマナー違反なので、人前ではちょっと実践しにくい
  • 一口おかずを食べたらご飯、という食べ方ができないので不満がでる人もいる

日本ではマナー違反ですが、簡単なので実践したいダイエット方法です。この方法だけだとすぐには効果が出ないので、他のダイエットをしながら食事の時はこの順番に食べるようにするといいですね。食事がちょっとつまらなくなってしまうかもしれませんが、食事の習慣にしてしまえば意識しなくてもダイエット効果が続きますよ。

⑤「ダイエット」の本来の意味である「食事療法ダイエット」

出典:weheartit.com

ダイエットといえば「食事制限や運動で痩せる事」と思いがちですよね。今はそれが現状なのでいいのですが、本来の「ダイエット」の意味は「食事療法」なのです。美容と健康を考えた、適正な体重を維持するための食事による制限のことを指します。

このダイエットは、カロリー計算や栄養バランス、献立、食事の時間まで考えてするダイエットで、ある程度専門的な知識が必要です。自分で調べて考えるのもいいですが、専門家のアドバイスも欲しいダイエットです。

食事療法ダイエットのメリット

ここまでやれたら、痩せられること間違いなし!手間がかかる分、大きな効果を得られます。痩せるだけではなく、美容と健康面からも効果が期待できますよ。実際に医学的な治療(糖尿病など)にも使われるダイエット方法です。

  • 医学・生理学に基づいたダイエット方法なので、効果が大きい
  • 健康的に痩せることことができ、便秘が解消したり冷え症が改善される等、体調が良くなる
  • 美容的にも良い影響がでるので、肌や髪が綺麗になる
  • 自分に合うかどうかは別として、レシピがある程度出来上がっている

食事療法ダイエットのデメリット

カロリー計算や献立を考えて食事を用意しなくてはいけないため、ものすごく手間がかかり実践するのが大変なダイエットです。

  • とにかく手間がかかり、始めるのも続けるのも面倒
  • 栄養学の知識が必要になってくる
  • 外食ができなくなる
  • 自己流だけでは難しい部分もあり、専門家のアドバイスも欲しくなる

栄養学の知識のある人や料理好きな人にはお勧めのダイエットです。糖尿病食が最高のダイエット食とも言われていますので、参考にすると良いかもしれませんね。

⑥身体を動かせ!脂肪を燃やせ!!「スポーツ系ダイエット」

出典:weheartit.com

ダイエットにどうしても必要なのが運動です。綺麗に痩せるためにも、また痩せやすい体質になるためにも、無理のない程度でもよいので身体を動かしましょう。

スポーツ系ダイエットのメリット

食事をコントロールするだけでもダイエットにはなりますが、脂肪を燃焼させるには運動は必要です。少しでも脂肪を減らしたい、これ以上脂肪をつけたくない人は運動をして脂肪を燃焼させましょう!

  • ついてしまった脂肪を燃やせる
  • 筋肉が増え、基礎代謝が上がり痩せやすい身体になる
  • 1日の適正カロリー量が増えるので、食べる量も増やすことができる
  • 身体が引き締まり、メリハリのある体型になる
  • 血行が良くなり、冷えやむくみ、肩こりなども改善される
  • 食欲を抑えるのが難しい人は、オーバーしたカロリーを運動で消費できる

スポーツ系ダイエットのデメリット

なんと言っても疲れます。運動する時間を作るのも難しい人もいます。普段から運動している人でなければ、年齢を増すほどに運動は辛くなりますよね。

  • 疲れる・運動自体が辛い
  • 運動する時間がなかなかとれない
  • 思っているよりカロリーを消費しない
  • 有酸素運動は、長時間(20分以上)続けないと効果がない
  • 運動しているから大丈夫、と消費カロリー分以上食べすぎてしまう恐れがある

疲れる割には、意外に消費カロリーガ少ないダイエットです。それでもゴロゴロしているよりは確実にカロリーを消費できます。脂肪を燃やしながら基礎代謝を上げ、筋肉をつけて痩せやすい身体になる!という意識で頑張りましょう。ムキムキになる必要はありません(笑)

ポイント

辛いけど、運動は脂肪を燃焼させるには必要。筋肉を増やすことで基礎代謝があがって、痩せやすい身体になれる♪身体を動かしてメリハリのあるボディを目指そう!

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!