8:16ダイエットってどんなもの?

8時間の間に1日の食事を終える!

出典:kenkoutaisitsu.com

8:16ダイエットとは、1日24時間を食事可能な8時間と、一切食事をせずに胃腸を休める16時間に分けて行うダイエット法のことを指します。『主治医が見つかる診療所』の中で紹介され、一躍注目を集めるようになりました。

この8:16ダイエットを紹介したのが福岡県北九州市の「かたやま脳外科内科クリニック」院長片山成二医師。片山医師自身もこのやり方で10kgのダイエットに成功し、クリニックでも食事療法として患者さんにご紹介しているそうです。

8:16ダイエットのやり方

やり方
・1日のうち16時間以上を絶食時間として確保して胃を休める
・絶食は週3回から毎日行うのが効果的
・絶食時間以外は普段通りの食生活を送る
・食事の回数や食事の量を極端に増やすのはNG
・絶食時間中は水分をしっかり摂取する
・栄養バランスの整った食事内容を心がける

絶食時間として16時間確保しなければなりませんから、例えば朝7時に朝食を食べたら最後の食事を15時までに終わらせ、それ以降は何も食べてはいけないことになります。

仕事をしている場合、付き合いでの食事などもありますから、正直15時以降何も食べられないのは厳しいですよね。そういう時は、朝食を抜いて12時に昼食をとり、20時までの間に夕食を終えるという形がやりやすいかもしれません。

どうしてダイエット効果があるの?

摂取カロリーが減る

出典:weheartit.com

8:16ダイエットでは朝食を抜く方が多いため、その分だけ自然と摂取カロリーが減ります。摂取カロリーが減れば、蓄積している脂肪をエネルギーとして活用してくれますので、あまり意識していなくても体重は落ちていくんですよ。

また、カロリーの高い飲み物を摂取しなくなるのもダイエット効果が高い理由。飲み物だからと甘く考えがちですが、清涼飲料水にはかなりの量の糖質が含まれていますので、飲みすぎるとあっという間に体重が増えてしまうため注意が必要です。

代謝酵素が活性化して代謝アップ!

8:16ダイエットによるダイエット効果が大きい理由は、主に代謝酵素の活性化にあります。人間の体には消化と吸収を促す消化酵素と、排泄や代謝に関与する代謝酵素の2種類があり、これらの酵素のトータル量は一定です。

そのため、例えば食べ過ぎて消化酵素が大量に使われると、代謝酵素の量が減って代謝や排泄が滞ってしまうのです。8:16ダイエットで絶食時間が増えれば消化酵素の消費量が減るため、 それだけ代謝酵素の量が増えて代謝や排泄が促されますよね。

代謝が良くなれば脂肪が燃えやすい体質に変わっていきますから、太りにくく痩せやすい体質作りにも役立つんですよ。

胃腸機能回復による便秘解消

出典:weheartit.com

胃腸に食物が入っている間は、消化に体のエネルギーが使われ続けるため体が休まりません。また消化以外の機能が低下するため、排泄も滞って便秘がちになる場合も。加えて、消化中は副交感神経が優位になるため眠気を感じて仕事や勉強に集中出来ないなんていう弊害まであります。

16時間の絶食中にしっかり胃腸を休ませてあげられれば、胃腸機能が回復して便秘の解消や消化吸収能力の向上にもつながります。食べ物の消化吸収能力が上がると、エネルギーに変換しやすくなるので太りにくい体になるというメリットもあるんですよ。

さらに便秘が解消すると、老廃物や毒素の排出がしっかり行われるようになるため、美肌効果も期待できます。

病気の予防効果も!?

8:16ダイエットを提唱した片山医師によると、絶食により細胞の自浄作用が増強されたり脳由来神経栄養因子が増加したりすることで、アルツハイマー病やガーキンソン病、うつ病などの予防・改善効果も期待できるそうです。

アンチエイジングにも効果的とのことですので、ダイエットだけではなく健康維持や美容のためにも8:16ダイエットを活用していきたいですね。

16時間の空腹時間を上手に乗り切るコツ!

お腹が空いたら無塩バターコーヒーを

出典:chiswickherald.co.uk

16時間の絶食中、どうしてもお腹が空いて我慢出来なくなる場合もあります。そんな時に片山医師が推奨していたのが「無塩バターコーヒー」を飲むこと。

スポンサーリンク

無塩バターコーヒーとは、コーヒー1杯に小さじ2杯程度の無塩バターを加えたもの。無塩バターを加えるとブラックコーヒーよりもカロリーが増えてしまいますが、無塩バターの脂肪分が効果的に食欲を抑制してくれます。

とはいえ飲み過ぎはカロリー過多になりますので、1日の目安は2杯から3杯。朝食に無塩バターコーヒーを飲み、12時に昼食、20時までに夕食を終えるようにすると、1日のスケジュールが立てやすくなるかもしれませんね。

睡眠時間をしっかり確保!

睡眠時間と食欲は実はとても密接な関係があります。十分な睡眠時間を取ると食欲抑制ホルモンである「レプチン」の分泌が促されるため、空腹を感じにくくなるんですよ。一方睡眠不足は食欲増進ホルモンの「グレリン」を多く分泌させてしまうため、より空腹を感じやすくなるように。

レプチンを多く分泌させるためには、7時間の睡眠が理想的とされていますので、ダイエット期間中はしっかり睡眠を取るように心がけたいですね。16時間中7時間を睡眠に当てられれば、かなり楽に絶食時間を過ごせるようにもなりますよ。

こまめに水分摂取する

絶食時間中は、水やお茶などのカロリーの低い飲み物をこまめに摂取するのがポイント。しっかり水分を取れば代謝や排泄を促せますし、空腹を和らげる効果も期待出来ます。

ただし、清涼飲料水や野菜ジュースなどのカロリーの高い飲み物はダイエットの妨げになりますので、控えるようにしてください。基本はノンカロリー・ノンカフェインの飲み物ですが、ブラックコーヒーも1日1杯から2杯程度ならOKです。

食物繊維を摂って腹持ちをよくしよう

出典:weheartit.com

野菜やフルーツなどに多く含まれている食物繊維は、整腸作用があるだけではなく血糖値の上昇を緩やかにして空腹感を感じにくくしてくれます。8:16ダイエット中は基本的に何を食べてもOKですが、炭水化物ばかり食べてしまうとすぐに空腹感が出てきてしまうので要注意。

野菜などの食物繊維が豊富な食材を多めに食べるようにして、絶食時間中の空腹を上手に乗り切るようにしてくださいね。

アロマオイルを活用して食欲抑制

絶食中に自分の部屋にいると、つい口寂しくなって何か食べたくなってしまいますよね。そんな時にオススメなのがアロマオイル。オレンジやグレープフルーツ、レモンなどの柑橘系の香りには食欲抑制作用がありますので、ぜひ活用してみてください。

また、空腹でイライラしてどうにもならない方には、シダーウッドやサンダルウッドなどの木の香りがオススメ。心が落ち着いてイライラを和らげてくれますよ。アロマオイルでも空腹が紛れない場合には、氷やシュガーレスガムを口に入れておくと食欲を抑えられます。

8:16ダイエットの注意点

暴飲暴食は絶対NG

たまに「1日のうち8時間しか食べられる時間がないから、この時間内に食べられるだけ食べなくては!」という方がいます。ですがこのように暴飲暴食をすると、確実にダイエットに失敗しますので止めておきましょう。

8:16ダイエットでは16時間以上の絶食時間に加えて、食事可能な8時間は通常通りの食事を摂るのが鉄則。摂取カロリーが増えるほど痩せにくくなるのは当然の話ですので、注意してくださいね。

リバウンド防止に運動も取り入れよう

8:16ダイエットは基本的に食事療法のみのダイエットですから、運動については特に決まりはありません。ですが食事療法だけでダイエットを行うと、脂肪と一緒に筋肉も落ちてリバウンドのしやすい体質になってしまう危険性も。

8:16ダイエット中は代謝が良くなっていますから、運動を取り入れるとさらに効率的に脂肪を燃焼出来ます。通勤中は出来るだけ階段を使うようにしたり、歩く時間を伸ばしたりするだけでもOK。

軽い有酸素運動でも十分に脂肪燃焼効果を期待できますので、自分に出来る範囲で体を動かす習慣をつけてみてください。

食事の時間調整が難しい場合は…

出典:weheartit.com

仕事の関係でうまく食事の時間制限が出来ない場合もありますよね。「何が何でも16時間は絶食!」と厳しく決めてしまうと、すぐに続かなくなってしまいます。

8:16ダイエットを継続させるコツは、ある程度時間や頻度に余裕を持たせること。週3日だけ行うようにしたり、どうしても厳しい日は食事可能時間を10時間に伸ばしたりして調整しましょう。

ただ、夕食の時間をあまりに遅くすると脂肪の蓄積を促しますから、これは避けるようにしてください。ダイエット中は、出来るだけ20時までに食事を終えるのが理想的です。

いかがでしたでしょうか?ダイエット効果だけではなく、美容や健康にも良い効果が期待できる8:16ダイエット。通常の食事制限ダイエットとは異なり、そこまで辛い食事制限は必要ありませんので、興味が出てきた方はぜひ取り組んでみてください。

自分の都合に合わせて時間を調整出来る余裕をもたせておくのが、8:16ダイエットを続けるコツ。きちんと継続できれば必ず効果が出ますので、無理のない範囲でダイエットを行っていきましょう!

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!