ピーナッツは太るのでは?

出典:weheartit.com

一般的に、ピーナッツは太るというイメージはありますね。たしかにピーナッツは脂を多く含んでいるので、基本的にはカロリーの高い食材です。

ピーナッツ1粒では、約3kcalです。100g当たりでは、なんと約590kcalにもなります。これはピーナッツだけのカロリーで、バターピーナッツにしたり、チョコレートでコーティングされると、もっとカロリーが高くなります。でも一度にピーナッツをそんなにたくさん食べることはありませんね。

ピーナッツの成分の半分以上は脂質なので、カロリーは高くなります。しかしピーナッツの脂は不飽和脂肪酸で、身体にはいい脂です。またピーナッツは、糖質が少なく、甘いおやつよりはよっぽど健康的。食べる量や時間に気をつければ、ダイエット中でもおすすめの食材なんですよ!

ピーナッツ、実はダイエットに効果的な食品だった!

ピーナッツにはビタミンBが含まれ、糖質をエネルギーに変換して脂肪燃焼をサポートする効果があります。さらに代謝を高める亜鉛が含まれているので、ダイエットをサポートする食品なのです。

もっと付け加えるならば、ピーナッツは食物繊維が豊富で、腹持ちもよく、便秘の解消にもなります。

食物繊維の量(100gあたり)
食材食物繊維の量
ピーナッツ7.2g
ゴボウ5.7g

ピーナッツダイエットってどうやるの?

ピーナッツダイエットの方法をご紹介します。

ピーナッツダイエットのやり方

出典:weheartit.com

夕食前の空腹時に、おやつとしてピーナッツを食べます。10~20粒程度をよく噛んで食べます。食べるときには、一緒にお茶などの水分をしっかり摂ります。10~20粒程度ならカロリーもそれほど高くなく、満腹感も得られるため、他のおやつを食べる必要はありません。また、夕食の妨げにもなりません。

ピーナッツは糖質が少ないので血糖値が上がりにくく、しかも食物繊維が豊富で腹持ちがいいので、間食に向いています。お菓子よりは健康的で低カロリーなおやつとして、ダイエットに効果があるのです。

朝食やランチの1品としてピーナッツを取り入れてもいいでしょう。その分、他の食品を減らすことができます。また、ランチの時間がないときに代わりにピーナッツを食べるのもおすすめですよ!

どんなピーナッツを選べばいいの?

ピーナッツダイエットには、シンプルなピーナッツを選びましょう。バターピーナッツくらいならいいですが、チョコレートコーティングなど、いろいろな味がついているものは逆効果です。

一般的におつまみになるのはバターピーナッツです。原材料に塩やバター、植物油と書いてあるものです。最近は塩や油を使わない素焼きピーナッツも手に入ります。

ピーナッツ1粒あたりのカロリーと糖質
調理法カロリー糖質
素焼きピーナッツ3kcal0.06g
バターピーナッツ6kcal0.1g

より効果を高めるには

ピーナッツダイエットも、ちょっとしたことに気をつけるとより効果を発揮します。ピーナッツは新陳代謝をアップする働きがあるので、運動と組み合わせると効果的。ピーナッツを食べることで、中性脂肪を減らしてカロリーを消費しやすくなるため、運動の効果が上がりやすいのです。

スポンサーリンク

ピーナッツは夕方までに食べましょう。脂が多いので、カロリー消費が落ちる夜には向いていません。夕方までの空腹時に食べて、食事全体の量を減らしましょう。

最近は皮付きのピーナッツも売っているので、あれば皮付きを選びましょう。皮にはポリフェノールなどの抗酸化物質が多く含まれています。殻付きのピーナッツも酸化しにくいのでおすすめです。

ピーナッツは健康にも効果的

出典:weheartit.com

ピーナッツには、ダイエットだけでなく、健康に良い成分もたくさん含まれています。特に生活習慣病を予防する効果が期待できるんですよ!

ピーナッツにはオレイン酸が多く含まれているので、血中の悪玉コレステロールを減らします。そのため、心臓病や動脈硬化、高血圧、胆石などの予防が期待できるのです。コレステロールの多い食品である卵やイクラなどを食べたあとにピーナッツを食べるとより効果的。

またピーナッツには、いろいろな種類のビタミンやミネラルが含まれています。特ににアミノ酸のアルギニンが多いので、血行を良くして、冷え性や血行不良を改善してくれます。

加えて、ビタミンEやポリフェノールが多く含まれているので、強い抗酸化作用があります。抗酸化作用が血液をサラサラにし、血液中の中性脂肪を減らしてくれるため、動脈硬化や脳卒中、ガン、心臓病などの予防も期待できるのです。

ピーナッツバターでもダイエット?

ピーナッツをバター状にしたピーナッツバターという食品もあります。ピーナッツバターは普通のピーナッツよりもさらに太るイメージがありますが、うまく利用すればダイエットにいいのです。

ピーナッツバターは、ピーナッツをすりつぶして細胞が壊れた状態になっています。そのため、普通のピーナッツを食べるよりも栄養素が吸収されやすくなっているのです。もちろん、ピーナッツバターは腹持ちがいいので、ムダな間食を減らす効果もあります。

ただし、ピーナッツバターは大さじ1杯で約94kcalと高カロリー。食べ過ぎには注意してください。目安は1日スプーン2杯分程度です。国産のピーナッツバターは加糖のものが多いですが、甘くない無糖のピーナッツバターもあります。できれば無糖のものを選びましょう。

ピーナッツを手軽に食べられるスナックもおすすめ

SOYJOY ピーナッツ味

出典:www.amazon.co.jp

ピーナッツを手軽に食べるには、SOYJOY(ソイジョイ)のピーナッツ味もおすすめです。コンビニなどでも気軽に手に入りますし、価格もお手頃です。1本144kcalと低カロリーで、安心して食べられます。

ソイジョイは名前の通り大豆の粉がベースなので、血糖値も上がりにくく、糖質制限中でも大丈夫です。特にピーナッツ味は糖質量が6.7gと少ないのです。これは、他のフレーバーと違ってドライフルーツが入っていないためです。味はシンプルなピーナッツ味で、かなり食べ応えがあります。

Amazon | 大塚製薬 ソイジョイ ピーナッツ 30g×12個 | 食品・飲料・お酒 通販

購入はこちら!

出典:weheartit.com

ピーナッツダイエット、意外に簡単でいろいろな効果がありますね。ぜひ試してみてください。ただし、くれぐれも食べ過ぎには注意!食べ過ぎるとタンニンが腸の運動を低下させて便秘になったり、消化吸収が悪くなって下痢になったり、肌荒れの原因にもなります。

また、ピーナッツの食べ過ぎで、アレルギーが発症することもあります。今はアレルギーではなくても、毎日食べ続けるとアレルギーになることもあるのです。なんらかの症状があれば、必ず医療機関で検査を受けてください。

ピーナッツにはいろいろな栄養素がありますが、あくまで補助的な食品なので、普段から栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。ピーナッツに新陳代謝を上げる効果があっても、油断して食事を食べ過ぎたり、ごろごろしていれば効果は半減します。生活全体に気をつけましょう。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!