アルコールはダイエットに悪影響

出典:girlydrop.com

お酒好きな方なら「ダイエット中だけど、アルコールは飲んでもいいのかな?」と一度は疑問に思ったことがあるでしょう。結論から言うと、ダイエット中のアルコールは避けるべきです。最短でダイエットを成功させたいなら尚更のこと、飲まないに越したことはありません。

まずは、アルコールがダイエットに及ぼす影響について紹介しましょう。

お酒にはカロリーがある

お酒にはカロリーがあり、内訳はアルコール自体のカロリーと、原料などのアルコール以外のカロリーがあります。アルコール1gあたりのカロリーは7kcalで、ご飯1膳分に相当します。

意外に高カロリーなのですが、アルコール自体のカロリーは「エンプティカロリー」と呼ばれ、他の栄養素より優先的に排出、放出、消費されるため脂肪として蓄積されることはありません。お酒を飲むと顔が赤くなったり、トイレが近くなるのはこのためです。

「じゃあ、お酒を飲んでも太らないんじゃないの?」と思われるかもしれません。しかし、いくら優先的に消費されるとは言え、飲みすぎるとカロリーが増えます。また、アルコール以外のカロリーが高いお酒も、摂取カロリーが増えるので太ってしまいます。

脂肪が蓄積されやすい

アルコールの分解を行うのは肝臓ですが、肝臓はアルコール以外にも、脂肪の分解も担っている臓器です。アルコールは他の栄養素よりも優先的に消費されるため、一緒に食べるおつまみなどの栄養素はアルコールの後で分解されていくことになります。

アルコールが体内にある最中は、脂肪の分解が行われません。特に脂質から得た栄養素は、血液中で中性脂肪となり、最終的に脂肪となります。アルコールによって肝臓では脂肪の分解が進まず、脂肪は蓄積されていく一方になるので太ります。

食欲が増す

アルコールの分解を優先している最中は、肝臓には栄養が蓄えられていません。肝機能が低下することで、血糖値のコントロールにも乱れが生じてきます。いくら食べても、血糖値が上がらなければ満腹感を得ることができません。結局、飲んだ後もお腹がすいているので、〆にラーメンなどの糖質を食べてしまい、太る原因になるのです。

また、お酒のお供であるおつまみも太る原因の1つです。おつまみがなくてもお酒が進む方もいますが、多くの方はおつまみと一緒にお酒を飲んでいるでしょう。お酒に合うおつまみは、脂っこい物や塩っ辛い物、お酒の種類によっては甘い物がよく合うものもあります。

いずれにせよ、決して低カロリーとは言い難いものばかりがおつまみになります。アルコールによって血行が良くなると、胃液の分泌量も増えるため、食欲が増します。アルコールそのものよりも、アルコール以外のものが太る大きな原因というわけです。

ダイエット中でも適したお酒

出典:girlydrop.com

アルコールはダイエットに良くないと分かっていても、お酒好きな方にとって禁酒は辛いことです。ただでさえ禁止事項の多いダイエット中でストレスが溜まっているのに、その上禁酒となると反動で暴飲暴食に走りかねません。ダイエットどころか太る可能性もあります。

ストレスをなるべく軽減するという意味で、少量のお酒を飲む程度であれば問題はありません。ただし、ダイエット中なのでお酒の選び方には注意しましょう。

原材料のカロリーが低いお酒

ビール、日本酒、ワインなどの醸造酒は、原料に糖質が使用されているため太りやすいお酒です。ビールで言えば、100mlあたり原料に含まれるカロリーは14kcalになります。この数値だけ見ると、たいしたことないように思いますが、アルコール度数が低いために飲む量が増えるとカロリーも増えることになります。

スポンサーリンク

お酒を飲むなら糖質を含まない焼酎、ウイスキー、ブランデー、ウォッカなどを選びましょう。糖質を含まないお酒はアルコール度数が高いお酒です。しかし、カクテルや梅酒などの甘いお酒は糖質を多く含んでいるため太ります。カクテルをジュースで割って飲む場合は、ジュースのカロリーも摂ることになるので注意して下さいね。

最近では健康志向から、「糖質0」や「糖質オフ」のお酒も多くあります。アルコール度数の高いお酒が苦手という方は、アルコール度数が低くても糖質0またはオフのお酒を選ぶようにしましょう。

温めて飲めるお酒

一般的に冷やして飲むお酒が多いのですが、ダイエット中なら冷たいお酒より、温かいお酒の方がおすすめです。温かいまではいかなくても、常温で飲めるお酒でもいいですね。冷たいお酒は体を冷やしてしまいますが、温かいお酒は血行を良くして代謝を高めるので、脂肪燃焼効果を得ることができます。

アルコールを薄めて飲めるお酒

アルコールの高いお酒は、原料によるカロリーは抑えられていても、アルコール自体のカロリーが高くなります。焼酎では100mlあたり140kcal、ウイスキーでは100mlあたり241kcalです。アルコール度数の高いお酒をガブガブ飲む方はいないでしょうが、原料のカロリーがないからといって安心して飲みすぎないようにしましょう。

水などで薄めることによって、飲む量は増えてもカロリーは抑えられるので、アルコール度数の高いお酒は薄めて飲むようにしましょう。アルコール以外の水分を摂ることで、代謝も促進されるので、翌日のむくみも軽減することができます。

ダイエット中でもアルコールと上手に付き合う方法

出典:girlydrop.com

飲んでも良いお酒が分かったら、早速飲もうと意気込んだ方もいるでしょう。しかし、ちょっと待って下さい!太りにくいお酒を選んでも、飲み方で失敗すると太る可能性があります。ダイエット中はストレスを溜めない程度に、上手にアルコールと付き合うことが大切です。

アルコールの摂取量を決める

まずは今まで通り、好きなだけ飲むということは止めます。今まで飲んでいた量の7〜8割程度に抑えるようにしましょう。1日の終わりに飲むお酒は、何とも言えぬおいしさがあります。しかし、勢いよく飲んでしまうと飲みすぎる可能性もあるので、少しずつ飲み進めるようにしましょう。

アルコール以外の水分を摂る

薄めて飲むお酒でも水分を摂ることができますが、アルコールの分解には大量の水分が必要になるため、お酒を飲むときはアルコール以外の水分を積極的に摂るようにしましょう。アルコールの分解が速く進むと、肝臓は後回しになった栄養素の消費活動を始めることができます。また、翌日のむくみの軽減にも繋がります。

低カロリーなおつまみにする

おつまみは、低カロリーなものを選ぶようにします。空腹の状態で飲み始めると、どうしても低カロリーなものより、高カロリーなものを選びがちになります。飲んで食べるおつまみも一食分として考え、カロリーを気にしながら食べるようにしましょう。

〆を食べない

遅くまで飲んでいると、〆のラーメンなどを食べてしまうことがありますが、これは絶対に止めましょう。お酒は余分なカロリーなので、できれば飲まないにこしたことはありません。どうしても飲むという場合は、食べ物でカロリーを調整する必要があり、ここで〆を食べてしまってはダイエットは失敗します。

出典:girlydrop.com

ダイエット中のお酒は飲まない方が良いのですが、ストレスが溜まって暴飲暴食に走りそうな場合は飲んでも大丈夫です。ただし、お酒の選び方と注意点は守って下さいね。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!