バービーダイエットは1つじゃない?

出典:music-book.jp

激細のモデルさんたちと違って、“バービーが痩せた”という話題にはちょっと親近感が湧きますよね。かなりの重量級の上、多忙を極める毎日の中で痩せるためにはいくつかコツがあったようです。

良いといわれたことはすぐにやる

タレントだけあって、番組の企画でもかなり無理な方法でダイエットに臨まなければならないことがあったようです。過去には、数週間で20kgもの減量を行い、すぐに15kgのリバウンド。見た目も肌は荒れ、決してキレイに痩せられたという印象ではありませんでした。

その時には、1日に300kcalなどあり得ないような食事制限を行なったそうですが、本当に成功したダイエットとは程遠いもの。その後は、身体に良い方法を探りながら、進めていきました。

等身大のバービー人形まで登場させ、次第に痩せた姿となっていったようですが、身体をいたわらないダイエットはやはりNGです。

見直しと方向転換

ダイエットは、ときに方針変換も必要。バービーさんはテニスで結果が思うようにでなければ、ウォーキングに変更、というように自分に合ったものを試しています。

食事制限というよりも、食べる内容を変える。他の人の意見も取り入れ、軌道修正しながら手段を試しています。3kg程度落とせば良いのか、10kg以上という大がかりな目標があるのかで、ダイエットの方針は変わります。

バービーさんのように目標値が高い場合は、1つの方法に頼らず、効果があるということを並行して行わなければ、なかなか効果は実感できないでしょう。バービーさんは、良いといわれる方法の中から、自分の生活でも続けられそうなものを取捨選択していったようです。

すべてを始める前の朝晩ダイエット

運動や食事制限など、本格的なダイエットを始めるにあたり、自分の身体の傾向を知っておけば効率が上がります。バービーさんが行った朝晩ダイエットが、その効果を伝えています。

1日の体重変化を知る

出典:weheartit.com

食事制限や置き換えダイエットなどを始める前に、ちょっとした工夫でダイエット効果が上がる方法があります。それが朝晩ダイエット。何も難しいことはなく、朝晩に体重計に乗るだけ。

それだけで痩せるの?と思いますが、これは「痩せるために知る」ための手段です。バービーさんはこの方法を取り入れて、なんと2週間で2.6kgも落ちたそうです。
 
普通は体重を気にしても、朝か夜の決まった時間に計るという人が多いでしょう。レコーディングダイエットの基本ですが、朝晩ダイエットはその進化系です。

記録を続けて太る原因を探る

朝と晩に2回体重を計ると、必ず差があります。朝が多い人もいれば、夜に増える人もいます。体重とともに、食生活や行動についても記録することで、食べたもの・行ったことと体重変化のパターンを掴みます。

これによって自分が何を食べれば太り、何をすれば体重が落ちるかという、食事と行動の太る要因を見つけることができます。通常のレコーディングダイエットよりも細かく記録することにより、「太らない生活」のためのベースがわかるのですね。

飲み会の後で体重がドンと増えて、そのままになってしまう場合には、翌日からの食事を2、3日控える。歩き回った翌日に体重が落ちるという人は、ウォーキングが合っている。など、自分の身体に合ったダイエット生活をスタートできます。

バービーさんはカレーダイエットで痩せたって本当?

出典:weheartit.com

バービーさんが行ったダイエットで、もっとも話題となったのがカレーダイエット。カレーってカロリー高そうですよね。ご飯もしっかり食べてしまうし…その秘密に迫ります。

朝のカレーはダイエットの味方?

バービーさんはカレーダイエットを実行して、なんと20kgもの減量に成功!ビフォー・アフターではまるで別人です。その方法はというと、朝食にカレーを食べ続けただけだといいます。もちろん、ライスもつけています。

スポンサーリンク

カレーライスって普通でも、700~800kcalもありますよね。なぜそれを食べて太らずに痩せるのでしょうか。そのキーワードは「朝」と「スパイス」。

副交感神経を刺激するスパイス群

出典:weheartit.com

カレーには、新陳代謝を促すスパイスがたっぷりと含まれています。朝食で一気に代謝を上げると、その日1日の活動で消費するカロリーが多くなり、ダイエットにつながるのですね。

代謝を促進するスパイス

  • 胡椒
  • カルダモン
  • シナモン
  • オールスパイス
  • クローブ
  • ターメリック
  • ジンジャー
  • レッドペッパー

ご飯抜きの方が良さそうにも思えますが、カレーと一緒に食べるとご飯のカロリーはしっかりと消化されるようです。満腹感が得られて効果が長続きするので、バービーさんは、必ずライス200gをきっちり計量して食べていたそうです。

その他の食事は?

朝にカレーを食べるという決まりだけで、忙しいときにはレトルトでもOK。バービーさんは、食べる時間がないときには、ガラムマサラなどのカレー用スパイスを入れたスープを代用したといいます。

昼・夜の食事については、特にルールはありません。腹八分目を心がけ、ビールも2~3杯程度ならば大丈夫。これだけで他のダイエット法よりも効果があったそうなので、カレー好きならば、是非試してみたいですよね。

ウエストがくびれた?レンチンダイエット

出典:www.amazon.co.jp

バービーさんは、カレーに飽きないように鮭やゴボウなど、ちょっと目先を変えて頑張ったようです。その他にも、バービーさんのウエストがくびれた!というダイエット法が、レンチンダイエット。

これは文字そのままで「レンジでチン」するおかずのこと。野菜や、肉などの素材を、油も鍋も使わずに調理し、味付けもシンプルにしています。作り置きができ、お弁当にも利用できるので、ダイエットにはぴったり。是非、チェックしてみてください。

全部レンチン! やせるおかず 作りおき: 時短、手間なし、失敗なし (小学館実用シリーズ LADY BIRD) : 柳澤 英子 : 本 : Amazon

購入はこちら!

バービーダイエットの運動は?

体重を減らすためには、やはり食事が関係してきますが、それをキープし続けるためには、運動も必要です。筋肉がないと基礎代謝が上がらず、せっかく減らした体重があっという間にリバウンド。バービーさんは、無理のない運動を取り入れているようですよ。

頑張らない運動、オチョダイエットって?

女性らしいウエストラインが手に入れられると評判なのが、「オチョダイエット」。アルゼンチンタンゴのステップをベースにした、誰でも簡単にできる運動です。

「オチョ」はスペイン語の「8」。腰を8の字を書くように動かすことから、ネーミングしたとのこと。大きく身体を動かすことによって、背中・下腹・脇腹の筋肉が鍛えられます。ちょっとした空き時間にでも実践できるので、つらい思いをしなくても十分に効果があるようです。

こまめなウォーキングで新鮮な酸素を取り入れよう

カレーダイエットを行っていたとき、バービーさんは軽いウォーキングも取り入れていました。その程度の運動で痩せることは難しいですが、カレーによって新陳代謝が向上している時期だったので、消費カロリーも多かったはず。

わざわざ時間を取らなくても、ひと駅分歩いたり、階段を使ったりとこまめに動くことを心がけていたようです。まったく身体を動かさずに痩せるということは、筋肉量も低下していることになり、決して美しくありません。

バービーさんは、身体の負担にならない程度の運動を加え、引き締まった体型を目指してダイエットに励んでいます。

いつもにぎやかな笑いを届けてくれる、バービーさんですが、キレイになるための努力は忘れていません。何にでも前向きで一所懸命な彼女らしく、あらゆるダイエット法を試し、着々と成果を上げています。テレビの前で笑ってみているあなたも、是非、腰を上げて試してみてはいかがでしょうか。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!