妊婦健診が怖い!妊娠中でもダイエットできる?

出典:weheartit.com

妊娠中は体重コントロールがとっても大変です。妊娠するとホルモンバランスが変化し、脂肪を蓄積しやすい身体になるのですが、体重が増えすぎると産道にまで脂肪がつき、難産になるとも言われています。

病院によっては厳しい看護師さんがいて、体重が増えるとこっぴどく叱られます。看護師さんに怒られるのが怖くて、ダイエットを考えている人も多いのではないでしょうか。

1ヶ月に3kgずつ増えて怒られた日々

私は食べづわりがあり、常に何か食べていました。食べづわりが過ぎ去った後は、単に食欲が旺盛になり妊娠前以上にモリモリ食べていました。

「お腹に赤ちゃんがいるんだから2人分食べなきゃね♪」という言い訳は一昔前の話。実際は母子ともに健康に過ごすためにしっかりと体重コントロールをすることが重要です。母子手帳には、妊娠中に増やすべき体重が次の通り明示されています。

  • BMI18.5未満の痩せている人:9~12kg
  • BMI18.5以上25.0未満の普通の人:7~12kg
  • BMI25.0以上の太り気味の人:5kgを目安

私は159cm、48kgの普通体形だったので、体重増加は7~12kgが望ましいのですが、始めから飛ばし過ぎて(?)しまい、妊娠6ヶ月の時点ですでに7.6kgも増えてしまいました。当然、毎回看護師さんに怒られ、妊婦健診では憂鬱でした。

でもお腹の赤ちゃんのために、妊婦さんは過度なダイエットは絶対に行ってはいけません。上記の目安体重増加量は、この範囲で「増やさなくてはいけない」体重なんです。この範囲より増えなくても、赤ちゃんの発育不全などの問題が起こります。

安産のために、そして赤ちゃんにスクスク育ってもらうために私が実践したダイエット法を紹介します。これから紹介するダイエット法のおかげで、最終的には

  • 体重は妊娠前+10.6kgで出産
  • 陣痛開始から5時間で出産(まあまあ安産)
  • 赤ちゃんの体重は3,210g、母子ともに健康

というありがたい結果になりました。では早速紹介していきます!

妊娠中ダイエット・やってよかったこと2つ

妊娠中の摂取カロリーの目安は、初期で2,000~2,200kcal、中期で2,250~2,450kcal、末期で2,450~2,650kcalです。普段と比べるとかなり多めですよね。基本的にダイエットで食事制限はしなくてもOKということになります。

それでも体重が増えすぎてしまうのはオヤツと運動不足のせいかもしれません。

やってよかったこと① 太らないオヤツに変更

妊娠中はどうしても口さみしくなります。特に妊娠初期でその症状が強い人が多いはず。妊娠中は何かとストレスがたまるので、オヤツ断ちはなかなか厳しいもの。そこで太らないオヤツに変更しました。それだけでも、体重の増加を少し抑えることができました。

壮関 ボーナスパック茎わかめ

出典:www.amazon.co.jp

茎わかめは低カロリーで脂質ゼロ。シャキシャキ、コリコリと美味しいので口さみしさが紛れます。Amazonで一袋から買えるので、赤ちゃん用品などと一緒に合わせ買いしていました。

Amazon | 壮関 ボーナスパック茎わかめ 126g | おつまみ・珍味 通販

購入はこちら!

稲葉ピーナツ アーモンドフィッシュ

出典:www.amazon.co.jp

ヘルシーオヤツの代表格として知られるアーモンドフィッシュですが、実は妊婦さんにはとってもおすすめ。妊娠初期の流産予防にはビタミンEが効果的。妊娠中は、1日6.5mgのビタミンEを摂ることが推奨されていますが、アーモンドフィッシュ20gで3.4mgのビタミンEを摂ることができます。

色々な種類のアーモンドフィッシュを試しましたが、稲葉ピーナツのアーモンドフィッシュが特におすすめ。アーモンドフィッシュの中には、お魚が大きめで少しはらわたの苦みがあって食べにくいものもありますが、こちらの商品は魚嫌いの私でもおいしく食べられました。とにかく、魚に癖がないんです。

Amazon | 稲葉ピーナツ アーモンドフィッシュ 60g×12個 | おつまみ・珍味 通販

購入はこちら!

スポンサーリンク

やってよかったこと② ウォーキング

妊娠中は、カロリーを消費して痩せるほどの激しい運動はすることができません。お腹が張ってしまい切迫早産などのリスクもあります。ですが適度な運動は必要。出産には2,000kcalほど消費すると言われており、体力作りは必須。

妊娠中に一番適した運動はやっぱりウォーキングです。ゆっくりと、お腹が張らない程度に家の周りを歩きましょう。万が一身体に異変が起きるといけないので遠出は禁物、母子手帳も必ず携行しましょう。

毎日20分くらい歩いていたら、身体が温まって血行が良くなり、むくみが解消されました。ウォーキングのお供に使っていたアプリがこちらです。

Walker – 歩数計 Lite

出典:itunes.apple.com

歩数計、歩いた時間、消費カロリー、歩いた距離が表示される非常にシンプルなアプリです。シンプルなだけに使いやすかったです。毎日携帯を持って歩くだけでウォーキングの記録までできてしまうので便利でした。

Walker - 歩数計 Liteを App Store で

ダウンロードはこちら!(iPhone)

上記のアプリはAndroid版では開発されていないようです。Androidアプリで、ほぼ同じ機能を持つアプリはこちらからどうぞ。

歩数計 - Google Play の Android アプリ

ダウンロードはこちら!(Android)

妊娠中ダイエット・失敗したこと2つ

妊娠中のダイエットでは、失敗して危険な目に遭ってしまったこともありました。妊娠中はいつもと身体の状態が違うので注意が必要です。

失敗したこと① 食物繊維の摂りすぎ

妊娠中は便秘になりやすいのです。大きくなったお腹が腸を圧迫することに加え、流産や早産を防ぎ妊娠状態を継続させるホルモンが内臓の動きを鈍くします。

元々便秘体質だったので、妊娠中はさらに便秘がひどくなりました。そこで、便秘を解消しようと寒天やお芋など、食物繊維をたくさん摂っていました。

その結果、なんと「腸閉塞」で救急搬送されるという事態に陥ってしまったのです。妊娠中の腸閉塞が、なぜ危険なのでしょうか。

これが実際の母子手帳です。11/1から11/25にかけて、なんと24日間で約3.5kgも体重が減ってしまっています。妊娠中にはありえない体重の減少ですよね。

これは、腸閉塞の治療のため「絶食」を余儀なくされたためです。当たり前ですが怖いくらいスルスル体重が落ちていきました。赤ちゃんのために栄養をしっかり摂らなければいけないのにも関わらず、入院して絶食を言い渡され、赤ちゃんが心配で泣きました。

妊娠中の皆さん、便秘をしたら無理せず医師から下剤を処方してもらいましょう。妊娠中でも安心して飲めるお薬をもらうことができますよ。

失敗したこと② エアロバイク

妊娠末期、冬で寒くなったのでウォーキングの意欲がなくなってしまいました。そこで目を付けたのが里帰り中、実家にあったエアロバイク。

股関節も伸びる気がして、なんだかいい感じ!と調子に乗ってエアロバイクをこぎ続けていました。すると、突然生暖かい感触が。

エアロバイクを激しく行った直後、破水してしまったのです。当然そのまま入院。しかし、破水したものの「赤ちゃんが出たいタイミング」ではなかったらしく、その後6日も陣痛が起こりませんでした。

普通の人の2倍近い期間入院することになってしまい、入院費の自己負担額も大きく、退院時の支払いではトホホでした。妊娠中、体重が増えすぎたからといって無理な運動をするのは絶対にやめましょう!

最後に、産後すぐにスタイルを取り戻したいからという理由で妊娠中からダイエットしたいと思っている方へ。産後は、授乳と育児で勝手に痩せます。妊娠中はとにかく、母子の安全と健康を第一に考えて過ごしましょうね!

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!