黒豆茶のダイエット効果

出典:weheartit.com

ダイエットに効果的なお茶は数多くあり、すでに飲んでいる方もいるでしょう。ダイエット茶と言われるものにも種類があり、便秘解消、食欲抑制、脂肪燃焼などささまざまなタイプがあります。ダイエッターとしては、どれか1つに特化したものより、複数の効果を期待して総合的にダイエットを成功させたいところです。

そんなダイエッターの願いを叶えてくれるお茶が「黒豆茶」です。黒豆茶はその名の通り、黒豆を原料としたノンカフェインのお茶で、妊婦さんでも飲むことができます。

黒豆は元々大豆の仲間であり、大豆の成分として有名な「イソフラボン」や「食物繊維」が豊富です。その他にも、黒豆特有の黒色の正体「アントシアニン」が含まれており、これらがダイエットを総合的にサポートしてくれます。

脂肪吸収を抑制&排出

高麗人参にも含まれる成分「サポニン」は、黒豆茶にも含まれており、脂肪の吸収を抑える働きがあります。また、アントシアニンには脂肪の合成を防ぎ、脂肪の排出を促してくれる効果があります。サポニンとアントシアニンのWパワーで、脂肪が付きにくい痩せ体質に導いてくれますよ。

便秘解消

便秘はダイエットの敵と言っても過言ではありません。便秘を解消するだけでも、ダイエット効果は上がります。黒豆茶には、便秘解消に一役買ってくれる水溶性食物繊維「ペクチン」や、オリゴ糖が含まれています。水溶性食物繊維やオリゴ糖は、善玉菌の餌となって善玉菌を増やす働きがあり、便秘を解消してくれるんです!

食欲抑制

出典:weheartit.com

水溶性食物繊維は、体内に入ると水分を吸収して膨らみ、胃腸をゆっくりと移動する性質があります。消化吸収までに時間がかかるので、腹持ちが良くなります。また、血糖値の上昇を抑える働きがあるため、お腹が空きにくくなります。空腹との闘いであるダイエッターにとって、空腹を感じにくいのはうれしいですよね。

むくみ解消

むくみを内側から解消するには、カリウムを摂ることが必要です。カリウムは野菜や果物に多く含まれていますが、黒豆茶にも豊富に含まれています。カリウムは体内の余分な水分を排出する働きがあり、むくみの解消に効果的。黒豆茶を飲むとトイレが近くなったように感じますが、余分な水分が排出されている証拠です。

代謝の向上

黒豆にはタンパク質の素となるアミノ酸のうち、体内では合成されない必須アミノ酸が9種類含まれています。タンパク質は体のさまざまな組織の形成に必要であり、筋肉もその1つです。筋力をアップするには運動が必要ですが、筋肉の素となる栄養を摂ることも必要であり、黒豆茶を飲むと代謝向上に繋がります。

黒豆茶ダイエットの方法と注意点

スポンサーリンク

黒豆茶は、スーパーやドラッグストアでティーパックのものを購入しても良いですし、黒豆を自分で炒ってオリジナルの黒豆茶を作るのも良いでしょう。自分で作るとティーパックを購入するより安くできる上に、飲み終わった後の黒豆は炊き込みご飯や、クッキーなどのおやつに入れて余すことなく活用することができますよ。

黒豆茶の淹れ方

出典:cookpad.com

材料(15杯分)
乾燥黒豆140g
2L
作り方
①水洗いした黒豆の水気をとります。
②弱火のフライパンにかけ、皮が剥けて香りが出てくるまで15分ほど炒ります。
③急須に黒豆を15〜20粒入れてお湯を注ぎ、2〜3分蒸らします。

ダイエット目的で黒豆茶を飲むなら、1日2~3杯を目安に飲みましょう。たくさん飲んだ方が効果があるように思われますが、黒豆に含まれるイソフラボンの摂りすぎには注意が必要です。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするため、ホルモンバランスの崩れから生理不順などを招く可能性があります。

黒大豆☆黒豆茶の作り方 by ここあっち クックパッド 簡単おいしいみんなのレシピが250万品

詳しいレシピはこちら!

黒豆茶のダイエット効果を高める飲み方

出典:weheartit.com

黒豆茶は決まった時間帯に飲む必要はないのでいつ飲んでも良いのですが、せっかくならダイエット効果を高める飲み方をしたいですよね。黒豆茶のダイエット効果を高めるために、次のことを心がけて飲んでみましょう。

温かくして飲む

どんな飲み物にも言えることですが、冷たいまま飲むよりは温かくして飲む方がおすすめです。冷たい物は体を冷やすため、血行が悪くなり代謝の低下に繋がります。代謝が低下していては、思うように痩せることができません。喉が渇いているときは、冷たいとまではいかなくても常温程度のぬるさで飲むことをおすすめします。

運動前に飲む

運動でも脂肪燃焼効果がありますが、運動前に黒豆茶を飲むと、運動での脂肪燃焼効果をより高めてくれるのでおすすめです。また、黒豆茶は運動後の疲労回復効果が期待できます。

食事のお供に飲む

黒豆茶は脂肪の吸収を抑える働きがあるため、甘い物や炭水化物、脂っこい食事のときには一緒に飲むことがおすすめです。食前に飲んで、お腹を満たしておくこともいいですよ。

黒豆茶にはダイエット効果がありますが、いくら脂肪の吸収を抑えるからと言って、安心して食べすぎては太ります。どんなダイエット茶にも言えることですが、飲むだけで痩せるということはありません。あくまでもダイエットのサポートとして取り入れましょう。

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!